863件中 61 - 70件表示
  • マッチェム

    マッチェムから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    その後12歳で引退すると、1781年に33歳で死亡するまで現役種牡馬として活躍し、ヘロドが登場するまでの間マッチェム系を主流血統として発展させた。後継種牡馬となったコンダクター、セントレジャーステークス優勝馬オランディーズ、オークス優勝馬テトータムなどの名馬を輩出し、1772 - 74年イギリスリーディングサイアーを獲得している。産駒は354頭が勝ち上がり、獲得賞金は合計で15万ポンドに達した。マッチェム フレッシュアイペディアより)

  • ディデロット

    ディデロットから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    競走成績の詳細は不明だが、1796年5月12日に行われた第17回ダービーステークスの勝利馬として名前が残る。このときジョン・アルヌールが騎乗した。出走馬は11頭で、賞金として合計1470ポンドが賭けられた。レースとしての賭け率は記録されていない。なお、2着はスティックラー (Stickler) 、3着はリヴァイアサン (Leviathan) という馬であった。ディデロット フレッシュアイペディアより)

  • テディ (競走馬)

    テディ (競走馬)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    エドモン・ブランも同様で、2歳になったテディを5400フランという安値で売ってしまった。当時のレートで210ポンドという安値であった。テディ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • スプレッドイーグル (競走馬)

    スプレッドイーグル (競走馬)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    競走成績の詳細は不明だが、1795年5月21日に行われた第16回ダービーステークスの勝利馬として名前が残る。このときアントニー・ウィートリーが騎乗し、3対1の賭け率であった。出走馬は11頭で、賞金として合計1470ポンドが賭けられた。なお、2着はコウスティック (Caustic) 、3着はペルター (Pelter) という馬である。ダービー後もいくつかのステークスに勝利した記録が残っている。スプレッドイーグル (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ジョンブル (競走馬)

    ジョンブル (競走馬)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    競走成績の詳細は不明だが、1792年5月24日に行われた第13回ダービーステークスの勝利馬として名前が残る。13号族の優勝は初。このとき名手フランク・バックルが騎乗し、4対6の賭け率であった。出走馬が7頭と少なく、賞金は834ポンド15シリングと、ダービー史上もっとも安かった。なお、2着はスペキュレーター (Speculator) 、3着はバスタード (Bustard) という馬であった。ジョンブル (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • エッフィンガム (重巡洋艦)

    エッフィンガム (重巡洋艦)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    第二次世界大戦開始後は、大西洋で哨戒や船団護衛に従事。1939年11月には200万ポンドの金をイギリスからカナダまで輸送した。エッフィンガム (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・クライマー (政治家)

    ジョージ・クライマー (政治家)から見た英ポンドスターリング・ポンド

    1775年、クライマーはペンシルベニア州から大陸会議の一員として選出され、財政管理に関する知識で高い評価を受けた。そしてクライマーは独立戦争の資金調達を監督するために大陸会議からマイケル・ヒレガスとともに初代財務官として指名を受けた、クライマーは大陸会議によって発行された紙幣を、自身が所有する金、銀などの貴金属や英ポンドと交換し、新政府に対する信頼を示した。そして翌1776年にはアメリカ独立宣言への署名を任された。ジョージ・クライマー (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • スマイソン

    スマイソンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1950年代にジョン・メンジース・グループ(John Menzies Group)がスマイソンを傘下に収めた。その後スマイソンの代表取締役だったサラ・エルトン(Sarah Elton)が個人投資家の支援で経営権を買い取った。それ以降、事業は成長し現在では英国内に6店舗アメリカ合衆国に1店舗を構えるに至り、2004年のスマイソンの売り上げ利益は1,200万ポンドを記録した。スマイソン フレッシュアイペディアより)

  • ノーブル (競走馬)

    ノーブル (競走馬)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ノーブルはトミー・パントンによってニューマーケットで生産・所有されていた馬。1786年5月31日に15頭立てで行なわれた第7回のダービーを、30対1の人気薄ながらJ.ホワイト騎乗で優勝した。このときメテオ(Meteor、2着、後30勝)、クラーター(Clarter、3着)らを下している。賞金は1155ポンドだった。のちにロシアへと売られた。ノーブル (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • パーディタ (競走馬)

    パーディタ (競走馬)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    2歳から5歳にかけて競馬に使われている。もともとは出走した馬をレース後にセリにかけるセリングレースに出走する馬であった。チェスターフィールドナーセリーステークス、エアゴールドカップ、リバプールカップ、チェーシャーハンデキャップ(2度)などに優勝した記録が残る。1888年に、900ポンドでアルバート・エドワード(のちのイギリス王エドワード7世)に購入され王立牧場で繁殖牝馬となった。パーディタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

863件中 61 - 70件表示