863件中 71 - 80件表示
  • ブルーガウン

    ブルーガウンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    種牡馬としては当初ドイツ、1879,1880年はイギリスで供用された。ドイツではウニオンレネン、ディアナ賞の勝ち馬を出している。1880年秋以降はジェームス・キーンによって1万3300ポンドで購入され、アメリカ合衆国に輸出されることになっていたが、大西洋上を輸送中、嵐に遭遇し重傷を負いそのまま死亡した。遺体は海に捨てられたという。ブルーガウン フレッシュアイペディアより)

  • コートスター

    コートスターから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    コートスターはこれでベットフェアチェイス、キングジョージ6世チェイス、チェルトナムゴールドカップの3競走の同一シーズン制覇を達成し、ベッティングエクスチェンジで知られるベットフェア社から100万ポンドのボーナスを獲得した。コートスター フレッシュアイペディアより)

  • シンクレア ZX80

    シンクレア ZX80から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    シンクレア ZX80()は、イギリスのシンクレア・リサーチが1980年に発売したホームコンピュータ。イギリスで初めて100UKポンドを切る価格を実現したコンピュータである(実際の価格は99.95ポンド)。組み立てキットとしての発売であり、購入者がはんだ付けして組み立てる必要がある。完成品は若干高い価格で販売された。ZX80はすぐに人気を呼び、キットも完成品も注文から発送まで数ヶ月を要するようになった。シンクレア ZX80 フレッシュアイペディアより)

  • バイメタル貨

    バイメタル貨から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    近年、初めて広く流通したバイメタル貨は1982年から2001年まで発行されていた500イタリア・リラ硬貨である。そのほか、1988年から発行されていた10フランス・フラン硬貨も広く流通するバイメタル貨であった。2008年時点で広く流通し、使用されているバイメタル貨は1ユーロ硬貨、2ユーロ硬貨、2UKポンド硬貨、2カナダ・ドル硬貨、5南アフリカ・ランド硬貨、10バーツ硬貨などがある。バイメタル貨 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国立宇宙センター

    イギリス国立宇宙センターから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    他国にあるような自己完結した宇宙機関とは異なり、BNSCは他の行政組織などから出向してくる公務員50名ほどから構成されていた。2億UKポンドほどであるイギリスの宇宙関連予算(2005年度の場合)は、BNSCではなく貿易産業省か協力機関による出資で、そのうち半分以上は直接欧州宇宙機関のプロジェクトに用いられた。BNSCの本部は年間約50万ポンドで運営されていた。イギリス国立宇宙センター フレッシュアイペディアより)

  • ムトト

    ムトトから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ムトトは5歳シーズンを最後に競走生活を引退し、以後はアストンアプソープスタッドに繋養される種牡馬となった。初年度の種付け料は18000ポンドであった。ムトト フレッシュアイペディアより)

  • ギブス・アクアダ

    ギブス・アクアダから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ギブス・アクアダ(Gibbs Aquada )とは、イギリスのギブス・テクノロジー (外部リンク) が開発した水陸両用のスポーツカー(スーパーカー)。F1の技術者が車体をデザインし、地上を時速160km、水上を時速50kmで走行が可能である。水着するとタイヤを格納しジェット噴射で航行する。10秒以内にタイヤを格納することが可能。水の浸入を防ぐためドアはない。車体がモーターボートを兼ねているため運転席は中央にあり、乗車定員は3名。価格は15万ポンド、日本円でおよそ3000万円だが、2004年発売時には好評により生産増、価格は半額の7万5000ポンドとなった。ギブス・アクアダ フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣追跡

    紙幣追跡から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    DoshTracker - UKポンドの追跡サイト。紙幣追跡 フレッシュアイペディアより)

  • GX4000

    GX4000から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    GX4000はカーレーシングゲームの『Burnin' Rubber』をバンドルし、99ポンド(ちなみに1990年当時の1UKポンドは約250円)で販売された。GX4000 フレッシュアイペディアより)

  • 日タイ特別円協定

    日タイ特別円協定から見たイギリス・ポンドスターリング・ポンド

    戦後、タイは日本に対してこの特別勘定による賠償を請求、1955年に賠償交渉が開始された。タイ側は当初、その他の損害も含めて1300億円の賠償を要求していたが、後にこの要求を撤回、7月に約54億円のイギリス・ポンドによる5年間の延払いと96億円の借款供与で一旦は協定が締結された。日タイ特別円協定 フレッシュアイペディアより)

863件中 71 - 80件表示