403件中 101 - 110件表示
  • オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド

    オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインドから見たU2U2

    『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』 (All That You Can't Leave Behind ) は、アイルランドのロックバンド、U2のアルバムである。オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド フレッシュアイペディアより)

  • ウィ・アー・ワン:オバマ就任祝典

    ウィ・アー・ワン:オバマ就任祝典から見たU2U2

    このコンサートでは、ビヨンセ、メアリー・J. ブライジ、ジョン・ボン・ジョヴィ、ガース・ブルックス、シェリル・クロウ、ルネ・フレミング、セレブ・グリーン、ジョシュ・グローバン、ハービー・ハンコック、ヘザー・ヘッドリー、ベティ・ラベット、ジョン・レジェンド、ジェニファー・ネトルズ、ジョン・メレンキャンプ、ピート・シーガー、シャキーラ、ブルース・スプリングスティーン、ジェームス・テイラー、U2、アッシャー、ウィル・アイ・アム、スティーヴィー・ワンダーらがライブ・パフォーマンスを行った。また、ジャック・ブラック、スティーヴ・カレル、ロザリオ・ドーソン、ジェイミー・フォックス、トム・ハンクス、アシュレイ・ジャッド、マーティン・ルーサー・キング3世、クィーン・ラティファ、ジョージ・ロペス、マリサ・トメイ、デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィテカー、タイガー・ウッズらが朗読、スピーチを行った。ウィ・アー・ワン:オバマ就任祝典 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見たU2U2

    906. U2「VERTIGO」2006年12月1日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • アイルランド音楽

    アイルランド音楽から見たU2U2

    また、アイルランド伝統音楽が直接ロックやパンク、その他と結びついて現代化された物がアイルランド内外で大ヒットする事もある。実際、70年代から80年代にかけては、伝統音楽とロックの境界線は不鮮明なものであったが、その際に多くのミュージシャン達がこの2スタイルの垣根を超えて融合しようとする創作を当然のように行ってきた(この傾向は、近年でもU2やホースリップス、クラナドなどに見受けられる)。しかしながら、ことアイルランド音楽の場合は、結局は新しいものに取って替わるよりもその原点へと回帰しようという動きも非常に活発であった。アイルランド音楽 フレッシュアイペディアより)

  • プレタポルテ (映画)

    プレタポルテ (映画)から見たU2U2

    Lemon (PERFECTO MIX) / U2プレタポルテ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ラーズ・ウルリッヒ

    ラーズ・ウルリッヒから見たU2U2

    意外にも、オアシスのファンである。ノエル・ギャラガーとは20年来の親交があり、彼がドラッグを辞めたことに影響され、自身もドラッグを辞めている。また、U2のファンも公言しており、メタリカ結成30周年を記念したライブには、U2によるビデオ・メッセージが寄せられている。ラーズ・ウルリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアXXVII

    レッスルマニアXXVIIから見たU2U2

    チケット完売となったジョージア・ドームには、全米50州と世界30カ国から7万1617人の観客が詰めかけ、2000年2月のバックストリートボーイズのコンサートの記録(6万5658人)を抜き、同スタジアムのエンターテイメントイベントの観客動員新記録を樹立。また、チケット売上660万ドルは、2009年10月のU2のコンサート(570万ドル)を抜き、同じく同スタジアムのエンターテイメントイベントの売上新記録を達成した。レッスルマニアXXVII フレッシュアイペディアより)

  • ハートブレイク・ホテル

    ハートブレイク・ホテルから見たU2U2

    U2のボノは次のように語っている。ハートブレイク・ホテル フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ディビュナー

    フランク・ディビュナーから見たU2U2

    ディビュナーは、レナ・クラークと結婚しており、以前の妻との間に3人の子供がいる。サッカーや料理が趣味である。また彼はU2の360°ツアーに国際宇宙ステーションから登場し、"Your Blue Room"と"In A Little While"を歌った。フランク・ディビュナー フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・アクーニャ

    アレックス・アクーニャから見たU2U2

    ペルーのパティビルカで生まれ、10歳の時より地元のバンドで演奏を始める。10歳代の時にリマに移る。18歳の時にペレス・プラードのバンドに加わり、1967年にプエルトリコに移る。1974年にラス・ヴェガスに移り、エルヴィス・プレスリーやダイアナ・ロス等と共演、その後年にはフュージョン・バンド、ウェザー・リポートにも参加し、「ブラック・マーケット」と「ヘヴィ・ウェザー」を録音。1978年にバンドから離れ、ロサンジェルスを起点にセッション・ミュージシャンとして活動するようになり、ポール・マッカートニーやジョニ・ミッチェル、エラ・フィッツジェラルド、チック・コリア、ホイットニー・ヒューストン、プラシド・ドミンゴ、フィル・ケギー、サム・フィリップス、ジョー・ザヴィヌル、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、カルロス・サンタナ、アントニオ・カルロス・ジョビン、ベック、ロバータ・フラック、U2、アル・ジャロウ等と共演。1980年代にはクリスチャン・ジャズ・バンドのコイノニアにも参加している。アレックス・アクーニャ フレッシュアイペディアより)

403件中 101 - 110件表示

「U2」のニューストピックワード