403件中 61 - 70件表示
  • ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン

    ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾンから見たU2U2

    ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン (No Line on the Horizon) は、2009年に発売された、U2のアルバム。ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・フーパー

    ネリー・フーパーから見たU2U2

    1996年、アメリカ映画『ロミオ+ジュリエット』の音楽を担当。同作のサウンドトラックは高く評価されて、フーパーは英国アカデミー賞 作曲賞を受賞した。2000年代に入ってからも、ノー・ダウトやU2等の作品に参加している。ネリー・フーパー フレッシュアイペディアより)

  • ソングス・オブ・フェイス・アンド・デヴォーション

    ソングス・オブ・フェイス・アンド・デヴォーションから見たU2U2

    アルバムは1992年、マドリードのスタジオであるThe Villaにて8ヶ月以上に及ぶレコーディングの後、ハンブルクとロンドンにて追加のセッションが行われた。プロデューサーのフラッドはU2のアクトン・ベイビーでの成功を踏まえ、貸家をレコーディングスタジオに改造しそこで寝泊りや制作を行うことをバンドに提案する。バンドはThe Villaの地下にスタジオを作りドラムセットを違うスペースに2台配置し、サウンドに異なるトーンを生み出した。ソングス・オブ・フェイス・アンド・デヴォーション フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・マレン・ジュニア

    ラリー・マレン・ジュニアから見たU2U2

    ローレンス・ジョゼフ "ラリー" マレン・ジュニア(Lawrence Joseph "Larry" Mullen, Jr., 1961年10月31日 - )は、アイルランドのダブリン出身のロック・ミュージシャン。U2のドラマーであり、バンドの発足人として知られる。一部では名前を「ラリー・ミューレン・ジュニア」と表記している場合もある。ラリー・マレン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ハネット

    マーティン・ハネットから見たU2U2

    ハネットは他にもザ・ドゥルッティ・コラム、オーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダーク、ハッピー・マンデーズ、ア・サーテイン・レイシオ、ESGといったファクトリー・レーベルのアーティストの作品や、マガジンのアルバム『ザ・コレクト・ユース・オブ・ソープ』、U2のシングル「11 O'Clock Tick Tock」のプロデュースを手がけた。マーティン・ハネット フレッシュアイペディアより)

  • ミネラル (バンド)

    ミネラル (バンド)から見たU2U2

    U2、レッド・ハウス・ペインターズやバッファロー・トムといったアーティストに影響を受けたフロントマン、クリス・シンプソンを中心にヒューストンで結成。その後オースティンに活動拠点を移してから全米中でライブ活動を展開。ミネラル (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend

    The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekendから見たU2U2

    ミキシングはアメリカで行われ、『vol.1 & 2』に引き続き、ローリング・ストーンズやU2、レディー・ガガなどを手掛けるジャック・ジョセフ・プイグが担当している。The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend フレッシュアイペディアより)

  • 黄金伝説 (アルバム)

    黄金伝説 (アルバム)から見たU2U2

    U2の1984年発表のアルバム、『焔』でプロデューサーを務めたブライアン・イーノとダニエル・ラノワは『焔』を制作するにあたり、U2は本作から影響を受けたと見ている。黄金伝説 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • スパークル・イン・ザ・レイン

    スパークル・イン・ザ・レインから見たU2U2

    プロデューサーはU2やXTC、ピーター・ガブリエルらの作品に参加したスティーヴ・リリーホワイトが務めた。1983年の9月から10月までウェールズのモノー・ヴァレー・スタジオとロンドンのタウンハウス・スタジオにてレコーディング。アルバムは翌年2月にリリースされ、バンド初の全英1位を獲得し、最終的にはダブルプラチナを授与された。他にもヨーロッパ諸国やカナダ、オーストラリアなど世界各国でトップ20をマークするなど前作以上の多大な成功を収め、シンプル・マインズのスタジアム・バンドとしての地位を確立した作品である。スパークル・イン・ザ・レイン フレッシュアイペディアより)

  • ワンス・アポン・ア・タイム (シンプル・マインズのアルバム)

    ワンス・アポン・ア・タイム (シンプル・マインズのアルバム)から見たU2U2

    1985年2月にリリースされたシングル「Don't You (Forget About Me)」は映画『ブレックファスト・クラブ』の主題歌となった。同曲は欧州各国でトップ10入りを果たしビルボードでは1位を記録するなど、アメリカでもバンドに対する注目は高まっていった。しかし同シングルリリース後にデビュー時からのベーシストであるデレク・フォーブスが脱退し、新ベーシストにジョン・ギブリンが加入した。1985年5月にロンドンのタウンハウス・スタジオでレコーディング。プロデューサーはU2やブルース・スプリングスティーン、ビッグ・カントリーなどの作品で知られるジミー・アイオヴィーンと、ブライアン・アダムスなどの作品で知られるボブ・クリアマウンテンが務めた。前作と同じく壮大で力強いスタジアム・ロック路線を継承し、アルバムは全英1位を記録、全米では10位にチャートインし、アルバムではバンド初のビルボードトップ10入りを果たした。1996年にイギリスでトリプルプラチナ、1986年にカナダでダブルプラチナを獲得した。プレスもアルバムを高く評価し、オールミュージックは「彼らのベストの内の一つ」とコメントし、今まで以上に生々しいサウンドプロダクションを賞賛した。ワンス・アポン・ア・タイム (シンプル・マインズのアルバム) フレッシュアイペディアより)

403件中 61 - 70件表示

「U2」のニューストピックワード