78件中 31 - 40件表示
  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たニッケル

    5ペンス(白銅貨、2012年1月からは表面: ニッケル、内部: 鉄): アザミ冠紋章(スコットランドの国花)スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たイングランド

    イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島、チャンネル諸島、ジブラルタル、フォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たフローリン

    古い補助貨幣はこのほか、クラウン (crown)、フローリン (florin)、グロート (groat)、ギニー (guinea) がある。1クラウン=5シリング、1フローリン=2シリング、1グロート=4ペンス、1ギニー=21シリングに相当した。イギリスでは、1817年にソブリン金貨が本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。因みに1ポンドは20シリングであった。第一次世界大戦後にアメリカドルに取って代わられるまで、世界で最も信用の高い通貨であった。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たジブラルタル

    イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島、チャンネル諸島、ジブラルタル、フォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たイギリスの国章

    王立造幣局 () にて発行されている硬貨は、1ペニー・2・5・10・20・50ペンス、1・2ポンドの8種類である。2008年より2ポンド硬貨を除いた7種類を、統合的にデザインしたものに一括変更する旨が発表され、2008年夏から順次流通する。英国の紋章を各硬貨ごとに分けて描き、それを並べると一枚の画像となるようにデザインされている。1ポンドコインにはその全体像が描かれる。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た殺人

    ポンドは輸出入による実体経済の為替需要が少なく、取引の殆どは投機資金であり、貨幣の流通量が少ないために価値が変動しやすく、ポンドの通貨ペアは何れも一攫千金を狙うトレーダーの激戦区となっている。この相場で生き残ることは難しく、1日で破産にまで追い込まれるケースが多々あることから、ポンドは別名「殺人通貨」(あるいは「悪魔の通貨」)とも呼ばれる。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た欧州連合

    USドルが世界的に決済通貨として使われるようになる以前は、大英帝国の経済力を背景に、国際的な決済通貨として使われた。イギリスの欧州連合加盟に伴い、ヨーロッパ共通通貨であるユーロにイギリスが参加するかどうかが焦点となったが、イギリス国内に反対が多く、通貨統合は見送られた。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た白銅

    5ペンス(白銅貨、2012年1月からは表面: ニッケル、内部: 鉄): アザミ冠紋章(スコットランドの国花)スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た損切り

    資金力のあるトレーダーによる意図的な価格操作により、テクニカル指標自体を無効にするような突発的な値動きが頻発するため、予想を外した場合に行う損切りを素早く確実に行える「熟練者向けの通貨」であると言われている。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たマン島

    イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島、チャンネル諸島、ジブラルタル、フォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「UKポンド相場」のニューストピックワード