330件中 51 - 60件表示
  • ジョン・F・ケネディ・スタジアム

    ジョン・F・ケネディ・スタジアムから見たU2U2

    1985年にはウェンブリーとともにライヴエイドの会場のひとつとして開催され、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ポリス、U2、マイケル・ジャクソンらもコンサートを行った。ジョン・F・ケネディ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ドゥ・ザ・ライト・シング

    ドゥ・ザ・ライト・シングから見たU2U2

    なお、『right』の『正しい、正当な』という意味の語源は、人間は心臓の反対側にある手をよく使うところから、その手を使うことが正しいとされたこと。世界エイズ・結核・マラリア対策のためにU2のボノらが発起人となりアップル社やアメリカン・エクスプレス社などが協賛している『(PRODUCT) RED(レッド)』(:en:Product Red)というプロジェクトの『Do The (RED) Thing』というコピーもこれをもじったもの。ドゥ・ザ・ライト・シング フレッシュアイペディアより)

  • マウント・スマート・スタジアム

    マウント・スマート・スタジアムから見たU2U2

    座席数は26,500席。スポーツ競技時は最大で35,000席、コンサート会場として最大50,000席まで拡張できる。ラグビー競技場、サッカー競技場、陸上競技場、コンサート会場として使用される。ニュージーランドとオーストラリアで開催される音楽祭「ビッグ・デイ・アウト」の会場として、1994年より使用されている。過去にはU2、マイケル・ジャクソンなどのコンサート会場として使用された。マウント・スマート・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ライブ・ネイション

    ライブ・ネイションから見たU2U2

    2005年に設立。2007年10月にマドンナがワーナーミュージックから移籍。また2008年4月にもU2の関連事業を結んだ。ライブ・ネイション フレッシュアイペディアより)

  • シルヴァーチェアー

    シルヴァーチェアーから見たU2U2

    デビューから3rdアルバムまではニルヴァーナやパール・ジャムなどの影響を受けたグランジ的な音楽性だった。だが、4thアルバムのジオラマで彼らの音楽性は激変。それまでのヘヴィさは保ちつつも、明るくメロディアスな曲が目立つように。この変化をU2のボノは「ブラック・サバスとビーチ・ボーイズの完璧な融合」と評し絶賛した。最新アルバムではヘヴィな曲はほぼ消え、ポップさがより増した。シルヴァーチェアー フレッシュアイペディアより)

  • キル・ハンナ

    キル・ハンナから見たU2U2

    そして2002年、バンドはメジャーレーベル大手のアトランティック・レコードと契約し、ノー・ダウトやマリリン・マンソンのプロデュースを手がけたショーン・ビーヴァンとザ・キュアーやU2のミキシングを手がけたティム・パルマーを迎えてロサンゼルスとシカゴでレコーディングを開始し、2003年に初のメジャー・アルバム、"For Never & Ever"(日本盤未発売)をリリースした。しかし、バンドは思うようなバックアップをレーベルから受けられず、自ら調達したバンを交代で運転しながら全米をツアーし、フライヤーを配ったり、マーチャンタイズ商品を売ったりするなどの地道な活動を続け、その努力の甲斐あってか、彼らはどんどん新たなファンを増やしていき、地元シカゴ出身のスマッシング・パンプキンズのヴォーカリスト、ビリー・コーガンから「シカゴ・ロックの未来」と絶賛を受けることになる。キル・ハンナ フレッシュアイペディアより)

  • アラーム (バンド)

    アラーム (バンド)から見たU2U2

    ロンドンに向かった彼らは大量のライブをこなしながら実力を蓄え、1983年にアルバム『ジ・アラーム』でデビュー。この年、U2のアルバム『ウォー』発表に伴うアメリカ・ツアーにオープニング・アクトとして同行。アラーム (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スキッズ

    ザ・スキッズから見たU2U2

    2006年には、U2とグリーン・デイが彼らのヒット曲「セインツ・アー・カミング」をカバーし、全英チャート2位まで上がった。ザ・スキッズ フレッシュアイペディアより)

  • マガジン (イギリスのバンド)

    マガジン (イギリスのバンド)から見たU2U2

    独特の演奏感覚を持つ特異な達人揃いのバンドであり、特にギタリストのジョン・マッギオークに関しての評価が高い。例えばジ・エッジ(U2)、ジョニー・マー(元ザ・スミス等)、ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)、デイヴ・ナヴァロ(元ジェーンズ・アディクション)、ジョン・フルシアンテ(元レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)ら錚々たる名手達が演奏面でギタリストのジョン・マッギオークに影響を受けたことを公言しており、特にフルシアンテは”マガジンとスージー・アンド・ザ・バンシーズでのマッギオークの演奏を覚えてギターの弾き方を学んだ”とまで言っている。マガジン (イギリスのバンド) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・アクーニャ

    アレックス・アクーニャから見たU2U2

    ペルーのパティヴィルカで生まれ、10歳の時より地元のバンドで演奏を始める。10歳代の時にリマに移る。18歳の時にペレス・プラードのバンドに加わり、1967年にプエルトリコに移る。1974年にラス・ヴェガスに移り、エルヴィス・プレスリーやダイアナ・ロス等と共演、その後年にはフュージョン・バンド、ウェザー・リポートにも参加し、Black MarketとHeavy Weatherを録音。1978年にバンドから離れ、ロサンジェルスを起点にセッション・ミュージシャンとして活動するようになり、ポール・マッカートニーやジョニ・ミッチェル、エラ・フィッツジェラルド、チック・コリア、ホイットニー・ヒューストン、プラシド・ドミンゴ、フィル・ケギー、サム・フィリップス、ジョー・ザヴィヌル、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、カルロス・サンタナ、アントニオ・カルロス・ジョビン、ベック、ロバータ・フラック、U2、アル・ジャロウ等と共演。1980年代にはクリスチャン・ジャズ・バンドのコイノニアにも参加している。アレックス・アクーニャ フレッシュアイペディアより)

330件中 51 - 60件表示

「U2」のニューストピックワード