124件中 11 - 20件表示
  • Blu-ray Disc

    Blu-ray Discから見たVAIOVAIO

    ソニーは6月下旬に業界初のBDドライブ搭載のノートパソコン「VAIO type Aシリーズ」とデスクトップパソコン「VAIO type Rシリーズ」を発売した。BDドライブはBD-ROMの再生とBD-R、REのSL/DLの記録再生が可能。デジタル放送のBD-REへのムーブとBD-AV形式のディスクを製作可能。BDドライブの詳細はパナソニック製ドライブを参照。富士通・エプソンダイレクトも松下電器製BDドライブ搭載のパソコンを発売した。Blu-ray Disc フレッシュアイペディアより)

  • FMV

    FMVから見たVAIOVAIO

    Windows98が発売される頃までは、FMV-DESKPOWERとビジネス向けFMVとでハードウェアデザインは筐体含めて共通化を行っていたが、SONYのVAIOシリーズによるPC/AT互換機市場への参戦等でユーザ嗜好の多様化や、PCのデザイン性が売上げへの重要なファクターとなり、次第にコンシューマ向けDESKPOWERは、独自の筐体・デザインとなりビジネス向けFMVと分離される。一方のビジネス向けのデスクトップPCブランドは「FMV-DESKTOP」といい、次第にコンパクト筐体がメインとなりながらも、他メーカーは既にやめてしまっているサービスコンセント付電源を採用し続けるなど、堅牢な企業向けPCとして現在もラインナップが展開されている。FMV フレッシュアイペディアより)

  • RIP SLYME

    RIP SLYMEから見たVAIOVAIO

    未発表曲、「I・N・G」でVAIOとコラボした。このCMは「I・N・G」のPVから色々なパターンを抽出し、それをそのままCMにしている。RIP SLYME フレッシュアイペディアより)

  • メモリースティック

    メモリースティックから見たVAIOVAIO

    メモリースティックは1997年7月17日にソニーから発表された。ソニーのVAIOセンター、富士通などによる共同開発で、アイワ、オリンパス、カシオ計算機、三洋電機、シャープ、ソニーが発表時から協賛していた。メモリースティック フレッシュアイペディアより)

  • ミニディスク

    ミニディスクから見たVAIOVAIO

    2001年10月以降にソニーから発売されたWindows XP Home Edition搭載ミニタワー型デスクトップPCのVAIOMXシリーズではNet MDドライブが本体に搭載され、2002年に発売されたVAIOノートNVシリーズでは付け外しが可能な「Net MDベイユニット」がオプションもしくは標準装備された。これはPCにリッピングした音楽ファイルをそのままNet MDへ転送(チェックアウト)出来る。当初はチェックアウト回数が一律3回までとなっており、同一ファイルは同時に3台までの機器・MGメモリースティックに転送する事が可能だった。チェックアウト回数を超えて別の機器に転送したい場合はチェックアウト済みの機器からPCへチェックイン(ムーブ)させて、カウント回数を戻す必要があった。2004年発表の「SonicStage2.3」以降のバージョンでは、音楽CDなどからリッピングしたファイルについてはチェックアウト回数の制限が撤廃されている。ミニディスク フレッシュアイペディアより)

  • バイオ (パソコン)

    バイオ (パソコン)から見たVAIOVAIO

    バイオ (パソコン) フレッシュアイペディアより)

  • ボードPC

    ボードPCから見たVAIOVAIO

    代表的なモデルとして、ソニーの「VAIO type L」シリーズや、NECの「VALUESTAR N」シリーズ、富士通の「FMV-DESKPOWER F/A50」などがある。日本国外メーカーの製品としては、ネットトップの延長にあるMSIのAP1900、エイサーのGateway ZX、ASUSのEee Topなどがある。ボードPC フレッシュアイペディアより)

  • URBANO BARONE

    URBANO BARONEから見たVAIOVAIO

    行動的な40代から50代のエルダー層のほか、往年のソニー製品に慣れ親しんだ一部のユーザー層もターゲットとしており、デザイン面でもヒンジ部分に同社のVAIOとの類似点が見られる。高音域の音声を補正する「はっきりモード」の搭載、キーが独立していて押しやすくなっている点が特徴となっている。URBANO BARONE フレッシュアイペディアより)

  • スゴ録

    スゴ録から見たVAIOVAIO

    ソニーは以前はDVD-RAMの存在自体を認めておらず(DVDフォーラムでの-RAM策定に猛反発したことからDVD+RWアライアンスなる団体を結成し、DVD+RWというDVDとは似て非なるものを作り出すに至った)、2006年春モデルまで録画はもちろん、再生すらできなかった。パーソナルコンピューターのVAIOでは先にスーパーマルチドライブを導入したものの、スゴ録が-RAMの再生に対応したのは2006年夏モデルからであった。ただし、2007年11月発売のBlu-ray Discレコーダーも-RAMは再生もできない。スゴ録 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED KING (曲)

    SPEED KING (曲)から見たVAIOVAIO

    マクドナルドの商品「McWrap」と「SPEED KING」のコラボレーション企画で、「Wrap SLYME」(ラップスライム)キャンペーンが実施され、メンバーもCMの最後のナレーション役を務めている。なお、RIP SLYMEは2007年初めにVAIOとMTVとのコラボレーション企画「MTV presents " RIP style VAIO "」CM曲に「I・N・G」が選出され、自身もCM出演を果たしており、また、前作「熱帯夜」も「Coke+iTunesキャンペーン」CM曲に選ばれている。SPEED KING (曲) フレッシュアイペディアより)

124件中 11 - 20件表示

「VAIO」のニューストピックワード