124件中 31 - 40件表示
  • 後藤禎祐

    後藤禎祐から見たVAIOVAIO

    1994年〜2006年にかけては、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売した家庭用ゲーム機「PlayStation」シリーズ(初代PS〜PS3までの据置型機)の本体および周辺機器(コントローラなど)のデザインを手がけている。また、ソニーのパソコンブランドとして1996年に「VAIO」のネーミングおよびロゴデザインを手がけ、さらに翌1997年には「VAIO Note 505」(PCG-505)の本体および周辺機器のデザインも手がけている。なお、VAIOの“VA”は正弦波(アナログ)を、“IO”は2進法の 1 と 0 (デジタル)を表現しており、「アナログとデジタルの融合」がコンセプトとなっている。後藤禎祐 フレッシュアイペディアより)

  • C413S

    C413Sから見たVAIOVAIO

    C406SやNTTドコモのSO503iなど、当時すでに折りたたみ型が増えていたソニーとしては久方ぶりのストレート型端末でもあった。本体色のうちバイオレットは、同じソニーのノートパソコンVAIOの本体色を意識したものと言われており、ソニー本体が開発・製造した最後のau端末でもある。その後、本体ロゴの「SONY」表記はXperia VL SOL21までされなくなる。C413S フレッシュアイペディアより)

  • Digital Transmission Content Protection

    Digital Transmission Content Protectionから見たVAIOVAIO

    VAIO Media plus Ver.1.1以降 (ソニールームリンクに対応したソニー製ブルーレイディスクレコーダーを使う場合)Digital Transmission Content Protection フレッシュアイペディアより)

  • Inter Link

    Inter Linkから見たVAIOVAIO

    製品はミニノートに分類され、ソニーのVAIOと同様、AV仕様パソコンで、ビクター独自の音響再生技術であるCCコンバータをソフトウェア化したものを搭載し音質に力を入れている。デザインはトップカバー中央に (i)とInter Linkの文字。Inter Link フレッシュアイペディアより)

  • リカバリーディスク

    リカバリーディスクから見たVAIOVAIO

    リカバリーディスクはメーカーによって、再発行が得られる場合と得られない場合がある。例えばソニーの場合(リカバリーディスク送付サービス)、事前にオンラインで対応機種の製品登録を行い、ユーザー登録を行わなければ入手できない。ところが法人向けの機種においては、オンラインの製品登録に非対応のためユーザー登録出来ず(法人向けのサポートは個人では利用できない)、当該機種を中古PCとして個人で購入した場合は事実上リカバリーディスクを入手不可能である。リカバリーディスク フレッシュアイペディアより)

  • BeatJam

    BeatJamから見たVAIOVAIO

    RoomStylePlayerやMiniPlayerなど、プレイヤーもバリエーションがある。RoomStylePlayerでは、全画面表示にて、モーショングラフィックと共に音楽を楽しめ、リモコンでの操作も可能である。また、プレイヤー以外にDLNA関連のユーティリティソフトとしての側面も持っており、Beatjam Network ServerではBeatJamをインストールしているパソコンをDLNAのサーバーソフトにできる。ATRACに対応するDLNAサーバーソフトとしては唯一、ソフトが単独で販売されている(もう一つの対応クライアントであるVAIO Mediaは「VAIO」、一部のソニー製オーディオシステムに付属するのみ)。またBeatJam Network PlayerではDLNAクライアントソフトとしてネットワーク上のDLNAサーバーから曲を再生できる。BeatJam フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation 3のシステムソフトウェア

    PlayStation 3のシステムソフトウェアから見たVAIOVAIO

    リモートプレイ設定の機器登録で[パソコン]が選べるようになった。VAIOから、PS3®のリモートプレイができるようになる。 PlayStation 3のシステムソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • ハードディスク・レコーダー

    ハードディスク・レコーダーから見たVAIOVAIO

    2004年11月、6チャンネルを同時に1週間分録画できる「VAIO typeX」を皮切りに、全録型レコーダーという「とりあえず全部録画しておいて後で検索する」新しいタイプの録画機が出始めた。特にPTPが販売しているSPIDER PROは、主にマスコミにおける露出状況をチェックする企業や政治団体が導入、活用されている。ハードディスク・レコーダー フレッシュアイペディアより)

  • A5404S

    A5404Sから見たVAIOVAIO

    発売当時「光る着せ替えケータイ」A1101Sを進化させたような趣の設計と言われたが、その後開発されたA1402S、W21S、A1404Sなどの機種にも基本設計の類似点が多く見られた。本体デザインの方向性が類似しているソニー製ノートパソコン、VAIO PCG-Z1シリーズと共に持ち歩くユーザーもいた。A5404S フレッシュアイペディアより)

  • PlaceEngine

    PlaceEngineから見たVAIOVAIO

    ソニーVAIO XシリーズにPlaceEngine(GPS+Wi-Fiハイブリッド版)を搭載PlaceEngine フレッシュアイペディアより)

124件中 31 - 40件表示

「VAIO」のニューストピックワード