863件中 41 - 50件表示
  • アンソニー・ストークス

    アンソニー・ストークスから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    アーセナルFCでプロ生活を開始したが、2006年に期限付き移籍で在籍したフォルカークFCでリーグ戦16試合14得点を挙げて地位を確立する。その後、移籍金200万ポンドでサンダーランドAFCと契約するも、出場機会を得るのに苦労した結果、2009年8月5日に移籍金50万ポンドでハイバーニアンFCと契約してスコットランドサッカー界に復帰し、1シーズンの間に20得点以上を挙げてスコティッシュ・プレミアリーグで成功を収めた。翌シーズン開幕から程なくして、移籍金120万ポンドで少年時代の憧れのクラブであるセルティックFCと契約した。アンソニー・ストークス フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・フート

    ロベルト・フートから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    2001年にドイツの1.FCウニオン・ベルリンの下部組織からクラウディオ・ラニエリ監督率いるイングランド1部のチェルシーFCへ入団したフートは、その後トップチームに昇格を果たすも、ジョン・テリー、ウィリアム・ギャラス、リカルド・カルヴァーリョの存在からスタンフォード・ブリッジでの序列は低く、なかなか定着出来ずにいたため2006年8月に移籍金600万ポンドで同国1部のミドルズブラFCと契約した。リヴァーサイド・スタジアムで3季過ごし、2009年にミドルズブラが2部降格すると、同年8月に移籍金500万ポンドで同国1部のストーク・シティFCと契約。2009-10シーズンにはチームのFAカップ決勝進出に貢献する活躍等を見せ、シーズン終了後にチームの年間最優秀選手に選出された。ロベルト・フート フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウォルターズ

    ジョン・ウォルターズから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ブラックバーン・ローヴァーズFCでキャリアを開始するもトップチームでプレーすることが叶わず、ボルトン・ワンダラーズFCと契約した。しかし、ボルトンでも失敗したためにハル・シティAFC、クルー・アレクサンドラFC、バーンズリーFCへ貸し出され、2004年にハル・シティへ完全移籍した。そこからさらに、スカンソープ・ユナイテッドFC、レクサムFC、イプスウィッチ・タウンと短期間で複数クラブを渡り歩き、最終的にフットボールリーグ・チャンピオンシップのイプスウィッチ・タウンFCで定位置を確保して落ち着くこととなった。イプスウィッチで3季を過ごした後、2010年8月に275万ポンドでストーク・シティFCと契約し、2011年にFAカップ準決勝のボルトン戦 (5-0) で2得点を挙げて決勝進出に導いていた。ジョン・ウォルターズ フレッシュアイペディアより)

  • グレーター・ロンドン

    グレーター・ロンドンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    次の表は、国家統計局が公表 (pp. 240?253) した、インナー・ロンドンの当期基本価格ベースの地域別 (GVA) の傾向を示す(単位は全て「100万英ポンド」)。グレーター・ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・リード

    スティーヴン・リードから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1998-99シーズン終了後にブラックバーン・ローヴァーズFCからの移籍金200万ポンドのオファーをミルウォールのセオ・パフィティス会長から一旦断られるも、最終的に2003年7月29日に移籍金250万ポンドで4年契約を締結する。8月23日のボルトン・ワンダラーズFC戦において、76分にヴラティスラフ・グレシュコとの交代で初出場を飾っているが、88分にレッドカードによる一発退場になる不運なデビュー戦となった。12月中旬の練習中に起きたハムストリングの負傷で約3ヶ月離脱し、2003-04シーズンへ向けた2004年7月下旬のプレストン・ノース・エンドFCとの親善試合で全治約2ヶ月の足の骨折となったように、ブラックバーン加入から暫くの間、度々負傷に見舞われた。その後、10月に復帰すると、自身の離脱中に就任したマーク・ヒューズ監督によって、それまでのサイドハーフからセントラル・ミッドフィルダーに起用されており、2005年3月6日のエヴァートンFC戦 (1-0)において、スルーパスでジョナサン・ステッドの得点をアシスト、翌2005-06シーズンのウィガン・アスレティックFC戦で30ヤードの距離から12月の月間最優秀得点賞に選出される程の得点を挙げ、2006年5月に行われた最終節のチェルシーFC戦 (1-0)では、コンビを組むロビー・サヴェージのフリーキックから頭で決勝点を挙げ、チームをUEFAカップ2006-07出場に導いた。スティーヴン・リード フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・マッカーシー

    ジェームス・マッカーシーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    マッカーシーは、まずハミルトン・アカデミカルFCで公式戦100試合以上に出場した後、2009年に移籍金120万ポンドでサンダーランドAFCと契約した。代表としては、スコットランドに生まれながらも、アイルランド代表を選択しており、2010年3月3日に親善試合のブラジル戦でA代表初出場、2011年3月26日にUEFA EURO 2012予選のマケドニア戦で公式戦初出場を飾った。ジェームス・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・マカティア

    ジェイソン・マカティアから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    マカティアのキャリアにおいて、ボルトン・ワンダラーズFC、リヴァプールFC、ブラックバーン・ローヴァーズFC、サンダーランドAFC、トレンメア・ローヴァーズFCと5つのプロクラブを総移籍金900万ポンドで渡り歩き、代表ではアイルランド代表として50試合以上に出場。2007年6月12日に現役引退を表明した。ジェイソン・マカティア フレッシュアイペディアより)

  • ダリウス・ヴァッセル

    ダリウス・ヴァッセルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ヴァッセルは、プレミアリーグに所属する地元のアストン・ヴィラFCの下部組織を経て1998年に同クラブのトップチームからプロキャリアを始め、2005年に移籍金200万ポンドで同リーグのマンチェスター・シティFCと契約し、2009年に放出されるまで4季在籍した。その後は、トルコ1部のMKEアンカラギュジュと契約したことで初の国外でプレーすることとなる。かつてイングランド代表で指導を受けたスヴェン・ゴラン・エリクソンの呼びかけに応じ、2010年2月にイングランド2部のレスター・シティFCと契約した。ダリウス・ヴァッセル フレッシュアイペディアより)

  • ギャレス・バリー

    ギャレス・バリーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    その後も両クラブの交渉は続いたが、アストン・ヴィラの設定している移籍金1800万ポンド(約38億円)をリヴァプールが提示することはなく、アストン・ヴィラは7月末に、バリーはアストン・ヴィラに残ると残留を明言した。ギャレス・バリー フレッシュアイペディアより)

  • フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア

    フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネアから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    徐々に難易度を増していく四択クイズに正解していくことで、非常に高額の賞金が得られるクイズ番組である。賞金の最大金額はイギリス・オリジナル版では100万ポンド。他の国々も百万単位が多い。日本円に換算した場合の金額は当然、その通貨の為替相場によって大きく変動する。フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア フレッシュアイペディアより)

863件中 41 - 50件表示