63件中 51 - 60件表示
  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たポンド (通貨)

    スターリング・ポンド(pound sterling)は、イギリスの通貨。通貨単位としてのポンドはかつてイギリス連邦諸国で用いられ、エジプトなどでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £、国際通貨コード (ISO 4217) は、GBPであるが、STGとも略記する。呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たビーグル (帆船)

    10ポンド(橙): チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin、進化論を提唱した自然科学者)、ハチドリと花と拡大鏡、ビーグル号スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たグリニッジ標準時

    なお2007年1月下旬に1ポンドが日本241円40銭だったが、2007年3月2日には226円95銭と1ポンドあたり約14円も下落しているように、為替変動の幅の大きい通貨である。2007年6月は約240円 - 246円で推移し、7月に入ってからは一時251円に達した。その後サブプライムローンショックによる影響も大きく、徐々に下落して2008年3月17日には192円台を記録。ポンド安が落ち着いた所へ9月からの世界同時金融危機により徐々に大きく落ち込み、2008年10月に一時138円台にまで落ち込んだ。さらに2009年1月23日 (GMT) には1995年4月の史上最安値を14年ぶりに更新し、初めて118円台に突入。18ヶ月でポンド/円レートが133円、半値以下まで下落した事になる。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た欧州連合の経済通貨統合

    USドルが世界的に決済通貨として使われるようになる以前は、大英帝国の経済力を背景に、国際的な決済通貨として使われた。イギリスの欧州連合加盟に伴い、ヨーロッパ共通通貨であるユーロにイギリスが参加するかどうかが焦点となったが、イギリス国内に反対が多く、通貨統合は見送られた。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たグロート

    古い補助貨幣はこのほか、クラウン (crown)、フローリン (florin)、グロート (groat)、ギニー (guinea)がある。1クラウン=5シリング、1フローリン=2シリング、1グロート=4ペンス、1ギニー=21シリングに相当した。イギリスでは、1817年にソブリン金貨が本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。因みに1ポンドは20シリングであった。第一次世界大戦後にアメリカドルに取って代わられるまで、世界で最も信用の高い通貨であった。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た円 (通貨)

    なお2007年1月下旬に1ポンドが日本24140銭だったが、2007年3月2日には226円95銭と1ポンドあたり約14円も下落しているように、為替変動の幅の大きい通貨である。2007年6月は約240円 - 246円で推移し、7月に入ってからは一時251円に達した。その後サブプライムローンショックによる影響も大きく、徐々に下落して2008年3月17日には192円台を記録。ポンド安が落ち着いた所へ9月からの世界同時金融危機により徐々に大きく落ち込み、2008年10月に一時138円台にまで落ち込んだ。さらに2009年1月23日 (GMT) には1995年4月の史上最安値を14年ぶりに更新し、初めて118円台に突入。18ヶ月でポンド/円レートが133円、半値以下まで下落した事になる。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たギニー

    古い補助貨幣はこのほか、クラウン (crown)、フローリン (florin)、グロート (groat)、ギニー (guinea)がある。1クラウン=5シリング、1フローリン=2シリング、1グロート=4ペンス、1ギニー=21シリングに相当した。イギリスでは、1817年にソブリン金貨が本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。因みに1ポンドは20シリングであった。第一次世界大戦後にアメリカドルに取って代わられるまで、世界で最も信用の高い通貨であった。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た黄銅

    1ポンド(ニッケル黄銅貨): 発行年ごとにデザインは変更され、連合王国の紋章と、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドをそれぞれ代表する意匠が順に使われてきた。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見た法定通貨

    イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島、チャンネル諸島、ジブラルタル、フォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • スターリング・ポンド

    スターリング・ポンドから見たトロイポンド

    通貨名は、大昔、重量1トロイポンドの銀から240枚の1ペニー貨が作られたことに由来する。スターリング・ポンド フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示