1865件中 31 - 40件表示
  • マーク・メロ

    マーク・メロから見たWWEWWE

    ジョニー・B・バッド(Johnny B. Badd)のリングネームでも知られ、1990年代のWCWやWWFにおいて、主にヒールのポジションで活動した。WWEディーヴァの元祖とされるセイブルは、彼の元妻である。マーク・メロ フレッシュアイペディアより)

  • ココ・B・ウェア

    ココ・B・ウェアから見たWWEWWE

    全盛時は地元のテネシー地区やWWFを主戦場に活躍。身長173cmという小兵ながら、跳躍力を活かした空中殺法と陽気なキャラクターで子供ファンの支持を集めた。ココ・B・ウェア フレッシュアイペディアより)

  • ペイ・パー・ビュー

    ペイ・パー・ビューから見たWWEWWE

    アメリカではペイ・パー・ビューが総合格闘技、ボクシング、プロレス、コンサート、映画等の放送で利用されているが、近年はUFC、ボクシング、WWEの3つでペイ・パー・ビュー全体総売上げの大半を占めている。1番組の視聴料金は視聴コンテンツによって差が大きく約4ドルから約60ドルである。ペイ・パー・ビュー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ピルマン

    ブライアン・ピルマンから見たWWEWWE

    初期のWCWではライトヘビー級のベビーフェイスとして獣神サンダー・ライガーらとタイトルを争い、ヒールターン後はスティーブ・オースチンとのタッグチームで活躍。晩年はWWFにて、ルース・キャノン(The Loose Cannon)の異名を持つサイコパス系ヒールを演じた。ブライアン・ピルマン フレッシュアイペディアより)

  • NWA (プロレス)

    NWA (プロレス)から見たWWEWWE

    当初、ピンキー・ジョージは、アメリカ中西部地区に限った統一世界王座の構想のもとにNWA結成を呼びかけたが、瞬く間に加盟するプロモーターの数が増え、間もなく発足メンバーの1人であるサム・マソニックに実権を奪われた。以降、1960年代から1970年代にかけては、マソニックのリーダーシップにより黄金期を形成。ボブ・ガイゲル、フリッツ・フォン・エリック、エディ・グラハム、ジム・バーネット、ジム・クロケット・ジュニアなどのプロモーターが繁栄テリトリーを築き、加盟団体はカナダ、メキシコ、日本にまで広がり、フラッグシップ・タイトルのNWA世界ヘビー級王座はプロレス界における世界最高峰の王座とされた。しかし、1980年代前半に入り、ケーブルテレビの普及やオイルショック以降のガソリンの高騰(当時多くのレスラーは現在以上に車で移動していた)、WWFとの興行戦争などにより、低迷する加盟地区が続発、NWAの力も衰退していくことになった。NWA (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ブラックジャック・マリガン

    ブラックジャック・マリガンから見たWWEWWE

    ブラックジャック・マリガン(Blackjack Mulligan、本名:Robert Deroy Windham、1942年11月26日 - 2016年4月7日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。テキサス州スウィートウォーター出身。現役選手時代はカウボーイ・ギミックの大型ラフファイターとして活躍し、NWA、AWA、WWEの各団体で実績を築いた。ブラックジャック・マリガン フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ナイドハート

    ジム・ナイドハートから見たWWEWWE

    1980年代半ばから1990年代にかけて、WWFを主戦場にブレット・ハートとのタッグチーム "ハート・ファウンデーション" などで活躍した。妻はスチュ・ハートの長女エリー・ハート。WWE所属のナタリアことナッティ・ナイドハートは彼の娘である。ジム・ナイドハート フレッシュアイペディアより)

  • バリアント・ブラザーズ

    バリアント・ブラザーズから見たWWEWWE

    ザ・バリアント・ブラザーズ(The Valiant Brothers)は、1974年から1979年にかけて活躍したプロレスのタッグチームである。実際には血縁関係はないが、「兄弟」であることをギミックに、金髪のショーマン派ヒールのユニットとしてWWWF(現・WWE)などで活動した。バリアント・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・スタイナー

    スコット・スタイナーから見たWWEWWE

    スコット・スタイナー(Scott Steiner、本名:Scott Rechsteiner(スコット・レクスタイナー)、1962年6月29日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ミシガン州ベイシティ出身。WCW、WWEなどで活躍した。スコット・スタイナー フレッシュアイペディアより)

  • イワン・コロフ

    イワン・コロフから見たWWEWWE

    1969年の下期よりWWWFに登場。キャプテン・ルー・アルバーノをマネージャーに、ゴリラ・モンスーン、ビクター・リベラ、チーフ・ジェイ・ストロンボー、ドミニク・デヌーチらを下してヒールとしてのステイタスを高め、1971年1月18日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにてブルーノ・サンマルチノを破り、第3代のWWWF世界ヘビー級チャンピオンとなる。翌月の2月8日にペドロ・モラレスに敗れ短命王者に終わったものの、約8年間に渡ってニューヨークの帝王に君臨していたサンマルチノから王座を奪ったことで一躍トップスターの仲間入りを果たした。イワン・コロフ フレッシュアイペディアより)

1865件中 31 - 40件表示
[an error occurred while processing this directive]

「WWE」のニューストピックワード