403件中 91 - 100件表示
  • ドーナル・ラニー

    ドーナル・ラニーから見たU2U2

    1996年、オムニバス・アルバム『魂の大地(Common Ground)』をプロデュース。クラウデッド・ハウスのティム・フィンとニール・フィン、U2のボノとアダム・クレイトン、シネイド・オコナー、エルヴィス・コステロ、ケイト・ブッシュといった豪華ゲストに加え、旧友のクリスティ・ムーアやアンディ・アーヴァインも参加。同年8月に初来日公演を行う。ドーナル・ラニー フレッシュアイペディアより)

  • ブレンダン・フェア

    ブレンダン・フェアから見たU2U2

    2001年、 U2のPVw:Stuck in a Moment You Can't Get Out OfでPaul Hewson (ボノの本名)という、ボールをゴールポストにぶつけてウィニングキックを決めそこねた新米フットボール選手を演じ、またヴァネッサ・カールトンのPVPretty Babyにも出演した。ブレンダン・フェア フレッシュアイペディアより)

  • オブリヴィオン・ウィズ・ベルズ

    オブリヴィオン・ウィズ・ベルズから見たU2U2

    約200曲におよぶ新曲の中から、アンダーワールドの2人に加え、彼らのサポートDJ/エンジニアであるダレン・プライスや、ブライアン・イーノ、U2のドラマーのラリー・マレン・ジュニア(ラリーは演奏にも参加)によって選曲された11曲で構成されている。オブリヴィオン・ウィズ・ベルズ フレッシュアイペディアより)

  • ブルームフィールド・スタジアム

    ブルームフィールド・スタジアムから見たU2U2

    コンサートの開催も多く、フィル・コリンズ、ブラック・アイド・ピーズ、スコーピオンズ、バーブラ・ストライサンド、リアーナ、U2らがライブを行った。ブルームフィールド・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • キル・ハンナ

    キル・ハンナから見たU2U2

    そして2002年、バンドはメジャーレーベル大手のアトランティック・レコードと契約し、ノー・ダウトやマリリン・マンソンのプロデュースを手がけたショーン・ビーヴァンとザ・キュアーやU2のミキシングを手がけたティム・パルマーを迎えてロサンゼルスとシカゴでレコーディングを開始し、2003年に初のメジャー・アルバム、"For Never & Ever"(日本盤未発売)をリリースした。しかし、バンドは思うようなバックアップをレーベルから受けられず、自ら調達したバンを交代で運転しながら全米をツアーし、フライヤーを配ったり、マーチャンタイズ商品を売ったりするなどの地道な活動を続け、その努力の甲斐あってか、彼らはどんどん新たなファンを増やしていき、地元シカゴ出身のスマッシング・パンプキンズのヴォーカリスト、ビリー・コーガンから「シカゴ・ロックの未来」と絶賛を受けることになる。キル・ハンナ フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴトン

    ユーゴトンから見たU2U2

    ユーゴトンは1947年に創設された。ユーゴトンからは、ユーゴスラビアのロック、ポップスを代表する多くのアーティストたちの作品を発売してきた。同レーベルからは、ビイェロ・ドゥグメ(Bijelo Dugme)、アズラ(Azra)、エレクトリチュニ・オルガザム(Električni Orgazam)、イドリ(Idoli)、ハウストル(Haustor)、プラヴィ・オルケスタル(Plavi orkestar)、レブ・イ・ソル(Leb i Sol)のアルバムや、『Paket Aranžman』などの重要なコンピレーション・アルバムが発売された。また、ユーゴトンはユーゴスラビア国外の国際的に活躍するアーティストたちの作品をユーゴスラビア国内で販売するライセンスも得ており、ビートルズ、エルヴィス・プレスリー、ローリング・ストーンズ、マドンナ、U2、デヴィッド・ボウイ、ユーリズミックス、ケイト・ブッシュ、パブリック・イメージ・リミテッド、クラフトワーク、クイーン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド、アイアン・メイデンなどのアルバムが同レーベルから販売された。加えて、ユーゴトンはユーゴスラビア連邦全域に及ぶレコード販売網を持っていた。ユーゴトン フレッシュアイペディアより)

  • ビューティフル・デイ (U2の曲)

    ビューティフル・デイ (U2の曲)から見たU2U2

    「ビューティフル・デイ」(Beautiful Day)は、U2が2000年に発表した楽曲。アルバム『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』(2000年)からの先行シングルとしてリリースされた。ビューティフル・デイ (U2の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ポイント劇場

    ポイント劇場から見たU2U2

    ポイント劇場の建物は、隣接する港の輸送のため、1878年に鉄道駅として建設された。このため鉄道関係者の間では、「ポイント・ストア」()としても知られている。数年の放置と不使用を経た後、1980年代終わりに地元の開発事業者で、アポロ・リージャー(、現ライブ・ネイション)所属のハリー・クロスビーによって買い取られ、バルコニー、オフィス、舞台裏設備などが整備された。改装前に、U2はアルバム『魂の叫び』(1988年、)の2曲目『ヴァン・ディマンズ・ランド』をこの建物で収録し、同名映画中では、『ヴァン・ディマンズ・ランド』と『ディザイアー』の1シーンで、この劇場が登場している。ポイント劇場 フレッシュアイペディアより)

  • エランド・ロード

    エランド・ロードから見たU2U2

    またコンサートとしての開催も多くあり、クイーンやU2、ハッピー・マンデーズ、カイザー・チーフスらがコンサートを行った。エランド・ロード フレッシュアイペディアより)

  • ヨシュア・トゥリー

    ヨシュア・トゥリーから見たU2U2

    『ヨシュア・トゥリー』 (The Joshua Tree ) は、アイルランドのロックバンド、U2のアルバムである。"Joshua Tree"とはアメリカ南西部の砂漠地帯に生えるユッカの樹のこと。ヨシュア・トゥリー フレッシュアイペディアより)

403件中 91 - 100件表示

「U2」のニューストピックワード