484件中 31 - 40件表示
  • リチャード・タタソール

    リチャード・タタソールから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1779年、ボリンブルック卿から競走馬ハイフライヤーを2500ポンドで譲り受け、種牡馬にした。ハイフライヤーは1785年から1798年にかけて13回リーディングサイアー(勝利数による統計)を獲得し、リチャードは種付け料や自らの繁殖牝馬と交配して生まれた仔馬の売却によって莫大な利益を得た。本業に加え競走馬生産者としても成功を収めたことで、リチャードのイギリス競馬界における名声は大いに高まった。リチャード・タタソール フレッシュアイペディアより)

  • スマイソン

    スマイソンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1950年代にジョン・メンジース・グループ(John Menzies Group)がスマイソンを傘下に収めた。その後スマイソンの代表取締役だったサラ・エルトン(Sarah Elton)が個人投資家の支援で経営権を買い取った。それ以降、事業は成長し現在では英国内に6店舗アメリカ合衆国に1店舗を構えるに至り、2004年のスマイソンの売り上げ利益は1,200万ポンドを記録した。スマイソン フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・マーシャル

    フレデリック・マーシャルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    連載中の1871年、日本の在フランス公使としてパリに赴任した鮫島尚信に雇用され、日本の情報発信業務に従事する。当時、ヨーロッパ各国視察と不平等条約改正のための岩倉使節団がアメリカ合衆国での旅程を終え、ヨーロッパへ到着する直前であり、鮫島は日本の現状の制度や文化について一般市民に伝える必要を感じ、マーシャルにその発信を依頼したのである。雇用契約は半日勤務で月額50ポンド(≒250円≒1250フラン相当)、翌1872年秋からは全日勤務で月額80ポンド(≒400円≒2000フラン相当)だったという。さっそく同誌で日本に関する連載が始められたが、全般的にアジアに関心が薄かったヨーロッパ市民にはほとんど無視され、逆に英国の廉価月刊誌『マクミランズ・マガジン』にはマーシャル論文の情報源は信用できず、条約改正は時期尚早であるとの批判まで書かれる結果となった。フレデリック・マーシャル フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク金融市場

    ニューヨーク金融市場から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    同時にニューヨークは国際金融市場として、貿易金融を含む外国との間の長短期の貸借、外国からの預金、投資信託、債券、株式などへの投資、外国政府や企業による債券発行など、国際的な資本、資金の調達と運用が行われる場である。ニューヨーク金融市場がこのような国際的地位を高めてきたのは、第一次世界大戦後アメリカ経済がイギリスと並んで世界経済のなかで重要な地位を占め、とくにその通貨たるドルが、イギリスのポンドと並んで国際的な決済通貨ないし準備通貨として広く使用されるようになったからである。それ以来、伝統あるロンドン市場との間に国際金融の主導権争いが続いたが、1929年の株式市場の崩壊にはじまった世界大恐慌は、1933年の銀行恐慌をピークとしてニューヨーク金融街に大打撃を与え、その国際的地位も大きく影響を受けた。ニューヨーク金融市場 フレッシュアイペディアより)

  • クイーンマザーチャンピオンチェイス

    クイーンマザーチャンピオンチェイスから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    クイーンマザーチャンピオンチェイス(Queen Mother Champion Chase)とは毎年3月にイギリスのチェルトナム競馬場で4日間にわたって行われるチェルトナムフェスティバルの2日目のメイン競走である。距離は2マイル(約3219メートル)、障害数は12、格付けはG1(グレード1)、賞金総額は32万ポンドである。クイーンマザーチャンピオンチェイス フレッシュアイペディアより)

  • ワールドハードル

    ワールドハードルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ワールドハードル(World Hurdle)とは毎年3月にイギリスのチェルトナム競馬場で4日間にわたって行われるチェルトナムフェスティバルの3日目のメイン競走である。距離は3マイル(約4828メートル)、障害数は12、格付けはG1(グレード1)、賞金総額は26万ポンドである。ワールドハードル フレッシュアイペディアより)

  • チェルトナムゴールドカップ

    チェルトナムゴールドカップから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    チェルトナムゴールドカップ(Cheltenham Gold Cup)とは毎年3月にイギリスのチェルトナム競馬場で行われている競馬の障害競走である。格付けはG1(グレード1)。4日間で20万人が観戦する大イベント・チェルトナムフェスティバルのメインレースである。出走条件は5歳以上。斤量は5歳馬が11ストーン(約70kg)、6歳以上は11ストーン10ポンド(約74.5kg)、牝馬は7ポンド(約3kg)減。距離は3マイル2ハロン110ヤード(約5331m)、障害数は22、賞金総額は47万5000ポンドである。チェルトナムゴールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオンハードル

    チャンピオンハードルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    チャンピオンハードル(Champion Hurdle)とは毎年3月にイギリスのチェルトナム競馬場で4日間にわたって行われるチェルトナムフェスティバルの初日のメイン競走である。距離は2マイル110ヤード(約3319メートル)、障害数は8、格付けはG1(グレード1)、賞金総額は37万ポンドである。チャンピオンハードル フレッシュアイペディアより)

  • ミッキー・モスト

    ミッキー・モストから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1995年、モストの財産は5,000万ポンドと推定され、サンデー・タイムズ紙の英国富豪トップ500にリストされた。彼の邸宅は400万ポンドと評価され、イギリス最大の個人邸宅であった。彼は2000年に癌と診断され、その事業を縮小した。2003年5月30日にモストは中皮腫のためロンドンの自宅で死去した。その後北ロンドンのゴールダーズ・グリーン火葬場で焼却された。彼の遺産は妻のクリスティーナおよび三人の子供、カルヴィン、ナタリー、クリスタルによって引き継がれた。ミッキー・モスト フレッシュアイペディアより)

  • メリングチェイス

    メリングチェイスから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    メリングチェイス(Melling Chase)とは毎年4月にイギリスのエイントリー競馬場で3日間にわたって行われるグランドナショナルミーティングの2日目に行われる競走である。グランドナショナルと同じ開催で施行されるが、グランドナショナルとは異なりマイルドメイコースと呼ばれる英愛で一般的な障害を設置したコースで行われる。距離は2マイル4ハロン(約4023メートル)、障害数は16、格付けはG1(グレード1)、賞金総額は20万ポンドである。メリングチェイス フレッシュアイペディアより)

484件中 31 - 40件表示