前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1470件中 1 - 10件表示
  • プロレス

    プロレスから見たWWEWWE

    WWEを代表とする、台本の存在を公にしているエンターテインメント系団体と、日本の主流である競技性を前面に押し出している団体・興行が存在する。また、女性のプロレスラーの行うプロレスは特に女子プロレスとされ区別される。それ単独での興行は存在しないものの、低身長症のプロレスラーが行うプロレスを「ミゼットプロレス」と呼ぶこともある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • テッド・デビアス

    テッド・デビアスから見たWWEWWE

    WWF(現・WWE)ではミリオンダラー・マン(The Million Dollar Man)のニックネームで活躍した。ウエスト・テキサス州立大学の出身で、ザ・ファンクス、ブルーザー・ブロディ、スタン・ハンセンの後輩にあたる。テッド・デビアス フレッシュアイペディアより)

  • ダリップ・シン

    ダリップ・シンから見たWWEWWE

    ダリップ・シン(Dalip Singh、1972年8月27日 - )は、インド人プロレスラーである。インド・ヒマーチャル・プラデーシュ州出身。新日本プロレスではジャイアント・シン、WWEでグレート・カリのリングネームで活躍している。ダリップ・シン フレッシュアイペディアより)

  • ブルーザー・ブロディ

    ブルーザー・ブロディから見たWWEWWE

    1976年7月、「ブルーザー・ブロディ」に改名してニューヨークのWWWFへ参戦。同年9月4日と10月4日、マディソン・スクエア・ガーデンでブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に連続挑戦。アンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦して知名度を高め、メインイベンターとしての地位を築く。ちなみに当時のWWWFには、同年4月26日に首折り事件を起こしたスタン・ハンセンも共にサーキットしていた。また、当時は新日本プロレスとWWWFの提携が本格的に開始された頃であり、1977年1月に予定されていたアントニオ猪木のMSGにおける対戦相手候補としてハンセンとブロディの名前が挙がったこともある。当時の日本のプロレス専門誌には「一番強い奴とやりたい。サンマルチノの首を折ったハンセンが一番強いかというと、あれは偶発的なものでハンセンの実力じゃないという声もある。どうもブルーザー・ブロディというのが一番骨があるらしい」などという猪木のコメント記事が載っていた。結局、猪木のMSG登場は延期になり、この対戦は幻に終わっている。77年にはWWWFとの提携ルートでハンセンが新日本プロレスに来日しているが、ブロディの新日本登場は実現しなかった。ブルーザー・ブロディ フレッシュアイペディアより)

  • スタン・ハンセン

    スタン・ハンセンから見たWWEWWE

    ウエスト・テキサス州立大学卒業後、プロフットボール球団のボルティモア・コルツ(現インディアナポリス・コルツ)、サンディエゴ・チャージャーズを経て、中学校で教鞭を執った。その頃、旧知のドリー・ファンク・シニアから父親を通じて声がかかり、プロレスにスカウトされた(当時ハンセンは教職の収入面に不満を持っており、スカウトに快諾した)。ファンク道場ではジャンボ鶴田やボブ・バックランドらとともにトレーニングを積んだ。1973年1月1日にプロのレスラーとしてデビュー。1976年4月26日、マディソン・スクエア・ガーデンで当時WWWF世界ヘビー級チャンピオンであったブルーノ・サンマルチノの首を骨折させた事件(実際は後述のとおり、ハンセンがボディスラムを失敗したことによる重度の頸椎捻挫であったが、ウエスタン・ラリアットによるものとして宣伝された)で有名になった。この一件後、ハンセンはサンマルチノとの遺恨劇でWWWFのリングを賑わせるが、以降はクラッシャー(壊し屋)の烙印を押されたために対戦を嫌われ、アメリカでの活躍の機会は少なくなった。スタン・ハンセン フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ピルマン

    ブライアン・ピルマンから見たWWEWWE

    初期のWCWではライトヘビー級のベビーフェイスとして獣神サンダー・ライガーらとタイトルを争い、ヒールターン後はスティーブ・オースチンとのタッグチームで活躍。晩年はWWFにて、ルース・キャノン(The Loose Cannon)の異名を持つサイコパス系ヒールを演じた。ブライアン・ピルマン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ジョーンズ (プロレスラー)

    マイク・ジョーンズ (プロレスラー)から見たWWEWWE

    マイク・ジョーンズ(Mike Jones、1962年6月13日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。テネシー州ナッシュビル出身のアフリカ系アメリカ人。WWEにおけるバージル(Virgil)のリングネームで特に知られる。マイク・ジョーンズ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • レナ・メロ

    レナ・メロから見たWWEWWE

    ニュー・ジェネレーション路線末期からアティテュード路線最盛期のWWF / WWEにて、セイブル(Sable)のリングネームで活躍した。サニーことタミー・リン・シッチと共に、WWEディーヴァの元祖とされている。レナ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ナイト

    デニス・ナイトから見たWWEWWE

    アティテュード路線の黎明期から全盛期にかけてのWWFを主戦場に、ファームボーイ・ギミックのフィニアス・I・ゴッドウィン(Phineas I. Godwinn)や怪奇派のミディオン(Mideon)など、様々なキャラクターを演じた。デニス・ナイト フレッシュアイペディアより)

  • マット・ボーン

    マット・ボーンから見たWWEWWE

    WWEに登場するドインク・ザ・クラウン(Doink the Clown)のオリジナル版として知られる。マット・ボーン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1470件中 1 - 10件表示

「WWE」のニューストピックワード