146件中 41 - 50件表示
  • U2

    U2から見たB.B.キング

    アンビエントの重要人物であるイーノとラノワの師弟コンビと交わることで、音楽性は内省的な方向へ深化した。また、アメリカのルーツ・ミュージックに傾倒し、ロックの源流であるブルースやゴスペル、ソウルなどブラック・ミュージックの要素を積極的に取り入れた。『魂の叫び』には、ボブ・ディランやB\.B\.キング、ヴァン・ダイク・パークスらが参加し、B.B.キングとはツアーでも共演した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たアントン・コービン

    アントン・コービン - 写真家・映像作家。『WAR(闘)』以降のジャケット写真を撮影している。写真集やPVも手がけるなど、ビジュアル面での貢献が大きい。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たラリー・マレン・ジュニア

    ラリー・マレン・ジュニア (Lawrence Joseph Mullen, Jr.、1961年10月31日 - ) - ドラムスU2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見た北大西洋条約機構

    「ZOO TV TOUR」でボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下のサラエヴォを衛星中継し、包囲された市民の惨状を観客に伝えた。ビル・カーター制作のドキュメンタリー番組『Miss Sarajevo』を元に、ルチアーノ・パヴァロッティとの共演で同名のシングルを発表(「パッセンジャーズ」名義)。停戦合意後の1997年には、NATO平和維持軍監視下のサラエヴォで「POPMART TOUR」を開催し、入場料収入全額をボスニアの戦争孤児支援基金「ウォー・チャイルド」へ寄付した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たアメリカ同時多発テロ事件

    2002年の第36回スーパーボウルのハーフタイムショーで、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件の犠牲者全員の氏名をスクリーンに映し、追悼の意を表した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たフォーブス (雑誌)

    2005年にロックの殿堂入りを果たし、「Vertigo Tour」が同年のコンサート収益1位を記録、2011年6月、米経済誌フォーブス誌が「世界中で最も稼いでいるミュージシャン」を発表し、1億9,500万ドル(日本円で約156億円)を稼いでトップになった。この収入は2年間で7億ドルを越えているワールド・スタジアム・ツアーの売上が大きく貢献しているという。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見た後天性免疫不全症候群

    音楽による社会問題提起に熱心であり、宗教紛争や反核、人権、薬物依存症などについてメッセージ性の強い曲を発表している。また、アフリカの発展途上国やエイズ問題などへのチャリティー活動にも積極的に参加している。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たスーパーボウル

    2002年の第36回スーパーボウルのハーフタイムショーで、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件の犠牲者全員の氏名をスクリーンに映し、追悼の意を表した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たグリーンピース (NGO)

    1992年にグリーンピースのセラフィールド抗議活動に参加し、放射線防護服を着てビートルズの『4人はアイドル』(原題:Help!)のジャケットを真似るパフォーマンスを行った。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見た音楽配信

    インターネット経由の音楽配信に積極的な姿勢を持ち、2004年発売のアルバム『ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』からのシングル「Vertigo」がiPodのCMソングに起用された、また、"iPod U2 Special Edition"も発売された。U2 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「U2」のニューストピックワード