330件中 71 - 80件表示
  • ミステリアス・ウェイズ

    ミステリアス・ウェイズから見たU2U2

    「ミステリアス・ウェイズ」(Mysterious Ways)は、U2が1991年に発表した楽曲。アルバム『アクトン・ベイビー』(1991年)からの第2弾シングルとしてカットされた。ミステリアス・ウェイズ フレッシュアイペディアより)

  • ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン

    ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾンから見たU2U2

    ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン (No Line on the Horizon) は、2009年に発売された、U2のアルバム。ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン フレッシュアイペディアより)

  • オハイオ・スタジアム

    オハイオ・スタジアムから見たU2U2

    コンサートとしての開催の実績ではU2、ローリング・ストーンズ、ピンク・フロイド、メタリカ、ビリー・ジョエル&エルトン・ジョンらが行った。オハイオ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・フーパー

    ネリー・フーパーから見たU2U2

    1996年、アメリカ映画『ロミオ+ジュリエット』の音楽を担当。同作のサウンドトラックは高く評価されて、フーパーは英国アカデミー賞 作曲賞を受賞した。2000年代に入ってからも、ノー・ダウトやU2等の作品に参加している。ネリー・フーパー フレッシュアイペディアより)

  • ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ

    ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホから見たU2U2

    1994年 前身バンド結成。このバンドの経歴は、男性メンバー4人が地元の大学で結成したバンド『Los Sin Nombre (名も無き者たち)』 に端を発する。彼らは活動の中で、U2やニルヴァーナ、パール・ジャム等の曲をカバーしていた。そして、メンバーは友人とのパーティでアマイア・モンテロと出会い、その時にシネイド・オコナーの曲、『ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー (邦題:愛の哀しみ) 』を歌った彼女の声に惹かれたパブロ・ベネガスは、地元のカフェでの数回の接触で、バンド加入を説得した。ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアンツ・スタジアム

    ジャイアンツ・スタジアムから見たU2U2

    最多入場者数を記録したのは2009年9月24日に行われたU2のコンサートで84,472人が入場、それまでの記録であった1995円10月5日、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が来場した際の記録を更新した。ジャイアンツ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • U2の作品

    U2の作品から見たU2U2

    アイルランド出身のロック・バンド、U2の作品。U2の作品 フレッシュアイペディアより)

  • フォロ・ソル

    フォロ・ソルから見たU2U2

    ローリング・ストーンズ、デペッシュ・モード、U2、マドンナ、ブリトニー・スピアーズ、シャキーラ、コーン、マリリン・マンソンらが当会場でコンサートを開催したことがある。フォロ・ソル フレッシュアイペディアより)

  • ミステリー・ガール

    ミステリー・ガールから見たU2U2

    U2のボノとジ・エッジが書き下ろしの新曲「シーズ・ア・ミステリー・トゥ・ミー」を提供し、ボノはレコーディングにも参加した。「コメディアンズ」はエルヴィス・コステロのアルバム『グッバイ・クルエル・ワールド』(1984年)に収録されていた曲だが、コステロ本人がオービソンのために一部を改変したヴァージョンである。ミステリー・ガール フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ・オーディオ・ダイナマイト

    ビッグ・オーディオ・ダイナマイトから見たU2U2

    1986年のアルバム『No. 10, アッピング・ストリート』ではクラッシュでの仲間ジョー・ストラマーをコ・プロデューサーとして迎え、一緒に数曲を作った。1987年にU2のワールドツアーをサポートし、1988年には『タイトゥン・アップ Vol. '88』、1989年には『メガトップ・フェニックス』をリリースした。『タイトゥン・アップ Vol. '88』にはビルボードのモダン・ロック・トラックスで1位になった「ジャスト・プレイ・ミュージック!」が含まれている。ビッグ・オーディオ・ダイナマイト フレッシュアイペディアより)

330件中 71 - 80件表示

「U2」のニューストピックワード