146件中 71 - 80件表示
  • U2

    U2から見たエチオピア

    1984年、エチオピア飢餓救済を目指すバンド・エイドのチャリティーシングル「Do They Know It's Christmas」にボノとアダムが参加。1985年にはライヴエイドに出演する。その後、ボノはアフリカ諸国の経済的自立を支援する様々な国際的プロジェクトに関与している。2005年にはボブ・ゲルドフらとLIVE 8開催に貢献し、ステージではポール・マッカートニーと共演した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たアイランド・レコード

    1976年、ダブリンのマウント・テンプル高校の掲示板にラリー・マレン・ジュニアがバンドメンバー募集の貼り紙を出した。これを知ったポール・ヒューソン(ボノ)、アダム・クレイトン、エヴァンス兄弟(兄ディック、弟デイヴ(ジ・エッジ)が集まり、5人でアマチュア活動を始める。バンド名は「フィードバック(Feedback)」や「ハイプ(Hype)」を経て、ディック脱退後の1978年に「U2」と決まった。地元のタレントコンテストで優勝し、CBSアイルランドと契約。1979年に限定シングル『U2:3』でデビューする。アイルランド国内で人気を得て、1980年にアイランド・レコードと契約を結びメジャーデビューを果たす。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たカメオ出演

    スティーヴン・ドーフ - 俳優。映画『魂の叫び』を監督したフィル・ジョアノーの映画『ウィズアウト・ユー』(原題:Entropy)でU2のPV監督という主人公を演じる。劇中では「POPMART TOUR」の模様が映り、ボノとラリーが本人役でカメオ出演している。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たポストパンク

    荒削りな演奏とボノの熱唱に乗せて、社会問題や宗教観をストレートに表現する姿勢は、当時のポストパンク(ニュー・ウェイヴ)世代の中では異彩を放っていた。この期間のレコードジャケットには、上半身裸の少年(ヴァージン・プルーンズのメンバーでボノの友人だったグッギの弟であるピーター・ローウェン)の写真が使われている。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たソウル (音楽)

    アンビエントの重要人物であるイーノとラノワの師弟コンビと交わることで、音楽性は内省的な方向へ深化した。また、アメリカのルーツ・ミュージックに傾倒し、ロックの源流であるブルースやゴスペル、ソウルなどブラック・ミュージックの要素を積極的に取り入れた。『魂の叫び』には、ボブ・ディランやB.B.キング、ヴァン・ダイク・パークスらが参加し、B.B.キングとはツアーでも共演した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たアクトン・ベイビー

    東西ドイツ統一の自由と混沌に満ちたベルリンで制作したアルバム『アクトン・ベイビー』(1991年)から、バンドのスタイルは前衛的な方向へ一変する。1993年の『ZOOROPA』、1997年の『ポップ』とビッグ・ビート路線を突き進み、大掛かりなセットを組んだスタジアムツアーも話題をさらった。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たバットマン フォーエヴァー

    「Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me」 - 映画『バットマン フォーエヴァー』主題歌。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たバラク・オバマ大統領就任式

    バラク・オバマは民主党予備選や大統領指名受諾演説でU2の曲を使用。2009年1月、U2はオバマの大統領就任式祝賀コンサートに出演し、キング牧師が「I Have a Dream」の演説を行ったリンカーン記念館でキング牧師へのトリビュートソング「プライド」と「シティ・オブ・ブラインディング・ライツ」を演奏した。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たHi-NRG

    バンド初期のころは、ポップ・ミュージックを毛嫌いしており「聞くに値しない」と考えていた。そのためペット・ショップ・ボーイズがU2の代表曲である『Where the streets have no name』をハウス調(Hi-NRG調、ユーロビート調)にしてカバーしたときは激怒し、両者の関係が悪化してしまった。しかし1990年代に入ると、ハウスやシンセミュージック、ついにはポップ・ミュージックまでも積極的に取り込んでいく。自身のアルバムに『POP』と名付け、ペット・ショップ・ボーイズとも和解。ライブではABBAのメンバーと共演し、『Dancing Queen』をカバーするまでになった。U2 フレッシュアイペディアより)

  • U2

    U2から見たライヴエイド

    新たにブライアン・イーノとダニエル・ラノワをプロデューサに迎え、1984年に『焔』を発表。1985年にはライヴエイドに出演。1987年の次作『ヨシュア・トゥリー』が全英・全米ヒットチャートを制覇し、グラミー賞最優秀アルバム賞に選ばれるなど、世界的スーパーバンドとして認められる。1988年には、アメリカツアーのドキュメンタリー映画『魂の叫び』を公開し、同名のアルバムもリリースした。U2 フレッシュアイペディアより)

146件中 71 - 80件表示

「U2」のニューストピックワード