403件中 31 - 40件表示
  • ウィン・バトラー

    ウィン・バトラーから見たU2U2

    ステージでは、他メンバーと共に力強いパフォーマンスを披露するウィンではあるが、ステージ外でのショーマンシップの発揮は好まず、いわゆるロック・スター的な振る舞いには懐疑的な立場を取っている。NME誌に、U2やオアシス他著名ミュージシャンの商業主義的側面を非難するウィンのインタビュー記事が掲載されたこともあるが、後に公式サイトにて「NMEに掲載された記事は全体的な文脈を欠いたものであり、自分はマーケティングの全てを非難したいわけではない」旨のコメントを寄せている。その際には、ジョージ・オーウェルの著作から一節を引用している。「いかなる著作物も政治的バイアスから全くの無関係ではいられない。芸術は政治に関わるべきでないという主張は既にそれ自体政治的である(No book is genuinely free from political bias. The opinion that art should have nothing to do with politics is itself a political attitude.)」ウィン・バトラー フレッシュアイペディアより)

  • アラーム (バンド)

    アラーム (バンド)から見たU2U2

    ロンドンに向かった彼らは大量のライブをこなしながら実力を蓄え、1983年にアルバム『ジ・アラーム』でデビュー。この年、U2のアルバム『ウォー』発表に伴うアメリカ・ツアーにオープニング・アクトとして同行。アラーム (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 全英アルバムチャート

    全英アルバムチャートから見たU2U2

    最もチャート上で成功したアーティストはどの時期を選んだかによって左右される。2005年時点で、クイーンのアルバムは全英アルバムチャートに登場した時間がどのアーティストよりも長い。それに続くのがビートルズ、エルヴィス・プレスリー、U2である。しかし、最も1位に輝いた週数が多いアーティストになるとビートルズがリードし、トップテンアルバムの数になるとエルヴィス・プレスリーが最も多くなる。全英アルバムチャート フレッシュアイペディアより)

  • マウント・スマート・スタジアム

    マウント・スマート・スタジアムから見たU2U2

    座席数は26,500席。スポーツ競技時は最大で35,000席、コンサート会場として最大50,000席まで拡張できる。ラグビー競技場、サッカー競技場、陸上競技場、コンサート会場として使用される。ニュージーランドとオーストラリアで開催される音楽祭「ビッグ・デイ・アウト」の会場として、1994年より使用されている。過去にはU2、マイケル・ジャクソンなどのコンサート会場として使用された。マウント・スマート・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ポップ (アルバム)

    ポップ (アルバム)から見たU2U2

    『POP』 (Pop ) は、アイルランドのロックバンド、U2のアルバムである。ポップ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 杉崎 美香

    杉崎美香から見たU2U2

    『めざにゅ〜』等でユニコーン、U2、RED HOT CHILI PEPPERS、ビアンコネロ、東京スカパラダイスオーケストラ、the pillows、フジファブリックのファンであることを公言している。杉崎美香 フレッシュアイペディアより)

  • クルト・ニルセン

    クルト・ニルセンから見たU2U2

    2004年1月1日に放送された『ワールドアイドル』では、アメリカの覇者ケリー・クラークソンらを破り、世界一のアイドルになった。その時の曲はU2の「Beautiful Day」だった。オーストラリアの審査員イアン・ディクソンは「あなたは天使の声をしていますが、見た目はホビットに似ていますね。これが中つ国のアイドル(のコンテスト)だったら、あなたは文句なしの勝者でしたよ。」とコメントした。クルト・ニルセン フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たU2U2

    2011年3月11日に発生した東日本大震災に対し、ガガは即座に「WE PRAY FOR JAPAN 日本の為に祈りを」とデザインしたブレスレットを作成し販売。「収益はすべて日本に寄付する。モンスターたちよろしく」と自身のツイッターでコメントした。その後ブレスレットは2週間で1億2000万円以上売り上げ、全額寄付された。さらにチャリティー以外で個人的にも1億2000万円寄付したことを明かした。また、ガガやU2、エルトン・ジョン、クイーンなど38組のトップアーティストの楽曲が収録されたチャリティーアルバム『SONGS FOR JAPAN』が世界18ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得した。そして3月26日にガガは「アイシテイマス」と日本にビデオメッセージを送った。日本記者のインタヴューでも「日本のファンとは強い絆を感じる。だからニュースを観るのが辛かった。何かを口にするより、まず行動すべきだと思った」とコメントし、再び日本で歌うことを約束した。 そして2011年6月21日、多くの海外スターが来日をキャンセルする中、ガガは4回目の来日を果たした。放射能は怖くないのかという質問に「平気よ。世界のみんなに日本という美しい国を見てほしいわ」と語った。ガガは10日間の滞在で多くのメディアに出演し、記者会見では自身の手書きで「日本の為に祈りを」と書かれたティーカップに口紅の跡を付け、オークションに出品した。売り上げは全額震災の寄付に充てられる。このカップは宮城県大崎市在住の歯科医師(故人)が落札し、落札者によって2013年2月に宮城県に寄贈された(落札者は寄贈の翌日に死去)。同年5月1日から6月30日までの予定で同県多賀城市の東北歴史博物館(宮城県立)で展示されている。今後は保存処理を行い、他施設への貸出も行う予定である。また、ジョン・V・ルース駐日米大使から「よく来てくれた」と感謝され、日本政府からは震災支援の感謝状と福島の玩具「起き上がり小法師」がプレゼントされた。ガガは涙を流し小法師にキスすると「本当はこんなもの(感謝状)、いらないの。だって私の日本への愛は無償のものだから。でもこの感謝状は一生大切にするわ」と語った。復興支援イベントの「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」では、日本が苦境から脱出することをイメージした蜘蛛の巣パフォーマンスを行った。ガガは次の訪問地の台湾へ出発の際、菅直人総理大臣(当時)からガガをイメージした緑色のバラをプレゼントされ「この名誉をありがとう。日本への支援は継続的に行っていきます」とコメントした。その後2011年12月21日にガガは5度目の来日をし、ミュージックステーションスーパーライブに出演した。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • 雄城

    雄城から見たU2U2

    他に好きなアーティストはRadiohead、Oasis、U2、David BowieなどUKのアーティストを好む。大の音楽好きで家にはCDが3000枚以上ある。雄城 フレッシュアイペディアより)

  • チャンバワンバ

    チャンバワンバから見たU2U2

    チャンバワンバは、ビージーズの「ニューヨーク炭坑の悲劇」(The New York Mining Disaster 1941)のカヴァーを含む9thアルバム『WYSIWYG』を2000年に発表した。このアルバムからシングルカットされた「She's Got All the Friends That Money Can Buy」のカップリング曲「Passenger List For Doomed Flight #1721」の歌詞は、姿を消してほしいと考えている人々を羅列した内容で、その中にはトニー・ブレア、アリー・マクビール(コメディ・ドラマ『アリー my Love』の主人公)、U2のボノ、ビル・ゲイツ、ビル・クリントンなども含まれている。そして、チャンバワンバは2001年にEMIから離れた。チャンバワンバ フレッシュアイペディアより)

403件中 31 - 40件表示

「U2」のニューストピックワード