1470件中 61 - 70件表示
  • チャールズ・ロビンソン (レフェリー)

    チャールズ・ロビンソン (レフェリー)から見たWWEWWE

    チャールズ・ロビンソン(Charles Robinson、1964年7月2日 - )は、WWE所属のレフェリー。ノースカロライナ州シャーロット出身。チャールズ・ロビンソン (レフェリー) フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・フィンレー

    デイブ・フィンレーから見たWWEWWE

    近年はWWEにてディーヴァ担当コーチやロード・エージェントを務めていた。デイブ・フィンレー フレッシュアイペディアより)

  • ルー・アルバーノ

    ルー・アルバーノから見たWWEWWE

    ヒールのプレイング・マネージャーとして知られ、1960年代末から1980年代にかけて、地元ニューヨークのWWF(現・WWE)で活躍した。ルー・アルバーノ フレッシュアイペディアより)

  • J・J・ディロン

    J・J・ディロンから見たWWEWWE

    ヒールの悪徳マネージャーとしての実績で知られ、日本では「極悪仕掛人」の異名を持つ。ブッカー業務などエグゼクティブとしても手腕を発揮し、1990年代はWWFとWCWの両団体で要職を務めた。J・J・ディロン フレッシュアイペディアより)

  • テリー・テイラー

    テリー・テイラーから見たWWEWWE

    ブッカーとしての才能をビンス・マクマホンやダスティ・ローデスに認められ、現役引退後の1995年からはクリエイティブ・スタッフの立場でWWEとWCWを股にかけて活動、マンデー・ナイト・ウォーズが激化していた両団体のバックステージで辣腕を振るった。テリー・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • ミル・マスカラス

    ミル・マスカラスから見たWWEWWE

    また、マディソン・スクエア・ガーデンにおける「覆面レスラーはマスクを脱いで素顔で出場しなければならない」という理不尽な決まりを、1972年12月18日に素顔のザ・スポイラーとの対戦にて破り、初めて覆面を被ったままMSGに登場した人物である。ニューヨークのWWFには1970年代から1990年代にかけて不定期に単発参戦し、1978年には当時のWWWF王者スーパースター・ビリー・グラハムにも挑戦。同年1月23日のMSG定期戦で行われたタイトルマッチでは、ボブ・バックランドがマスカラスのセコンドを務めている。ミル・マスカラス フレッシュアイペディアより)

  • ザ・モンゴルズ

    ザ・モンゴルズから見たWWEWWE

    モンゴリアン・ギミックのヒールとして、ニューヨークのWWWFなどアメリカ北東部やカナダを主戦場に一世を風靡した。ザ・モンゴルズ フレッシュアイペディアより)

  • ブッカー・T (プロレスラー)

    ブッカー・T (プロレスラー)から見たWWEWWE

    WCW、WWE、TNAの各団体において黒人選手のトップスターとして活躍。マイクパフォーマンスにおいても数々の決め台詞が存在する。ブッカー・T (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • マリース・ウエレ

    マリース・ウエレから見たWWEWWE

    マリース・ウエレ(Maryse Ouellet、1983年1月21日 - )は、カナダの女子プロレスラー、ディーヴァ。アメリカ合衆国のプロレス団体WWEに所属していた。ケベック州モントリオール出身のフランス系カナダ人。マリース・ウエレ フレッシュアイペディアより)

  • カマラ (プロレスラー)

    カマラ (プロレスラー)から見たWWEWWE

    1980年代から1990年代にかけて、アフリカの部族ギミックの怪奇派レスラーとして、CWA、WCCW、MSWA、NWA、AWA、WWF、USWA、WCWなどアメリカの各団体で活躍した。日本にもジャイアント・キマラ(Giant Kimala)の名義で度々来日しており、全日本プロレスの常連外国人だったベンジャミン・ピーコックのギミックのオリジナル版として知られている。カマラ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

1470件中 61 - 70件表示

「WWE」のニューストピックワード