前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示
  • SonicStage Mastering Studio

    SonicStage Mastering Studioから見たVAIOVAIO

    ソニー株式会社製パーソナルコンピュータ(VAIOシリーズ)とリニアPCMレコーダー(PCM-D50・Recorder Edition)のみに付属するソフトウェアで販売、配布などは行われていない。略してSSMSまたはSSMSREとも記す。ソニーの方針変更により、事実上の開発終了が宣言された。以後は、同社のPCMレコーダーPCM-D50へのバンドル向けの再調整に伴う小規模のアップデートが行われたのみである。2.4.01と2.4.03がその例である。SonicStage Mastering Studio フレッシュアイペディアより)

  • SonicStage

    SonicStageから見たVAIOVAIO

    SonicStageの原型は1999年12月21日発売のメモリースティックウォークマン「NW-MS7」に付属されていたOpenMG Jukeboxである。同製品は当時新開発されたコーデック、ATRAC3を唯一の対応フォーマット(以降2003年頃までのネットワークウォークマンはNW-E7/NW-E10を除きすべてATRAC系コーデックのみの対応)としていたため、楽曲の管理、メモリースティックへの転送及び既存のMP3ファイルのATRAC3への変換機能を備えたソフトウェア群としてリリースされた。翌2000年からは同社製PCのVAIOの一部機種にもプリインストール及び一部他社製のOpenMG機器にも付属されるようになった。SonicStage フレッシュアイペディアより)

  • ソニー

    ソニーから見たVAIOVAIO

    1996年 (平成8年)、「VAIO」ブランドでパソコンに再度参入する。また携帯電話会社に対して携帯電話端末の供給を行っていたが、2001年 (平成13年)にはエリクソン社と合弁でソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズを設立し携帯電話端末の開発・販売を行うことにした。ソニー フレッシュアイペディアより)

  • ソニーマーケティング

    ソニーマーケティングから見たVAIOVAIO

    2001年よりVAIOのCTO販売が開始され、2005年にBTO販売の「VAIOオーナーメイド」へ発展させた。ソニースタイルへの直接注文とは別にソニーマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • VAIO Phone

    VAIO Phoneから見たVAIOVAIO

    VAIO Phoneは、日本通信とVAIOが商品企画を行い、製造及び開発はODMによりクアンタ・コンピュータが行っている。日本通信から販売予定の端末となる。VAIO Phone フレッシュアイペディアより)

  • コクーン (チャンネルサーバー)

    コクーン (チャンネルサーバー)から見たVAIOVAIO

    CSV-EX11:2003年11月1日発売の最終モデル。HDDは500GBである。同社のパソコンであるVAIOを使ってDVDに録画番組を移すこともできる。コクーン (チャンネルサーバー) フレッシュアイペディアより)

  • クロスメディアバー

    クロスメディアバーから見たVAIOVAIO

    クロスメディアバー () とは、ソニーが採用しているユーザインタフェースの一つ。アイコンの横方向と縦方向の列で、操作が分かれる。横はカテゴリ、縦はその内容(ただしVAIOは構造が異なる)を表す。元々PSX向けに開発・採用された。クロスメディアバー フレッシュアイペディアより)

  • さぱり

    さぱりから見たVAIOVAIO

    一時期、同社のパソコンVAIOシリーズに専用ブラウザがプリインストールされており、利用料も無料であったためVAIOユーザーを中心に多くの利用者がいたが、サービスの有料化、VAIOへのプリインストールの中止等により利用者が減少し、2003年1月31日、サービスが終了された。さぱり フレッシュアイペディアより)

  • ATRAC

    ATRACから見たVAIOVAIO

    ATRAC3plusへ初めて対応したソフトウェアは、バイオの2002年秋モデルにプリインストールされたSonicStage Ver.1.5である。当初は64kbps、48kbpsの2モードに対応し、ATRAC3の3モードよりも高圧縮・低音質の用途に振られていたが、Ver.2.0からは256kbps、Ver.3.2では320kbps、192kbps、160kbps、128kbps、96kbps、Ver.3.4では352kbpsが追加され、ATRAC3 132kbpsよりさらに高音質なモードを含む、幅広い用途をカバーするようになった。ATRAC フレッシュアイペディアより)

  • nasne

    nasneから見たVAIOVAIO

    地上・BS・110度CSの3波に対応したデジタルチューナー(データ放送・ラジオ放送は非対応)と500GBまたは1TBのハードディスクを内蔵し、ネットワークを介する形でPlayStation 3(PS3)、PlayStation Vita(PS Vita)、またはVAIO・その他PCを使ってテレビの視聴や録画・再生を可能とする。それに加えてDLNAとDTCP-IP対応のメディアサーバとしても機能するため、録画した番組コンテンツはPS VitaやSony Tablet S・P/Xperia Tablet S、Xperiaでも視聴が可能である。システムソフトウェアのアップデートでDLNA対応機種ではnasneに保存した画像や音楽、動画の再生が可能となる。nasne フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示

「VAIO」のニューストピックワード