863件中 51 - 60件表示
  • イングランド銀行

    イングランド銀行から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1816-1817年に兌換が部分的に再開され、1823年で全面的に再開された。1822年にハプスブルク家がロスチャイルド一族全員に男爵位を授与している。このころ外債が洪水のように契約されていた。ロスチャイルドは請負人として最も活躍した。ロスチャイルドはロンドンの投資家の関心を呼ぶためにスターリング・ポンド建て外債の利率を定めていた。また、1823年と1825年に代理商取引法が制定されたことは契約を促した。イングランド銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    このときドルは金本位制を取っていたが、1914年に第一次世界大戦が勃発したことにより経済混乱が起き、ドルも金兌換を一時停止し、管理通貨制度へと移行した。しかし第一次世界大戦の終戦とともにアメリカには再び金が流入するようになり、1919年には大国中で最も早く金本位制を復活させた。これはアメリカ経済の相対的な安定を示すものであり、豊かな経済力を背景にドルはスターリング・ポンドとならぶ基軸通貨の地位を徐々に得ていった。このドルの地位の上昇は第二次世界大戦によって決定的なものとなった。スターリング・ポンドを握るイギリスが激しい戦いに巻き込まれる一方、アメリカは本土が戦渦に巻き込まれることがなく、相対的な経済力が著しく向上したためである。この情勢を元に、1944年7月にニューハンプシャー州のブレトン・ウッズで連合国通貨金融会議が開かれ、ここで締結されたブレトン・ウッズ協定によって金1オンスを35アメリカ・ドルと定めて各国がドルに対し固定相場制を取ることとなった。つまり、金本位制を取るアメリカに各国の通貨がペッグすることで、世界的に間接的な金本位制を取ることとなったわけである。この制度は金・ドル本位制とも呼ばれ、これによってアメリカ・ドルは名実ともに唯一の基軸通貨となった。このブレトン・ウッズ体制の下で世界経済は安定を取り戻し、急速な復興を遂げることとなった。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • 宮城峡蒸溜所

    宮城峡蒸溜所から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1964年(昭和39年)5月4日に開始されたGATTケネディ・ラウンドにおいて、高度経済成長を実現した日本に対しイギリスなどから輸入洋酒の関税が高過ぎると圧力を受けた。外圧に抗しきれなくなった日本政府は、1971年(昭和46年)1月1日から洋酒の完全自由化を、1972年(昭和47年)4月1日からはウイスキー等の関税引き下げを実施することになった。また、世界的な固定相場制から変動相場制移行の中で英ポンドの為替レートは、1967年(昭和42年)まで1ポンド=1,008円の固定レートだったが、1973年(昭和48年)には年平均で1ポンド=約650円へと下落。その結果、輸入量が増大して「第三次ウイスキー戦争」とも呼ばれる状況に陥いることになる。さらに、1967年(昭和42年)から団塊の世代(1947年?1949年生まれ)が飲酒可能年齢の20歳に達し始め、国内の酒販市場拡大が期待された。宮城峡蒸溜所 フレッシュアイペディアより)

  • 英ポンド

    英ポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    英ポンド フレッシュアイペディアより)

  • イギリス・ポンド

    イギリス・ポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    イギリス・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • イギリスポンド

    イギリスポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    イギリスポンド フレッシュアイペディアより)

  • ザ・パウンド・イズ・シンキング

    ザ・パウンド・イズ・シンキングから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    登場する通貨は順に、ポンド、ペソ、リラ、マルク、フラン、ドラクマ、ドル、ルーブル、円(通貨はいずれも当時)。ザ・パウンド・イズ・シンキング フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・ポンド

    ブリティッシュ・ポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ブリティッシュ・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • マーカムアラビアン

    マーカムアラビアンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1616年にガーヴァス・マーカムが、ジェームズ1世のために連れてきた馬である。同年12月20日、この馬のために王室財政から165ポンドが支払われた記録がある。この馬に対して、輸入に反対したニューキャッスル公爵は「あまりに小さく、馬体にみるべきところは何もなかった。コースに出られるように調教したが、あらゆる馬が彼を負かした。」という記述を残している。この馬以降、イギリスに多くの東洋系輸入馬が連れてこられるようになったという。マーカムアラビアン フレッシュアイペディアより)

  • レインヒル・トライアル

    レインヒル・トライアルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    リバプール・アンド・マンチェスター鉄道が完成間近となった時、列車を牽引するために定置式蒸気機関を使用するか、蒸気機関車を使用するかを決定するために会社の幹部が競争を実施した。レインヒル・トライアルは公開競争として実施され、候補となる機関車全てが動く状態で見ることができるようになっていた。機関車が購入されるかどうかに関わらず、競争の勝者には500ポンドの賞金が与えられた。初期の機関車技術者の有力者の中から、ジョン・ケネディ(John Kennedy)、ジョン・ラストリック(John Urpeth Rastrick)、ニコラス・ウッド(Nicholas Wood)の3人が審判として選ばれた。レインヒル・トライアル フレッシュアイペディアより)

863件中 51 - 60件表示