484件中 81 - 90件表示
  • インヴィンシブル (空母)

    インヴィンシブル (空母)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    2010年12月、保管期限を過ぎた「インヴィンシブル」は、主機関を取り除かれ、不要になった国有資産などが競売されるイギリス政府運営のオークションサイトに出品された。香港出身の在英中国人実業家が応札の意向を示し、落札された場合には中国で航空母艦として再び就役することが懸念された。2011年2月、トルコのスクラップ会社により、200万ポンドにて落札され、スクラップとされることが決定した。なお、前述の中国人実業家は、500万ポンドでの応札を行っていたと報道されており、上述の懸念から政治的に外されたものと思われる。インヴィンシブル (空母) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・クライマー (政治家)

    ジョージ・クライマー (政治家)から見た英ポンドスターリング・ポンド

    1775年、クライマーはペンシルベニア州から大陸会議の一員として選出され、財政管理に関する知識で高い評価を受けた。そしてクライマーは独立戦争の資金調達を監督するために大陸会議からマイケル・ヒレガスとともに初代財務官として指名を受けた、クライマーは大陸会議によって発行された紙幣を、自身が所有する金、銀などの貴金属や英ポンドと交換し、新政府に対する信頼を示した。そして翌1776年にはアメリカ独立宣言への署名を任された。ジョージ・クライマー (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • アイシングラス (競走馬)

    アイシングラス (競走馬)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    アイシングラス('''')は、1890年代に活躍したイギリスの競走馬・種牡馬。史上6頭目、無敗での達成は2頭目となるイギリスクラシック三冠馬である。アイシングラスの獲得賞金は57,455ポンドにも上り、これは1952年にタルヤーに破られるまで半世紀以上破られなかった。馬名の由来は中華食材のアイシングラス(魚鰾膠:チョウザメの鰾から作られるゼリー状成分)より。アイシングラス (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・チャンピオンズシリーズ

    ブリティッシュ・チャンピオンズシリーズから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    最終日はブリティッシュ・チャンピオンズデーと称され、全カテゴリーの最終戦が行われる、ブリーダーズカップやドバイミーティングのイギリス版ともいうべき、競馬の祭典を目指したものになっている。賞金総額は最終戦5競走のすべてが前年比で大幅に増額され、その合計は300万ポンドと、当時のイギリスの競馬史上最も高額の賞金が設定された。ブリティッシュ・チャンピオンズシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • レイランド・P76

    レイランド・P76から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1969年にレイランド・オーストラリアは、オーストラリア向けの大型車の製造の推進を認めた。この車が発売されたときにレイランド・オーストラリアは8,600万UK£近くの債務超過の状態であったといわれており、P76開発の資金のために同額を借り入れた。P76は、かき集められた僅か2,000万AU$で設計、製造された。これは英国本国でもメーカー(BLMC)にとり財政的、企業運営的にも試練の時代でもあった。それ故この車の市場での成功は、レイランドのオーストラリアでの生き残りを懸けた重要問題と見られていた。ゼトランドのレイランド工場は1974年10月に閉鎖されP76の生産は中止されたが、ニュージーランドでは1976年まで組み立てが続けられ、V8エンジン搭載モデルの販売が良好であった。レイランド・P76 フレッシュアイペディアより)

  • ギニー

    ギニーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ギニー(guinea)は、かつてイギリスで使われていた金貨。21シリング(1ポンドは20シリング)に相当する価値があった。ギニー フレッシュアイペディアより)

  • バーソロミュー・ロバーツ

    バーソロミュー・ロバーツから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    その生涯において合計400隻・5千万ポンドに及ぶ船舶を略奪したと言われ、18世紀前半までの「大航海時代」最後にして最大の海賊とされる。ブラック・バート(Black Bart)の異名で知られる。バーソロミュー・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • パパモビル

    パパモビルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    2002年にヨハネ・パウロ2世はこの用語が「威厳に欠ける」と言って、マスメディアに対し「パパモビル」と呼ばないように要請した。2006年にはヨハネ・パウロ2世の1982年の英国訪問時に使用されたパパモビルがオークションに掛けられ3万7,000ポンド(7万500ドル)で売却された。パパモビル フレッシュアイペディアより)

  • アレッジド

    アレッジドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1978年、アレッジドは5月に前年と同様バリードイルステークスで復帰し、優勝した。陣営はG1のコロネーションカップに出走させる計画を立てたがレース当日に馬場状態が固すぎるという理由で出走を取り消した。さらにG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス出走を予定したもののウイルス性の感染症に罹って出走を断念した。アレッジドの体調は8月中旬に回復し、陣営は目標を凱旋門賞連覇に据えてフランス遠征を決定した。9月17日にG3のプランスドランジュ賞をロンシャン競馬場の芝2200mのコースレコードを記録して優勝。翌10月1日、前年に引き続き1番人気で凱旋門賞に出走した。アレッジドは2、3番手を追走し、直線で先頭に立つとそのままゴールし優勝した。レース後、オブライエンはアレッジドを自身の管理馬の中でニジンスキーの次に優れた競走馬だとコメントした。凱旋門賞連覇を果たしたアレッジドはワシントンDCインターナショナルへの招待を受けたが辞退し、競走馬を引退して種牡馬となった。この年のアレッジドは2年連続でフランスの年度代表馬に選出され、同国の古馬フリーハンデでも周囲の評価を得た。ちなみに引退時の獲得賞金はフランスでの獲得賞金を当時のレートでポンドに換算した場合、イギリスおよびアイルランド調教馬のレコードであった。アレッジド フレッシュアイペディアより)

  • オーシャン (ヘリコプター揚陸艦)

    オーシャン (ヘリコプター揚陸艦)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    オーシャン(HMS Ocean, L12)は、イギリス海軍のヘリコプター揚陸艦(揚陸ヘリ空母:Amphibious Helicopter Carrier)。イギリス海軍の艦船としては、「オーシャン」の名をもつ6隻目の艦である。同型艦はない。設計はインヴィンシブル級航空母艦(軽空母)をベースとしているものの、商船構造が採用されたため、建造費は1億5,400万ポンドまで抑えられた。オーシャン (ヘリコプター揚陸艦) フレッシュアイペディアより)

484件中 81 - 90件表示