67件中 21 - 30件表示
  • VAIO

    VAIOから見たBTO

    2005年には、当時のデルがBTO方式で勢力を伸ばしていたのと同等に、ソニースタイルを利用する直販あるいは一部の家電量販店に置いたリアルサイト双方からCTOによる受注生産で販売を行う「VAIOオーナーメイド」の取り扱いを日本の大手メーカーとして初めて開始した。またこの頃から、VAIO事業部門の再構築に伴い、オーナーメイドモデルと市販品の内ハイエンドシリーズ機種の製造およびVAIO製品群の開発拠点は長野県安曇野市にあるソニーイーエムシーエス社長野テックに置かれるようになり、市販モデルのハイエンドではない機種は、台湾の鴻海精密工業の中国にある工場でEMS製造されるようになる。これより、市販モデルは1つのシリーズに対してMicrosoft Officeがプリインストールされた単一製品のみの発売が多くなった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たIntel Core 2

    同年年の夏・秋冬モデルはIntel Core 2プロセッサーが登場し、2007年春モデルはWindows Vistaへの更新に伴いラインナップが短サイクルで一新されたが、type Tと同等の性能を文庫本大サイズで実現するとともに、指紋認証やBluetooth・無線LANを搭載し、SSDドライブでのゼロスピンドル化にも対応した(オーナーメイドの場合)type Uが注目を浴びた。他にもLet's noteに対抗した軽量で丈夫なビジネスモバイルマシンとしてtype Gが発売されている。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たPC/AT互換機

    VAIO(バイオ)とは、ソニーが販売するPC/AT互換機に準拠しWindowsを搭載したパーソナルコンピュータのシリーズブランドである。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見た頭字語

    「Video Audio Integrated Operation」の頭字語とされ、AV機能を重視している。2008年7月には「Visual Audio Intelligent Organizer」と再定義された。シリーズとして、デスクトップ型、ノート型、PDA型が販売された。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見た中華人民共和国

    2010年1月発売の春モデルより、シリーズ名が「XXシリーズ」となる。新系統のモデルとして、NシリーズとFシリーズの中間レベルのB4ワイドノート「Eシリーズ」と、Sシリーズとほぼ同等の外観ながら光学ドライブを省いて(1スピンドル)省電力化を徹底した「Yシリーズ」、先代のtype Zのスペックをより昇華した「Zシリーズ」が注目されている。この春モデルでの店舗市販用のSシリーズ機種(VAIOオーダーメイドモデルは除く)については、EMS (製造業)によって中国で製造されたにも関わらず、本体銘板部分のステッカーには原産国表示を事実と異なる「MADE IN JAPAN」としていた(正しくは「MADE IN CHINA」)。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たフォトレタッチ

    2007年5月16日の決算発表会で、PC用ディスプレイと標準型デスクトップの終息が発表された。今後は付加価値があり差別化が図れるtype R Masterやtype X Living、もしくはTV side PC TP1(以上生産終了済)、フルハイビジョン映像の編集や高解像度画像のフォトレタッチに耐えうるハイスペックなCPU(Intel Core 2)・GPUに大型ワイド液晶を搭載したノートタイプのtype Aとtype F、かつてのtype VやバイオWの本体液晶一体型のテレパソを継承しつつも「ボードPC」として一定の可搬性を持たせたtype LなどのAV志向の強い製品に注力していった。実際に、第二世代VAIOでの中心コンセプトとされた「Do VAIO」はなくなるなど、第二世代VAIOとは違った展開を見せている。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たMacBook Air

    前世代末期の2004年春モデル(1月発売)とはラインナップに大きな変化が見受けられた。デスクトップマシンでは、本体液晶一体型のアナログテレビチューナー搭載のテレビパソコンとして使えるtype V、バイオWの実質的な後継機種のtype M、ハイスペックな本体液晶一体型モデルのtype R、デジタルチューナ内蔵によるテレビ番組の長時間連続録画機能に重点を置き、ハイビジョンテレビとの接続にも対応としたtype Xなどが順次発売。ノートブックマシンでは、バイオノート505 EXTREMEの後継モデルとして、液晶天板に東レ製のカーボンを用いるなどして同機種よりもさらに軽量化(約780グラム)を実現したtype 505 EXTREMEシリーズ(後にアップルが着目しMacBook Airへ繋がったとされる)や、type Rをノートマシン化させたようにも見える高スペックなB4サイズのtype A、バイオTRを継承したB5ワイド液晶のtype Tや、Tのエントリーモデルとされたtype Eなどが発売された。また、それまではホームユーザーを主な利用層としていたVAIOを、法人分野の業務用途に向けてカスタマイズされたモデルの展開が開始された。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たIntel Core

    2006年にはIntel Coreプロセッサーを搭載した新系統モデルが発表され、2つのGPUを用途に応じて切り替え可能なハイブリッドグラフィックス機能とExpressCardスロットをVAIOで初めて搭載したパワーユーザー向けのtype Sと、マグネシウム合金を用いて軽量化したtype SZ、ワンセグチューナーを搭載し、本体HDDに録画も可能なtype Tなどが発売された。これらはオーナーメイドモデルに限って液晶天板をtype505 EXTREMEよりも材質が進化したプレミアムカーボンによるものが選択できる。HDV方式で撮影・録画された動画編集にも耐えうるハイスペックを誇るセパレート(本体・ディスプレイ分離)型のデスクトップマシンtype R masterは、ディスプレイ同梱版で実売価格40万円程度と、前代のマイクロタワーやRX並の高価格モデルとして売り出された。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見た家電量販店

    2005年には、当時のデルがBTO方式で勢力を伸ばしていたのと同等に、ソニースタイルを利用する直販あるいは一部の家電量販店に置いたリアルサイト双方からCTOによる受注生産で販売を行う「VAIOオーナーメイド」の取り扱いを日本の大手メーカーとして初めて開始した。またこの頃から、VAIO事業部門の再構築に伴い、オーナーメイドモデルと市販品の内ハイエンドシリーズ機種の製造およびVAIO製品群の開発拠点は長野県安曇野市にあるソニーイーエムシーエス社長野テックに置かれるようになり、市販モデルのハイエンドではない機種は、台湾の鴻海精密工業の中国にある工場でEMS製造されるようになる。これより、市販モデルは1つのシリーズに対してMicrosoft Officeがプリインストールされた単一製品のみの発売が多くなった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見た放送

    ソニーは元々業務用機器に強いメーカーではあるが(放送分野等)、ベーシックな性能のみが求められコスト競争も厳しいビジネスPCには消極的だった。近年Let's noteのようなPCがビジネスPCの中でシェアを伸ばしたこともあり、現在はtype BZやtype Gといったビジネス型をラインアップしている。VAIO フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「VAIO」のニューストピックワード