142件中 41 - 50件表示
  • UVERworld

    UVERworldから見たPOWERPLAY

    UVERworld(ウーバーワールド)は、滋賀県出身の日本のロックバンド。ソニー・ミュージックレコーズ (gr8!recordsレーベル)及びPOWERPLAY所属(研音と業務提携)。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たTBSテレビ

    アメリカのガールズ・ロック・シンガー、BECCAのシングル「」(MBS・TBS系アニメ『黒執事』エンディングテーマ)、デビューアルバム『』の収録曲「」「」のギターを担当した。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見た東京国際フォーラム

    12月31日、東京国際フォーラム にて、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』主催の年末イベントライブイベント「Gundam 00 Festival 2009-2010 A trailer for the trailblazer」に出演。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たフェルナンデス (楽器メーカー)

    影響を受けたギタリストに布袋寅泰を挙げている(CDでーた 2010年12月号より)。最初に手にしたギターも友人から貰ったフェルナンデスの布袋モデルである。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たワーウィック (楽器メーカー)

    通称「師匠」。中学校の文化祭で兄がベースを弾いているのを見たことがきっかけで音楽に興味を持った。TAKUYA∞とは幼稚園からの幼馴染み。中学卒業後にはTAKUYA∞とバンドを結成。しかし、自動車免許取得合宿で県外に出ている間に、TAKUYA∞が真太郎をスカウトし、信人だけ外されたまま違うバンドが結成された。免許取得後、TAKUYA∞からライブの誘いを受け、腹を立てながらも最前列でライブを見た。その後、TAKUYA∞に頼み込みバンドの正式加入が決定。メンバーの中でもTAKUYA∞とは特に仲が良い。バンドメンバーに加入するまで大工のアルバイトをしており、その給料で楽器を購入していた。おふざけでソロ曲を歌ったり、メンバーにいじられることが多いことからUVERworldの中では「お笑い担当」である。基本的に落ち着いた髪形だが、「」の追加公演中にはブレイズにもしていた。ベースは基本的にWarwickの「Streamer Stage I」を使用する。11thシングル「恋いしくて」ではFender Jazz Bassのヴィンテージベースを使用。なお曲によって4弦ベースと5弦ベースを使い分けており、奏法もピック奏法、スラップ奏法、フィンガー・ピッキングと様々な奏法を使い分けている。最近では のオーダーメイドで、最低音のB(通常のの5弦)からD(通常の2弦)までの4弦ベースを使用している。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見た研音

    UVERworld(ウーバーワールド)は、滋賀県出身の日本のロックバンド。ソニー・ミュージックレコーズ (gr8!recordsレーベル)及びPOWERPLAY所属(研音と業務提携)。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たZepp

    4月27日・29日、音楽雑誌『PATi-PATi』主催のライブイベント「PATi★Night Episode UW」をZepp Namba及びZepp Divercityにて開催。これは昨年出演を予定していたが、中止されたイベントの振替も兼ねたものであり、両会場のこけら落とし公演となった。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たたねや

    たねや - コラボレーションをしたバームクーヘンを発売。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たフェンダー (楽器メーカー)

    飛行機が嫌いで、以前までは移動の際に必ず新幹線などの陸路を利用していた。単独や共作も含めて作曲を担当することも多く、TAKUYA∞と一緒に作曲をする事も少なくない。ギターはポール・リード・スミスをメインとして「」などを使用し、他にもディーン社の「」や、「99/100騙しの哲」ではフェンダー社の「」を使用している。アコースティックギターのパートも担当しているが、その時は借り物の「Gibson J-45」を使用していた(現在はちゃんと自分で別のアコギがあるが、今も目的のJ-45を探しているようである)。奏法は主に、ストレッチ奏法、フラジオレット、マシンガン・ピッキング、カッティングである。UVERworld フレッシュアイペディアより)

  • UVERworld

    UVERworldから見たTimeless

    彰とは同級生で昔から仲が良かった。TAKUYA∞は真太郎のドラマーとしての腕前を甚く気に入り、彰と同様にスカウト。克哉と4人でバンドを組む(後に信人も加わる)。また、父親もドラマーだった。1stアルバム『Timeless』発売まで、髪型はブレイズだった。2010年のツアー時には銀髪や金髪などにもしていた。バンド加入当時、TAKUYA∞は真太郎の事を年上だと勘違いしていた。ラジオ番組で下ネタ発言をするなど、自他共に認める変態キャラであるが、メンバー曰く「実はマジメ」らしいが、本人はキャラを徹底しており否定している。ライブでのMCも担当しているが、彼の危ない発言も織り交ぜたトークもライブでの定番である。「〜流れ・空虚・THIS WORD〜」、「AWAYOKUBA-斬る」での掛け声も担当している。UVERworld フレッシュアイペディアより)

142件中 41 - 50件表示

「UVERworld」のニューストピックワード