484件中 61 - 70件表示
  • オースチン・マエストロ

    オースチン・マエストロから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    更に同じく1993年にオートモビル・アソシエーション(The Automobile Association)がターボディーゼルをロ?ドテストにかけ、こう判定した。「自分が最新の流行に明るいことを示そうとしてマエストロ ディーゼルを買おうという気になることは難しいであろう。見回せばローバー・218/418 ディーゼルの方がかなり良い候補である。しかし車のことに無関心な同乗者は後席が気に入るであろうし、その一方でドライバーはガソリンスタンドに立ち寄らなければならない回数の少なさを楽しむことができる。この車こそがイメージよりも真剣に内容の方を重視する人向けのハッチバック車であり、しかも価格はほとんどの競合車よりも数千ポンド安い(比較表を参照)し、最初の給油機にたどり着く前に既に節約できている。ギアチェンジを厭わないならば、この気取ったところのないマエストロ ターボディーゼルを競争力のある価格で買うことは、かなり失敗することの無い買い物である。」オースチン・マエストロ フレッシュアイペディアより)

  • ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道

    ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    路線は合計26マイルあり、西側の終点付近に2つのケーブル牽引式インクラインを備え、さらに馬が牽引する区間が続いていた。シルドンからダーリントンを通ってストックトンまでは路線はほぼ水平で、路線の構造物には初期の鉄道橋が含まれていた。最初の鉄道設計技師と呼ばれているイグナティウス・ボノミ(Ignatius Bonomi)の設計で、ダーリントンに建設されたスカーネ橋(Skerne Bridge)は、今日でも使用されている最古の鉄道橋である。この橋はかつてイングランド銀行の5ポンド紙幣図柄にも使われていた。ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道では、かつて鉱山の輸送に使われていた馬車鉄道用の貨車に合わせて軌間を設定する必要があったために、それ以降4フィート8.5インチ(1,435mm)が標準軌として用いられていく主な理由となった。ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣追跡

    紙幣追跡から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    DoshTracker - UKポンドの追跡サイト。紙幣追跡 フレッシュアイペディアより)

  • 特別引出権

    特別引出権から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    創設当初は当時の 1 $ と同じ基準を採用し 1 SDR = 金 0.888671 g と定められたが1973年の変動相場制移行を受け、標準バスケット方式と呼ばれる方式を採用している。これは世界貿易において 1 % 以上のシェアを持つ通貨を元に SDR 価格を評価する方式で、個別の通貨と比肩した場合により安定性が増すという利点があった。1981年に評価方式が見直され輸出量が上位 5 位以内の IMF 加盟国(アメリカドル、日本円、イギリスポンド、ユーロ)通貨を加重平均して評価する方式となり、以降 5 年毎に見直しが行われるようになった。特別引出権 フレッシュアイペディアより)

  • インペリアル・ケミカル・インダストリーズ

    インペリアル・ケミカル・インダストリーズから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1925年のIG・ファルベン社の発足に危機感を持ったイギリス化学業界が対抗のため、1926年12月に、4つのメーカーが合併してICIを設立した。4社とは、ソーダ石灰などアルカリ製品製造のブルーナー・モンド(Brunner Mond, 参照:ルードウィッヒ・モンド)、アルフレッド・ノーベルが設立した火薬類製造のノーベル・インダストリーズ (Nobel Industries), やはりアルカリ製品を扱うUnited Alkali Company, そして染料や顔料のBritish Dyestuffs Corporationであった。爆薬・肥料・殺虫剤・染料・化学品・印刷用品や塗料などを製造販売し、その規模はアメリカのデュポン社やドイツのIG・ファルベン社(1951年に解体)に匹敵した。設立初年度の売り上げは2,700万UKポンドに達した。1937年までは、ノーベル・インダストリーから引き継いだサンビーム (Sunbeam) ブランドのオートバイ事業も担っていた。インペリアル・ケミカル・インダストリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州為替相場メカニズム

    欧州為替相場メカニズムから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1979年、アイルランドが欧州為替相場メカニズムに参加したことにより、アイルランド・ポンドはポンド・スターリングとの等価性を失った。欧州為替相場メカニズムの開始直後に、欧州為替相場メカニズム対象通貨でないポンド・スターリングは全欧州為替相場メカニズム通貨に対して上昇し、アイルランド・ポンドとパリティを続けていたならば、アイルランド・ポンドは変動制限幅を超えた値動きをしていたと考えられる。欧州為替相場メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • ピッツハンガー・マナー

    ピッツハンガー・マナーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1800年、収入が年11,695ポンド(2009年時点で350,000ポンドに相当)に上っていたソーンは、西ロンドンに家族のための邸宅を購入することを決めた。最初は一から建築するつもりだったが、1800年7月21日、トラストがピッツハンガー・マナーの荘園全体を4,500ポンドで売却する意向を知り、当地を訪問。翌月1日に購入の希望は受諾された。ソーンはこの建物をPitzhanger Manor-houseと称した。ピッツハンガー・マナー フレッシュアイペディアより)

  • トライアンフ・スピットファイア

    トライアンフ・スピットファイアから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1965年3月に改良されてMkIIに発展した。外観などMkIとの変更点は限られていたが、カムシャフトや給排気マニホールドの改良によってエンジン出力が67馬力/6000rpmに引き上げられ、最高速度も148km/hとなった。クラッチも強化され、内装も鉄板の露出がほとんどなくなり、床もカーペット敷きとなった。当時の英国での価格は550UKポンドで、505UKポンドのスプライト・515UKポンドのミジェットに対し、やや上級に位置付けられていた。生産台数37,409台。トライアンフ・スピットファイア フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国立宇宙センター

    イギリス国立宇宙センターから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    他国にあるような自己完結した宇宙機関とは異なり、BNSCは他の行政組織などから出向してくる公務員50名ほどから構成されていた。2億UKポンドほどであるイギリスの宇宙関連予算(2005年度の場合)は、BNSCではなく貿易産業省か協力機関による出資で、そのうち半分以上は直接欧州宇宙機関のプロジェクトに用いられた。BNSCの本部は年間約50万ポンドで運営されていた。イギリス国立宇宙センター フレッシュアイペディアより)

  • レインヒル・トライアル

    レインヒル・トライアルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    リバプール・アンド・マンチェスター鉄道が完成間近となった時、列車を牽引するために定置式蒸気機関を使用するか、蒸気機関車を使用するかを決定するために会社の幹部が競争を実施した。レインヒル・トライアルは公開競争として実施され、候補となる機関車全てが動く状態で見ることができるようになっていた。機関車が購入されるかどうかに関わらず、競争の勝者には500ポンドの賞金が与えられた。初期の機関車技術者の有力者の中から、ジョン・ケネディ(John Kennedy)、ジョン・ラストリック(John Urpeth Rastrick)、ニコラス・ウッド(Nicholas Wood)の3人が審判として選ばれた。レインヒル・トライアル フレッシュアイペディアより)

484件中 61 - 70件表示