前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • VAIO

    VAIOから見たデル

    2005年には、当時のデルがBTO方式で勢力を伸ばしていたのと同等に、ソニースタイルを利用する直販あるいは一部の家電量販店に置いたリアルサイト双方からCTOによる受注生産で販売を行う「VAIOオーナーメイド」の取り扱いを日本の大手メーカーとして初めて開始した。またこの頃から、VAIO事業部門の再構築に伴い、オーナーメイドモデルと市販品の内ハイエンドシリーズ機種の製造およびVAIO製品群の開発拠点は長野県安曇野市にあるソニーイーエムシーエス社長野テックに置かれるようになり、市販モデルのハイエンドではない機種は、台湾の鴻海精密工業の中国にある工場でEMS製造されるようになる。これより、市販モデルは1つのシリーズに対してMicrosoft Officeがプリインストールされた単一製品のみの発売が多くなった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たアドバンスト・マイクロ・デバイセズ

    第二世代VAIOのCPUはほぼインテル製で、AMD製は2004年発売機種で極稀にしか存在しない。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たレノボ

    なお、大手の中にはIBM(現レノボ)のようにビジネス向けモデル偏重の戦略を採るメーカーもある。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たUltrabook

    2012年6月発売の夏モデルより品番が一新され、「Jシリーズ」を除く全モデルで"SV"から始まるようになった。また、VAIO初のUltrabookである「Tシリーズ」が新設された。「Tシリーズ」自体は2010年春の販売終了以来、約2年ぶりに復活した。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見た東レ

    前世代末期の2004年春モデル(1月発売)とはラインナップに大きな変化が見受けられた。デスクトップマシンでは、本体液晶一体型のアナログテレビチューナー搭載のテレビパソコンとして使えるtype V、バイオWの実質的な後継機種のtype M、ハイスペックな本体液晶一体型モデルのtype R、デジタルチューナ内蔵によるテレビ番組の長時間連続録画機能に重点を置き、ハイビジョンテレビとの接続にも対応としたtype Xなどが順次発売。ノートブックマシンでは、バイオノート505 EXTREMEの後継モデルとして、液晶天板に東レ製のカーボンを用いるなどして同機種よりもさらに軽量化(約780グラム)を実現したtype 505 EXTREMEシリーズ(後にアップルが着目しMacBook Airへ繋がったとされる)や、type Rをノートマシン化させたようにも見える高スペックなB4サイズのtype A、バイオTRを継承したB5ワイド液晶のtype Tや、Tのエントリーモデルとされたtype Eなどが発売された。また、それまではホームユーザーを主な利用層としていたVAIOを、法人分野の業務用途に向けてカスタマイズされたモデルの展開が開始された。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たヒューレット・パッカード

    1997年11月に発売された初代VAIO NOTE 505(PCG-505)は、筐体を銀色と薄紫色の二色で塗り分けた、薄型のB5サイズモバイルノートであった。VAIO NOTE 505が最初の薄型ノートだと思われがちだが、1995年に発売された、DEC(現:ヒューレット・パッカード)のDigital HiNote Ultraの方が早い。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たソニー

    VAIO(バイオ)とは、ソニーが販売するPC/AT互換機に準拠しWindowsを搭載したパーソナルコンピュータのシリーズブランドである。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たMicrosoft Office

    デスクトップ製品ではAV機器としての機能を追求し、iLINK端子の搭載によるDVビデオカメラの動画編集や、1999年にマイクロタワー系統の「バイオR」で本格的なテレビチューナキャプチャーボードと操作ソフトのGiga Pocketを搭載し、いち早くビデオパソコンとして売り出した。一方、高価格の要因であるビデオキャプチャやスペックを落としたエントリーモデルの「VAIO J」や、液晶ディスプレイを用いて省スペース化を図った「VAIO L」を発売している。その一方Microsoft Officeをプレインストールしないモデルが他社に比べて多く、Office搭載モデルはミドルレンジ機に多く、市販モデルであっても高性能機はMicrosoft Officeがプリインストールされておらず、自身で好みのOffeceソフトウェアをインストールする必要があった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たWindows 7

    2008年に廉価なネットブックで海外メーカーが隆起すると、価格崩壊を懸念したため同分野の機種発売には消極的であると報じられていた時期もあったが、2009年1月に一般的なネットブックより小型かつ高解像度でIntel Atomプロセッサーを用いた「type P」を発表。それまでのtype Uシリーズよりも大幅に廉価な10万円以下の実勢価格で売り出された。同シリーズは『ポケットスタイルPC』と提唱し、ジーパンの尻ポケットに本体を差し込んで歩く広告が制作されている。さらに、他社のネットブックと同程度のスペックながらVAIOソフトウェアを搭載したエントリーユーザー向けの「VAIOネットブック『Wシリーズ』」が8月に発売。10月のWindows 7の発売時期には「type 505 EXTRIME」や「type P」を凌ぐ薄さと長時間稼働を10万円前後の実勢価格で実現した「VAIO Xシリーズ」が発売された。これらモデルより、シリーズ名称が「type XX」から「XXシリーズ」となる。また、一部のシリーズから品番が新しくなり、ボードPC・ノートPCを問わずすべて"VPC"から始まり、ハイフンがなくなった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たWindows Vista

    同年年の夏・秋冬モデルはIntel Core 2プロセッサーが登場し、2007年春モデルはWindows Vistaへの更新に伴いラインナップが短サイクルで一新されたが、type Tと同等の性能を文庫本大サイズで実現するとともに、指紋認証やBluetooth・無線LANを搭載し、SSDドライブでのゼロスピンドル化にも対応した(オーナーメイドの場合)type Uが注目を浴びた。他にもLet's noteに対抗した軽量で丈夫なビジネスモバイルマシンとしてtype Gが発売されている。VAIO フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「VAIO」のニューストピックワード