前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示
  • WAON

    WAONから見たミニストップ

    コンビニエンスストア業界においては、イオングループに属するミニストップに加え、2009年10月13日にファミリーマートの全店(西武鉄道との共同展開の「TOMONY」を除く)に、2012年10月末にはポプラグループ全店舗へ導入された。2010年12月にココストアイーストが運営する東北地方・関東地方・沖縄県のココストアに導入された。2015年12月15日にはローソンへも正式に導入された。2016年8月30日にはサークルK・サンクス全店(2016年9月1日以降はサークルKサンクスから商号変更した(2代目)ファミリーマートの運営)で導入された。さらに2017年7月25日より、北海道を中心とするセコマ(セイコーマート)の全1,181店舗(北海道全域および茨城県・埼玉県)でWAONでの店頭決済および現金チャージのサービス導入を開始。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たビックカメラ

    家電量販店においては、2011年11月14日からビックカメラ全店に導入され、次いで、2012年8月7日からエディオンの直営全店及びネバーランド広島本店(エディオン広島本店内)、携帯電話ショップの一部、フランチャイズ店舗の一部(京都府の一部店舗及び沖縄県)に導入された。また、ジョーシンの一部の店舗から利用が始まり、全店で使用可能となった。2013年10月1日からは、コジマとコジマ×ビックカメラの全店にも導入された。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たイオン銀行

    イオン銀行のATMを使い、現金またはイオン銀行口座からの直接チャージが可能(一部対応していないATMもある)。現金チャージは、チャージ額の指定(1,000円単位)や一度のチャージにおける複数枚の紙幣投入が可能で、1,000円分のチャージに5,000円札を投入するなど、設定したチャージ額が投入金額よりも少ない場合はおつりが出る。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たファミリーマート

    コンビニエンスストア業界においては、イオングループに属するミニストップに加え、2009年10月13日にファミリーマートの全店(西武鉄道との共同展開の「TOMONY」を除く)に、2012年10月末にはポプラグループ全店舗へ導入された。2010年12月にココストアイーストが運営する東北地方・関東地方・沖縄県のココストアに導入された。2015年12月15日にはローソンへも正式に導入された。2016年8月30日にはサークルK・サンクス全店(2016年9月1日以降はサークルKサンクスから商号変更した(2代目)ファミリーマートの運営)で導入された。さらに2017年7月25日より、北海道を中心とするセコマ(セイコーマート)の全1,181店舗(北海道全域および茨城県・埼玉県)でWAONでの店頭決済および現金チャージのサービス導入を開始。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たゆうちょ銀行

    三井住友カードWAON(一部のVJAグループ発行分含む)・JP BANK カード WAONはあらかじめ登録してある三井住友カード(VJAグループ)・ゆうちょ銀行の発行するクレジットカードを親カードとしクレジットチャージが可能である。ただし、三井住友カード・ゆうちょ銀行のポイントは付与対象外となる。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たコジマ

    家電量販店においては、2011年11月14日からビックカメラ全店に導入され、次いで、2012年8月7日からエディオンの直営全店及びネバーランド広島本店(エディオン広島本店内)、携帯電話ショップの一部、フランチャイズ店舗の一部(京都府の一部店舗及び沖縄県)に導入された。また、ジョーシンの一部の店舗から利用が始まり、全店で使用可能となった。2013年10月1日からは、コジマコジマ×ビックカメラの全店にも導入された。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たイオンモール

    2012年10月時点で、イオングループの商業施設を中心に多数のグループ企業に導入されている(沿革参照)。イオン、マックスバリュの一部店舗に設置されているセルフレジやイオンモール・イオンショッピングセンター・イオンタウン内に出店している専門店テナントでも一部店舗を除き利用可能。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見た自動販売機

    前述の通り非接触型電子マネーとしては2007年スタートと後発に属するが、2016年2月末時点における普及状況は、累計発行枚数約5,610万枚、利用可能箇所約246,000(うち、自動販売機や宅配便ドライバー端末が約134,000)箇所に上る。また、2015年度の年間利用金額は約2兆592億円となっている。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たiPhone

    FeliCaポート搭載パソコンもしくはPaSoRiを用いて「WAONネットステーション」に接続し、登録してあるイオンカードからのクレジットチャージまたはイオン銀行口座からのチャージが可能。iPhone版「WAONネットステーション」アプリもある(別途WAONカードとBluetooth対応PaSoRiが必要)。WAON フレッシュアイペディアより)

  • WAON

    WAONから見たSuica

    先行して実績を重ねてきた交通系(Suicaなど)、独立系(楽天Edyなど)に対して「流通系」と称される電子マネーの一つで、プラットフォームにはソニーの非接触型ICカード通信技術「FeliCa」が採用されている。WAON フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示

「WAON」のニューストピックワード