1044件中 21 - 30件表示
  • ピーター・ベアズリー

    ピーター・ベアズリーから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    1993年7月16日、かつて名コンビを組んだキーガンが監督を務めるニューカッスル・Uに6年ぶりに復帰した。移籍金は150万ポンド。ニューカッスル・Uは1992-93シーズンにファーストディヴィジョン(当時2部)で優勝してプレミアリーグ(1部)昇格を決めており、1993-94シーズンは3位となってUEFAカップ出場権を獲得した。ベアズリーは公式戦計25得点を挙げ、前線でコンビを組むアンディ・コールはクラブ記録となる公式戦計41得点を挙げた。さらにニューカッスル・Uで4年間プレーし、1995-96シーズンはプレミアリーグのタイトルをほとんど手中に収めたと思われたが、最終的にマンチェスター・Uにかっさらわれた。2度目の在籍期間中には157試合に出場して56得点を挙げており、最初の在籍期間と合わせるとニューカッスル・Uでは計321試合に出場して117得点を挙げた。2.74試合に1得点というなかなかの得点率を誇っているが、ベアズリーはゴールスコアラーというよりもパスの供給者とみなされており、とりわけ、アラン・シアラーが加入した1996-97シーズンにはミッドフィールダーに転向した。このニューカッスル・U在籍時がキャリアにおけるピークであるとされている。ピーター・ベアズリー フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・マンチーニ

    ロベルト・マンチーニから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ロベルト・マンチーニ(Roberto Mancini, 1964年11月27日 - )は、イタリア・アンコーナ県イェージ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。プレミアリーグ・マンチェスター・シティFC監督。現役時代のポジションはミッドフィールダーまたはフォワード。息子のフィリッポ・マンチーニも元プロサッカー選手。ロベルト・マンチーニ フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・キーオ

    アンディ・キーオから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ウルブスでは、2009年にプレミアリーグ昇格へ貢献したが、トップクラスのカテゴリーでは、インパクトを与えることが出来なかった。その後、下部リーグの様々なクラブをレンタルで過ごし、2012年にミルウォールFCへ完全移籍で加入した。アンディ・キーオ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・エンリケ

    ホセ・エンリケから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ホセ・エンリケ・サンチェス・ディアス(José Enrique Sánchez Díaz, 1986年1月23日 - )は、スペイン・バレンシア出身のサッカー選手。ポジションはDF。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。左サイドバックだが、センターバックもこなす柔軟さを兼ね備えている。ホセ・エンリケ フレッシュアイペディアより)

  • マージーサイド・ダービー

    マージーサイド・ダービーから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    1962-63シーズン以降は途切れることなくトップリーグ(ファーストディヴィジョン、プレミアリーグ)でダービーが行われており、これはイングランドのダービーにおいて最長の記録である。リヴァプールの多くの家族にはエヴァートンとリヴァプール双方のサポーターがいたことから、このダービーは伝統的にフレンドリー・ダービー(the friendly derby)という名前で知られていた。マージーサイド州が設置される19年前の1955年、少なくともひとつの全国紙がマージーサイド・ダービーという名称を使用した。地元では単にザ・ダービー(the derby)と呼ばれている。マージーサイド・ダービーは、両クラブのサポーターの隔離が行われない数少ないダービーのひとつである。家族間や友人間で応援するクラブが異なることも多く、エヴァートンサポーターとリヴァプールサポーターが隣同士に座って応援することも珍しくない。1984年にウェンブリーで行われたフットボールリーグカップ決勝では、スタジアムのほとんどすべての区域で両クラブのサポーターが混ざり合い、「Merseyside, Merseyside」「Are you watching Manchester?」というチャントを歌う奇妙な光景が見られた。しかし、1980年代中盤以降は、グラウンド内外でライバル意識が高まり、プレミアリーグ発足以降は他の試合よりも多くのレッドカードが提示される試合となった。現在では「プレミアリーグで最も乱雑で危険な試合」とみなされている。マージーサイド・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN★AGE

    GOLDEN★AGEから見たFAプレミアリーグプレミアリーグ

    中学3年生の時、イギリスのFAプレミアリーグ・ニューカッスル・ユナイテッドのスカウトを受け、卒業後に渡英。16歳でリーグ初ゴールを決める活躍をして、日本代表に選出。親善試合のために帰国した時に唯と再会した。GOLDEN★AGE フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たプレミアリーグプレミアリーグ

    チェルシーがPK戦の末にバイエルン・ミュンヘンを破ってUEFAチャンピオンズリーグ初優勝を果たし、2012年8月にモナコで開催される2012 UEFAスーパーカップの出場権、及び2012年12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ2012の出場権を獲得した。また、国内リーグでは今季6位に終わり来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかったチェルシーは、この優勝により前年優勝クラブ枠で来季もチャンピオンズリーグに出場可能となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス(Fernando José Torres Sanz, 1984年3月20日 - )は、スペイン・フエンラブラダ出身のサッカー選手。イングランド・プレミアリーグのチェルシーFC所属。スペイン代表。ポジションはフォワード。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・マクリーシュ

    アレックス・マクリーシュから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    1994年、マザーウェルFCの監督に就任して指導者の道を歩み始め、レンジャーズFC監督時代には2度のスコティッシュ・プレミアリーグ優勝と計5度のスコティッシュ・カップ / スコティッシュ・リーグカップ優勝を果たした。2007年、UEFA EURO 2008予選を戦っている最中のスコットランド代表監督に就任したが、あと一歩のところでUEFA EURO 2008本大会出場を逃し、予選終了後の同年11月に退任。その後すぐ、イングランド・プレミアリーグのバーミンガム・シティFC監督に就任した。バーミンガムは2007-08シーズン終了後にフットボールリーグ・チャンピオンシップ降格となったが、2008-09シーズン終了後にプレミアリーグ返り咲きを決めた。2010-11シーズンにはフットボールリーグカップで優勝したが、再びチャンピオンシップ降格となった。降格決定後にバーミンガム監督を辞任し、ライバルのアストン・ヴィラFC監督に就任。マクリーシュはバーミンガムから直接アストン・ヴィラの監督に就任した初の監督となり、両クラブで指揮経験のある2人目(1人目はロン・サウンダース)の監督となった。2011-12シーズンはかろうじて降格を回避する順位に終わり、シーズン終了後に解任された。スコットランドのサッカー界に対する顕著な功績が認められ、2008年にアバディーン大学の名誉博士号を授与された。アレックス・マクリーシュ フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ・チャンピオンシップ

    フットボールリーグ・チャンピオンシップから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    フットボールリーグ・チャンピオンシップ(Football League Championship、スポンサー名を冠する場合は、Npower Championship)は、イングランドのプロサッカーリーグのディビジョンのひとつで、最上位であるプレミアリーグの一つ下のディビジョンである。また、フットボールリーグの中では、最上位に位置している。(実質2部相当)フットボールリーグ・チャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

1044件中 21 - 30件表示