前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
403件中 1 - 10件表示
  • ケヴィン・ゴドレイ

    ケヴィン・ゴドレイから見たU2U2

    1988年にコンビを解消。ケヴィンはその後もミュージック・ビデオの監督を続け、U2、ポール・マッカートニーらの作品を手がけている。また反アパルトヘイトキャンペーンソング「サン・シティ」のビデオ制作をきっかけにチャリティー活動に目覚め、その後「ファッションエイド」「バンドエイドII」など様々なプロジェクトに参加するようになる。1990年には自らが企画した環境問題チャリティアルバム「ワン・ワールド・ワン・ヴォイス」を発表。50分強もある1曲を制作するために世界26ヶ所のスタジオで292名以上のミュージシャンが参加。この映像版は、1990年5月20日?26日に放送されたスペシャル・プログラム「ワン・ワールド・シンフォニー」の一環としてイギリスBBCを始め、NHKほか各国のTVで放送された。ケヴィン・ゴドレイ フレッシュアイペディアより)

  • シンプル・マインズ

    シンプル・マインズから見たU2U2

    シンプル・マインズ(Simple Minds)は、1977年に結成されたスコットランドのロックバンド。ニュー・ウェーヴ初期の1979年にデビューし、実験的なポストパンクバンド時代を経て、1980年代半ばにスタジアム・バンドとしてアメリカでもブレイクを果たした。'80年代当時ビッグ・カントリーやU2と並んで、スティーヴ・リリーホワイトのプロデュースにより大成功を収めたバンドの一つである。シンプル・マインズ フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ゲルドフ

    ボブ・ゲルドフから見たU2U2

    ゲルドフの最初の慈善活動への参加は、1981年9月に行われたアムネスティ・インターナショナルによる「シークレット・ポリスマンズ・アザー・ボール」であった。彼はショー製作者であるマーティン・ルイスの招待でソロ・アーティストとして出演した。ショーでゲルドフは「哀愁のマンディ」のソロ・バージョンを演奏した。同公演にはスティング、エリック・クラプトン、フィル・コリンズらも参加し、彼らは後にライヴ・エイドに出演し、ゲルドフがウルトラヴォックスのミッジ・ユーロと共に発表したボブ・ディランのカヴァー、「アイ・シャル・ビー・リリースド」のオールスター・バージョンのバッキング・ヴォーカルを務めている。ショーとそこからリリースされたアルバムや映画でアムネスティは相当の収益を上げ、人権に関する社会の意識が向上した。ゲルドフはショーへの関与を誇りに思い、一人物によって集められたロック・ミュージシャンの集団が原因に対して影響を与えることができた点に関して気が付いた(後にゲルドフと関係するU2のシンガー、ボノは1986年に、1981年のアムネスティ・ショーが「種をまいた」点に注意した。そしてそれは同様の方法でゲルドフに影響を及ぼしたように見えた)。ボブ・ゲルドフ フレッシュアイペディアより)

  • フラッド (プロデューサー)

    フラッド (プロデューサー)から見たU2U2

    マーク・エリス(Mark Ellis, 1960年8月16日 - )は、イギリス・ロンドン生まれの音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア。フラッドの活動名で知られる。U2、ニュー・オーダー、デペッシュ・モード、イレイジャー、ナイン・インチ・ネイルズ、スマッシング・パンプキンズ、PJ ハーヴェイ、シガー・ロス、ザ・キラーズといった様々な有名ミュージシャンの作品を手がけた。フラッド (プロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見たU2U2

    U2:『18シングルス』2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・ロバートソン (アルバム)

    ロビー・ロバートソン (アルバム)から見たU2U2

    ダニエル・ラノワを共同プロデューサーに迎えて制作され、過去にラノワがプロデュースしたU2とピーター・ガブリエルもレコーディングに参加した。「スウィート・ファイア・オブ・ラヴ」はU2との共作で、この曲と「テスティモニー」にはU2の4人全員が参加している。また、ロバートソンと共にザ・バンドで活動していたガース・ハドソンとリック・ダンコも参加した。ロビー・ロバートソン (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ロアーバック

    ロアーバックから見たU2U2

    セパルトゥラは本作より、ヨーロッパ盤をSPV傘下のスティームハマーからリリースするようになった。同社から限定発売されたデジパック盤にはEP『レヴォルソングス』(2002年)がボーナス・ディスクとして付属しており、ヨーロッパ通常盤および日本盤には、『レヴォルソングス』にも収録されていたU2のカヴァー「ブレット・ザ・ブルー・スカイ」がボーナス・トラックとして追加収録され、同曲のミュージック・ビデオもエンハンスト仕様で収録された。ロアーバック フレッシュアイペディアより)

  • サン・スタジオ

    サン・スタジオから見たU2U2

    1987年にサン・レコード・レーベルとメンフィス・レコーディング・サービスが入っていた元々の建物が、ゲイリー・ハーディーの手によって「サン・スタジオ」の名で再オープンし、U2やデフ・レパード、ボニー・レイット、リンゴ・スターなど多くの著名アーティストを引きつけた。サン・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ムーン・ドーター

    ニュー・ムーン・ドーターから見たU2U2

    『ニュー・ムーン・ドーター』(New Moon Daughter)は、アメリカ合衆国の歌手、カサンドラ・ウィルソンが1996年に発表したスタジオ・アルバム。ブルーノート・レコード移籍後としては2作目のアルバムであり、日本で先行発売された。ウィルソンの自作曲や、ビリー・ホリデイのカヴァー「奇妙な果実」等のジャズ・スタンダードに加えて、U2、サン・ハウス、モンキーズ、ニール・ヤングのカヴァーも歌われており、音楽評論家のScott Yanowはallmusic.comにおいて「モンキーズの"恋の終列車"と"奇妙な果実"の両方が収録されているアルバムは、恐らく本作だけだろう」と評している。ニュー・ムーン・ドーター フレッシュアイペディアより)

  • セインツ・アー・カミング

    セインツ・アー・カミングから見たU2U2

    「セインツ・アー・カミング」(原題:The Saints Are Coming)は、ザ・スキッズが1978年に発表した楽曲。本項目では、U2とグリーン・デイの連名により2006年に発表されたカヴァー・シングルについても記述する。セインツ・アー・カミング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
403件中 1 - 10件表示

「U2」のニューストピックワード