403件中 21 - 30件表示
  • レディオヘッド

    レディオヘッドから見たU2U2

    レディオヘッドのメンバーは、ジョイ・ディヴィジョンやマガジン、ザ・スミス、ジャパン、U2といったポストパンクや、ピクシーズやR.E.M.やソニック・ユースといったオルタナティヴ・ロックに早くから影響を受けてきた。また、トムは小学生の頃にはクイーンなどを好み、エルヴィス・コステロなども聴いていた。1990年代半ばにはマッシヴ・アタックやDJシャドウなどのエレクトロヒップホップからの影響をうかがわせ、それらは『OK コンピューター』に顕著である。他に『OK コンピューター』にはマイルス・デイヴィス、エンニオ・モリコーネなどや、ビートルズやビーチ・ボーイズ、ピンク・フロイドなどからの参照が見受けられ、メンバーもそれを公言している。レディオヘッド フレッシュアイペディアより)

  • 日曜日

    日曜日から見たU2U2

    1972年1月30日 - イギリス領北アイルランドのロンドンデリー市で発生した血の日曜日事件。公民権を求めたカトリック系市民にイギリス軍が発砲して13人の死者を出し、北アイルランド紛争を悪化させた。この事件に関し、同年にジョン・レノンが「血まみれの日曜日」、1983年にU2が「ブラディ・サンデー」を発表した。日曜日 フレッシュアイペディアより)

  • ラモーンズ

    ラモーンズから見たU2U2

    2001年のMTVミュージック・アウォーズの壇上で、U2のボノがマーキー・ラモーンに「もしラモーンズが存在しなかったら、U2も存在しなかっただろう」と発言して敬意を表した。その後ボノとマーキーは何度もステージで共演している。マーキー・ラモーンはほかにエルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーとも親しい。ラモーンズのリスペクトパーティにはショーン・レノンも出席した。ラモーンズ フレッシュアイペディアより)

  • リアリティ・バイツ

    リアリティ・バイツから見たU2U2

    ザ・ナック、ビッグ・マウンテン、U2、レニー・クラヴィッツ、ダイナソーJr.、リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズらの曲が全篇を彩っている。リアリティ・バイツ フレッシュアイペディアより)

  • LIVE 8

    LIVE 8から見たU2U2

    出演 : ボブ・ゲルドフ(ホストと6、17、23番手に登場でU2と同時トップバッター)、ポール・マッカートニー(トップバッター、大トリ45番手)、U2(ボブ・ゲルドフとトップバッター)、コールドプレイ、デヴィッド・ウォリアムス、エルトン・ジョン、ビル・ゲイツ(最初のスペシャルゲスト)、ダイド、ユッスー・ンドゥール、ステレオフォニックス、リッキー・ジャーヴェイス、R.E.M.、コフィー・アナン(2人目のスペシャルゲスト)、Ms. Dynamite、キーン、ウィル・スミス(3人目のスペシャルゲスト、フィラデルフィアフィラデルフィア美術館野外特設ステージから衛星中継で出演)、トラヴィス、ブラット・ピット(4人目のスペシャルゲスト)、アニー・レノックス、UB40、スヌープ・ドッグ、レイザーライト、マドンナ、スノウ・パトロール、ザ・キラーズ、ジョス・ストーン、シザー・シスターズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、Lenny Henry(5人目のスペシャルゲスト)、スティング、Dawn French(6人目のスペシャルゲスト)、マライア・キャリー、デビッド・ベッカム(7人目で最後のスペシャルゲスト)、ロビー・ウィリアムズ、Peter Kay、ザ・フー、ピンク・フロイドLIVE 8 フレッシュアイペディアより)

  • メイデイ

    メイデイから見たU2U2

    好きなバンド:U2、ビートルズ、オアシス、Coldplay、ガンズ・アンド・ローゼズ、CHINA BLUEメイデイ フレッシュアイペディアより)

  • ニュースステーション

    ニュースステーションから見たU2U2

    2003年9月29日、テレビ朝日の本社移転に伴い、放送スタジオがテレビ朝日アーク放送センター(アークヒルズ)からテレビ朝日六本木6丁目本社ビル(六本木ヒルズ)へ移りスタジオセットとテーマ曲をリニューアル。タイトルロゴはそのままで、色がオレンジ/黄色を基調としたものから青/水色を基調としたものに変更された。テーマ曲はU2が担当した。オープニング映像もこれまではオープニングの後にタイトルロゴが表示されていたが、この代は最初にタイトルロゴ表示→その日のニュースの放送内容告知→日付表示というように変わった。ニュースステーション フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・キャッシュ

    ジョニー・キャッシュから見たU2U2

    2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンやリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、アル・ゴアらから共感や尊敬を得ている。ジョニー・キャッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ペット・ショップ・ボーイズ

    ペット・ショップ・ボーイズから見たU2U2

    U2の「Where the streets have no name」をHi-NRG調にした上で、ボーイズ・タウン・ギャングがカヴァーした「君の瞳に恋してる」とのメドレーにするなど、その発想力が注目を集めることも多い。(なお、このカヴァーを聴いたU2が激怒し、両者の関係が悪い時期があったが、その後和解したという)。2013年発売のアルバムではブルース・スプリングスティーンの「The Last to Die」をディスコカバーしている。ペット・ショップ・ボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • ホットハウス・フラワーズ

    ホットハウス・フラワーズから見たU2U2

    彼らの音楽に注目したのがU2のボノで、彼が設立したマザーレコードからデビューシングル「Love don't work this way」を発表した(1987年)。そしてロンドン・レコードと契約を結び、1988年に1stアルバム『ピープル』でメジャーデビューを果たした。ホットハウス・フラワーズ フレッシュアイペディアより)

403件中 21 - 30件表示

「U2」のニューストピックワード