109件中 41 - 50件表示
  • Digital Living Network Alliance

    Digital Living Network Allianceから見たVAIOVAIO

    BRAVIA(液晶テレビ、X1000シリーズ・J5000シリーズ・J3000シリーズ以降)、コクーン(HDDレコーダー)、スゴ録(DVDレコーダー)、VAIO (PC)、NETJUKE(ミニコンポ)、BDZシリーズ(BDレコーダー)、Sony Tablet(タブレット端末)Digital Living Network Alliance フレッシュアイペディアより)

  • ソニーイーエムシーエス

    ソニーイーエムシーエスから見たVAIOVAIO

    一部の商品カテゴリーでは開発から各テックにて行うものもある(パーソナルコンピュータVAIOやデジタルカメラ、カムコーダ製品の一部、モジュールなど)。ソニーイーエムシーエス フレッシュアイペディアより)

  • 森谷雄

    森谷雄から見たVAIOVAIO

    SONY『PerfumeのVAIO Movie Story』(2008年、BSフジ)森谷雄 フレッシュアイペディアより)

  • MacBook Air

    MacBook Airから見たVAIOVAIO

    2004年3月に、前刀禎明がアップル入社試験で面接を受けた際、CEOのスティーブ・ジョブズに対し、VAIOの最薄部9.7mmのノートパソコン「PCG-X505/SP」を取り出し、「日本でMacを売るためにはこのような製品が必要だ」と述べたが、当時のアップルはデスクトップ機と引けを取らないフル機能のiBookとPowerBook G4を販売しており、ジョブズは「拡張性のないノートパソコンはダメ」と否定したという。MacBook Air発表時には、米国で最薄であったVAIO TZシリーズと比較したプレゼンテーションを行い、その薄さをアピールした。MacBook Air フレッシュアイペディアより)

  • 小林翼

    小林翼から見たVAIOVAIO

    ソニー「テレビサイドPC TP1 by VAIO」(2007年5月11日 - ) - 翔太役小林翼 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池の異常発熱問題

    リチウムイオン二次電池の異常発熱問題から見たVAIOVAIO

    問題となったデルとアップルのノートPCでは、日本のノートPCでは採用していない急速充電システムを採用し、短時間充電が出来るようになっている。SEDは微小金属粉の混入と急速充電システムとの組み合わせによりまれに発熱・発火が発生する場合があると主張し、上記二社以外の電池については、きちんとした充放電管理が行われていれば問題はなく、回収の必要はないと過った説明を行った。その後の2006年8月23日、ソニー製ノートPCVAIOが炎上する事故が発生した。この発火原因は不明だが、矢先の事故だけに、SED製リチウムイオン二次電池に対する消費者の不安、不信を増大することとなった。その後、9月29日付け発表で、SEDは消費者の不安払拭のため、該当電池の全数回収を決め、各PCメーカと回収方法の調整に入った。また、一部PCメーカー東芝、富士通、日立では既に自主回収を始めている。更に10月中旬、シャープやソニー自身での回収が発表された。リチウムイオン二次電池の異常発熱問題 フレッシュアイペディアより)

  • スゴ録

    スゴ録から見たVAIOVAIO

    ソニーは以前はDVD-RAMの存在自体を認めておらず(DVDフォーラムでの-RAM策定に猛反発したことからDVD+RWアライアンスなる団体を結成し、DVD+RWというDVDとは似て非なるものを作り出すに至った)、2006年春モデルまで録画はもちろん、再生すらできなかった。パーソナルコンピューターのVAIOでは先にスーパーマルチドライブを導入したものの、スゴ録が-RAMの再生に対応したのは2006年夏モデルからであった。ただし、2007年11月発売のBlu-ray Discレコーダーも-RAMは再生もできない。スゴ録 フレッシュアイペディアより)

  • クロ (どこでもいっしょ)

    クロ (どこでもいっしょ)から見たVAIOVAIO

    2009年以降、「くぎゅっほう」(釘宮理恵が声優を務めるキャラに対して)、「ちひゃあっほう」(『THE IDOLM@STER』の如月千早に対して)「ちわっほい」(『魔界戦記ディスガイア3』のラズベリルに対して)、「みくみくっほう」(初音ミクに対して)「セガセガっほう」(セガが『週刊トロ・ステーション』のカプセルボンボン用に初音ミクの3Dモデリングデータを提供してくれたことに対して)、「うひゃっ砲」(『魔法少女リリカルなのは』の高町なのはに対して。作中で「砲撃魔導師」と設定されていることから)など、アレンジが加わったバージョンの使用が増えている。例外としてはソニーのVAIO typePやtorneなど、物に対してテンションが高まった際に使用された例もある。クロ (どこでもいっしょ) フレッシュアイペディアより)

  • URBANO BARONE

    URBANO BARONEから見たVAIOVAIO

    行動的な40代から50代のエルダー層のほか、往年のソニー製品に慣れ親しんだ一部のユーザー層もターゲットとしており、デザイン面でもヒンジ部分に同社のVAIOとの類似点が見られる。高音域の音声を補正する「はっきりモード」の搭載、キーが独立していて押しやすくなっている点が特徴となっている。URBANO BARONE フレッシュアイペディアより)

  • Bonanza

    Bonanzaから見たVAIOVAIO

    メジャーアップデートされたver.2.0は2006年5月に行われた第16回世界コンピュータ将棋選手権大会にBonanzaとして初出場し、歴戦の将棋ソフトが居並ぶ中で初優勝という鮮烈なデビューを飾る。高性能なワークステーションで参加する者も多い中、Bonanzaは一般向けのノートパソコン(VAIO SZ-90S)、筐体を冷却するのは小型USB扇風機と、低スペックの環境での優勝であった。この赤い扇風機は、後に市販された初回限定版に同梱されるなどBonanzaの象徴となり、後述する竜王との対局でも、Bonanzaのシンボルマークとして筐体の上に設置された(風は送っていない)。既に草創期を脱し強豪ソフトが固定化されてきた中、初出場での優勝、ノートパソコンでの優勝、フリーウェアの優勝という三重の「初づくし」は、コンピュータ将棋界に巨大な衝撃を与えた。Bonanza フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示