67件中 41 - 50件表示
  • VAIO

    VAIOから見たDV

    デスクトップ製品ではAV機器としての機能を追求し、iLINK端子の搭載によるDVビデオカメラの動画編集や、1999年にマイクロタワー系統の「バイオR」で本格的なテレビチューナキャプチャーボードと操作ソフトのGiga Pocketを搭載し、いち早くビデオパソコンとして売り出した。一方、高価格の要因であるビデオキャプチャやスペックを落としたエントリーモデルの「VAIO J」や、液晶ディスプレイを用いて省スペース化を図った「VAIO L」を発売している。その一方Microsoft Officeをプレインストールしないモデルが他社に比べて多く、Office搭載モデルはミドルレンジ機に多く、市販モデルであっても高性能機はMicrosoft Officeがプリインストールされておらず、自身で好みのOffeceソフトウェアをインストールする必要があった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見た台湾

    2005年には、当時のデルがBTO方式で勢力を伸ばしていたのと同等に、ソニースタイルを利用する直販あるいは一部の家電量販店に置いたリアルサイト双方からCTOによる受注生産で販売を行う「VAIOオーナーメイド」の取り扱いを日本の大手メーカーとして初めて開始した。またこの頃から、VAIO事業部門の再構築に伴い、オーナーメイドモデルと市販品の内ハイエンドシリーズ機種の製造およびVAIO製品群の開発拠点は長野県安曇野市にあるソニーイーエムシーエス社長野テックに置かれるようになり、市販モデルのハイエンドではない機種は、台湾の鴻海精密工業の中国にある工場でEMS製造されるようになる。これより、市販モデルは1つのシリーズに対してMicrosoft Officeがプリインストールされた単一製品のみの発売が多くなった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たDIGITAL HiNote

    1997年11月に発売された初代VAIO NOTE 505(PCG-505)は、筐体を銀色と薄紫色の二色で塗り分けた、薄型のB5サイズモバイルノートであった。VAIO NOTE 505が最初の薄型ノートだと思われがちだが、1995年に発売された、DEC(現:ヒューレット・パッカード)のDigital HiNote Ultraの方が早い。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たCPU

    第二世代VAIOのCPUはほぼインテル製で、AMD製は2004年発売機種で極稀にしか存在しない。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たオーダーメイド

    ソニーは2005年より、直販サイト「ソニースタイル」や一部の量販店での出張カウンターでオーダーメイド (Built To Order, BTO) での注文を受け付けるようになった。ソニーではこのサービスをVAIO・OWNER・MADE(VAIOオーナーメード)と呼んでいる。CPUやメモリ、ハードディスクドライブなどといったハードウェア仕様から、プリインストールされるソフトウェア、その他周辺機器など自由にカスタマイズできる。また、type Sのプレミアムバージョンやtype Uのゼロスピンドルモデルなどのオーナーメイド限定の製品や構成もある。オーナーメード製品にはメーカーから購入者に宛てた事業本部長の署名入りのメッセージカードが同梱されているVAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たアナログ放送

    前世代末期の2004年春モデル(1月発売)とはラインナップに大きな変化が見受けられた。デスクトップマシンでは、本体液晶一体型のアナログテレビチューナー搭載のテレビパソコンとして使えるtype V、バイオWの実質的な後継機種のtype M、ハイスペックな本体液晶一体型モデルのtype R、デジタルチューナ内蔵によるテレビ番組の長時間連続録画機能に重点を置き、ハイビジョンテレビとの接続にも対応としたtype Xなどが順次発売。ノートブックマシンでは、バイオノート505 EXTREMEの後継モデルとして、液晶天板に東レ製のカーボンを用いるなどして同機種よりもさらに軽量化(約780グラム)を実現したtype 505 EXTREMEシリーズ(後にアップルが着目しMacBook Airへ繋がったとされる)や、type Rをノートマシン化させたようにも見える高スペックなB4サイズのtype A、バイオTRを継承したB5ワイド液晶のtype Tや、Tのエントリーモデルとされたtype Eなどが発売された。また、それまではホームユーザーを主な利用層としていたVAIOを、法人分野の業務用途に向けてカスタマイズされたモデルの展開が開始された。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たアナログ

    "VAIO"のロゴの意匠のうち、VAは正弦波でアナログを意味するとし、IOは1と0でデジタルを意味しているという。VAIOは「アナログとデジタルの融合」というスローガンを掲げている。また、ノートパソコンの電源投入時に再生されるサウンドは、プッシュホンの文字対応(w:Telephone keypad)で "V" "A" "I" "O" を押下したときのDTMF音をモチーフとしている。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たMPEG-1

    単体でも高価格なデバイスであったビデオキャプチャMPEG-1デコーダとCD-Rドライブを搭載し、ビデオ入力端子によるアナログキャプチャとビデオCDの作成が可能であった。当時のPCでは最高レベルのスペックを搭載しており、販売価格は40万円前後であった。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たデジタル

    "VAIO"のロゴの意匠のうち、VAは正弦波でアナログを意味するとし、IOは1と0でデジタルを意味しているという。VAIOは「アナログとデジタルの融合」というスローガンを掲げている。また、ノートパソコンの電源投入時に再生されるサウンドは、プッシュホンの文字対応(w:Telephone keypad)で "V" "A" "I" "O" を押下したときのDTMF音をモチーフとしている。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • VAIO

    VAIOから見たHiTBiT

    HiTBiT ソニーが販売していたパソコンおよびその周辺機器のブランド名。VAIO フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「VAIO」のニューストピックワード

  • この過激な内容をドラマ化って本気か? と思ったが制作陣見たら期待しかない!

  • 北斗 −ある殺人者の回心−

  • 連続ドラマW 北斗 −ある殺人者の回心−