182件中 31 - 40件表示
  • U2

    U2から見たバンド・エイド

    1984年、エチオピア飢餓救済を目指すバンド・エイドのチャリティーシングル「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」(Do They Know It's Christmas)にボノとアダム・クレイトンが参加。その後、ボノはアフリカ諸国の経済的自立を支援する様々な国際的プロジェクトに関与している。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たロビー・ロバートソン

    シングル「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」(With Or Without You)、「終わりなき旅」(I Still Haven't Found What I'm Looking For)はBillboard Hot 100で1位となり、アルバムは世界的なヒット作品となった。また、ロビー・ロバートソンのソロ・アルバム『ロビー・ロバートソン』にメンバー全員が参加した。1988年にはアメリカツアーのドキュメンタリー映画『魂の叫び』を公開し、同名のアルバムも発表。ボブ・ディランやB.B.キング、ヴァン・ダイク・パークスらが参加した。先行シングルの「ディザイアー」(Desire)は初の全英シングルチャート1位を獲得した。1989年には2度目の日本公演が開催され、スペシャルゲストにB.B.キングを迎えて行われた。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たビートルズ

    1992年、グリーンピースのセラフィールド抗議活動に参加し、放射線防護服を着てビートルズの『4人はアイドル』(Help!)のジャケットを真似るパフォーマンスを行った。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たラリー・マレン・ジュニア

    1976年、アイルランドダブリンのマウント・テンプル高校の掲示板にラリー・マレン・ジュニアがバンドメンバー募集の貼り紙を出した。これを知ったポール・ヒューソン(ボノ)、アダム・クレイトン、エヴァンス兄弟(兄ディック、弟デイヴ(ジ・エッジ))が集まり、5人で活動を始めたのがバンド結成のきっかけである。当初のバンド名は「フィードバック(Feedback)」や「ハイプ(Hype)」を経て、ディックが脱退した1978年に「U2」と決まった。その後、リムリックで行われたLimerick Civic Week Pop '78というタレントコンテストで優勝、1979年にはCBSアイルランドアイルランドと契約して、「Out Of Control」「Stories For Boys」「Boy/Gorl」の3曲入りシングル「スリー」をアイルランド国内で1,000枚限定でリリース(イギリスでのリリースはレコード会社に断られた)し、IREチャートで19位に食い込む。そして1979年?80年にかけてイギリスとアイルランドで精力的にツアーを行った結果、ついにアイランド・レコードと契約を交わした。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たロック・フェスティバル

    2011年、東日本大震災で被災された方々への支援を目的としたコンピレーション・アルバム『ソングス・フォー・ジャパン』(Songs For Japan)へ「ウォーク・オン」(Walk On)を提供する。6月、ボノとジ・エッジが音楽を担当したブロードウェイ・ミュージカル『スパイダーマン:ターン・オフ・ザ・ダーク』(Spider-Man: Turn Off The Dark)が公開された。また、前年にボノの負傷により出演キャンセルしたイギリスのロック・フェスティバル『グラストンベリー・フェスティバル』にヘッドライナーとして出演した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たiPod

    2004年にはアルバム『原子爆弾解体新書〜ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』(How To Dismantle An Atomic Bomb)を発表。プロデューサーにスティーブ・リリーホワイトが復帰した。先行シングルの「ヴァーティゴ」(Vertigo)はアップル「iPod」CMソング起用され、全英シングルチャート1位となった。また、iTunes Store限定で『ザ・コンプリート・U2』(The Complete U2)が音楽配信された。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たグリーンピース (NGO)

    1992年、グリーンピースのセラフィールド抗議活動に参加し、放射線防護服を着てビートルズの『4人はアイドル』(Help!)のジャケットを真似るパフォーマンスを行った。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見た音楽配信

    2004年にはアルバム『原子爆弾解体新書〜ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』(How To Dismantle An Atomic Bomb)を発表。プロデューサーにスティーブ・リリーホワイトが復帰した。先行シングルの「ヴァーティゴ」(Vertigo)はアップル「iPod」CMソング起用され、全英シングルチャート1位となった。また、iTunes Store限定で『ザ・コンプリート・U2』(The Complete U2)が音楽配信された。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たカリフォルニア州

    9月、カリフォルニア州クパチーノで開かれたアップルのイベントにメンバーが登場し、アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』(Songs of Innocence)を全世界のiTunes Store利用者に無料配信することが発表された。5億人とも言われるユーザーに配信されたが、突如ライブラリに追加される仕組みにはユーザーの混乱を招き苦情もあったため、アップル側が削除ツールを公開する対策を講じた。無料配信された10月中旬までにおよそ8,100万人のユーザーがストリーミングし、およそ1,600万人のユーザーがダウンロードしたとされている。10月にはCD盤が発表された。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見た日本ゴールドディスク大賞

    第2回日本ゴールドディスク大賞【洋楽】「ザ・ベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤー」ロック・フォーク(グループ)部門(『ヨシュア・トゥリー』)U2 フレッシュアイペディアより)

182件中 31 - 40件表示

「U2」のニューストピックワード