172件中 21 - 30件表示
  • 電子マネー

    電子マネーから見たWAONWAON

    WAON - イオンカード・WAON一体型を除く。電子マネー フレッシュアイペディアより)

  • サンデー (ホームセンター)

    サンデー (ホームセンター)から見たWAONWAON

    10月21日 - 秋田県大仙市のイオン大曲ショッピングセンター(現・イオンモール大曲)内の「大曲店」に電子マネーWAONを導入。サンデー (ホームセンター) フレッシュアイペディアより)

  • イオンマーケット

    イオンマーケットから見たWAONWAON

    4月27日 - 電子マネーである「WAON」が全店で利用可能となり、「イオンカード」はイオングループの特典が受けられるクレジットカードとなる。イオンマーケット フレッシュアイペディアより)

  • コスモ石油

    コスモ石油から見たWAONWAON

    2011年7月以降に発行するカードにはイオングループの電子マネー「WAON」が搭載されており、イオンカード同様カード左下(「―・エコ」は裏面)にワオンが描かれている。ただしクレジットカードは「イオンクレジットマークがあるカード」ではあるが「イオンカード」ではないため、イオンで行われている「お客さま感謝デー」「―わくわくデー」はWAONでないと適用されなかったが、現在では「―感謝デー」は「イオンクレジットマークがある全てのカード」で適用されるためにこのクレジットカードでも適用されるようになった。コスモ石油 フレッシュアイペディアより)

  • ザグザグ

    ザグザグから見たWAONWAON

    後者については、セディナの提携カード事業縮小とザグザグのイオンとの資本提携後も、提携先のイオンクレジットサービス(イオンカード)への変更は2016年現在行われていないが、一方で2012年5月からWAONの決済も対応されるようになった他、レジカウンターにはイオンカード加盟店の表示もある。ザグザグ フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ中部

    マックスバリュ中部から見たWAONWAON

    12月 - 「マックスバリュ」「バリューセンター」「ミセススマート」全店で電子マネーWAONを導入。マックスバリュ中部 フレッシュアイペディアより)

  • ビックカメラ

    ビックカメラから見たWAONWAON

    2012年3月に、日本航空・イオンと共同でJALマイレージバンク機能とWAON機能を追加した「BIC CAMERA JMB WAONカード」を発行開始した。同カードでは、買い物の際のポイントをビックポイントにするか、JALのマイルにするかを選択出来る。ビックカメラ フレッシュアイペディアより)

  • ポスフール

    ポスフールから見たWAONWAON

    2008年(平成20年)4月25日には「イオン名寄ショッピングセンター」の核店舗として「ポスフール名寄店」を開店し、イオングループの電子マネーの「WAON」を導入するなどイオンの傘下入り後はグループへの統合が急速に進められ、2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーのブランド統一の一環としてポスフールも全店イオンへ店名も変更されて店舗名としてのポスフールも消滅してその歴史に終止符を打った。ポスフール フレッシュアイペディアより)

  • ジャスコ

    ジャスコから見たWAONWAON

    当初はイオンリテール・イオン九州・イオン琉球(旧・琉球ジャスコ)の店舗のみに導入されていたが、その後、マックスバリュ地域法人、ハピコム(旧ウエルシア)地域法人、マイカル、イオンマルシェ(イオン)のグループ各社の店舗にも同一のシステムが導入され(マックスバリュ北海道・マックスバリュ東海・マックスバリュ中部・マックスバリュ九州などでは遅れて導入)、イオングループ共通のPOSシステムに発展した(ただし、マイカルやマックスバリュなどPOSターミナル以外は運営会社により若干仕様が異なる場合あり)。また、かつて共通のPOSシステムを導入していなかった店舗でも、WAONをグループ全体で導入出来る様に、順次イオン共通のPOSシステムへの入れ替えが行われていた。また2008年からはWAONのほかの電子マネーとしてSuicaとおサイフケータイクレジットiDの利用も可能となった。ジャスコ フレッシュアイペディアより)

  • ローソン

    ローソンから見たWAONWAON

    ローソンは長らくダイエーが親会社であり、福岡ダイエーホークスの多くの選手がCMに出演していた。しかしダイエー本体は業績悪化に伴い保有するローソン株の多数を商社の三菱商事に売却した。2001年(平成13年)からは三菱商事が30.68%の議決権を有する筆頭株主である。また、2007年(平成19年)5月31日までは登記上の本店が大阪府吹田市豊津町9番1号の旧ダイエーグループ本社ビル(江坂東洋ビル)にあったが、2007年6月1日より東京都品川区に移転した。2016年現在はローソンHMVエンタテイメントやダイエーグループ商品券、OMCカードの取り扱いを行っていたが、ダイエーグループ商品券はダイエーがイオンの完全子会社になったため2015(平成27年)6月末を以って取り扱いを終了した。2015年(平成27年)11月10日には、同年12月よりイオンが展開する電子マネーWAONが利用可能になる事が発表された。既述のように2001年(平成13年)以降ローソンは三菱商事の傘下に入ったが、2016年(平成28年)三菱広報委員会に入会し名実とともに三菱グループの一員となった。これと前後して、ローソンの経営としてもこれまで以上に三菱商事との連携を強化する方針とし、玉塚元一が会長CEOとなり、社長COOに三菱商事出身の竹増貞信が就任(副社長から昇格)し、三菱商事とのパイプ役も担うこととなった(なお、玉塚の前の社長・会長だった新浪剛史も三菱商事出身)。2017年(平成29年)2月に三菱商事の子会社となっている。ローソン フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「WAON」のニューストピックワード