357件中 21 - 30件表示
  • WWE

    WWEから見たシェイン・マクマホン

    「WCWオーナー」とされたシェイン・マクマホンを中心に、WWFに合流した旧WCW、ECWの選手たちによってWCW・ECW連合軍(アライアンス)が結成されるも、この抗争はWCWの中核選手不在により振るわずフェードアウトしていく。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たショーン・マイケルズ

    1993年には「MONDAY NIGHT RAW」(後に「RAW IS WAR」「RAW」と改称)の放送を開始。ディーゼル、レイザー・ラモン、ショーン・マイケルズらが台頭してブレットなどと共にニュー・ジェネレーションと呼ばれた。一方、ホーガン、サベージなどかつての団体のスター選手たちの多くはWCWへと移籍してWCWは徐々にWWFに対抗するほどの人気を獲得していった。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たD-ジェネレーションX

    一時期は人気選手の相次ぐ引き抜きやnWoというユニットの大ヒット、無敵のスーパースタービル・ゴールドバーグの大ブレイクなどでWCWがリードし、1996年6月10日から1998年4月13日まで実に83週間連続でナイトロはロウの視聴率を上回った。それに対しWWFは1997年以降、D-Xに代表される悪ふざけやお色気の要素を取り入れたアティテュード(Attitude、態度・感性という意味だが元々不愉快な、ケンカ腰の態度といった意味合いを持つ)路線に切り替え、団体オーナーのビンス・マクマホンとストーン・コールド・スティーブ・オースチンとの抗争で人気を逆転させた(1998年4月13日に二人の初めての直接対決が組まれていた)。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たクリスチャン (プロレスラー)

    WWEで用いられる名称もまた特徴的で、プロレスリングという言葉は一切使われず、「スポーツ・エンターテイメント」という用語が使われる(シナリオの流れは「ソープオペラ(昼ドラマ)」のような、と表現されることが多い)。同様にレスラー達の呼称は男子レスラーが「スーパースター」、女子レスラーが「ディーヴァ」(マネージャーからレスリングまで幅広い活動を行う)に統一されており、プロレスラーという単語は使われない。また、レスリングビジネスに関しても「この業界」(This business)と表現し、レスリングとは別のものであることをアピールしている。観客・ファン・視聴者などを示すものとして「WWEユニバース」という名称が用いられている他、ハルカマニア(ハルク・ホーガン)、ジェリカホリック(クリス・ジェリコ)、エッジヘッド(エッジ)、ピープス(クリスチャン)など特定のスーパースターのファンを指す呼称が存在する。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たザ・プレデター

    UPW出身のスーパースターは、シルベスター・ターカイ、マーティー・ルバルカーダが挙げられる。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た藤波辰爾

    このほか、ビンス・マクマホン・シニア時代のWWWFおよびWWFには、ジャンボ鶴田、アントニオ猪木、坂口征二、藤波辰巳、長州力、初代タイガーマスク、ビンス・マクマホン・ジュニア(現ビンス・マクマホン)の体制期に入ってからはザ・コブラや前田日明などが檜舞台のマディソン・スクエア・ガーデンに出場している。藤波、タイガーマスク、前田は、それぞれWWFを短期間サーキットしていた。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た小林健太

    2011年現在ではスカパー!やケーブルテレビなどのJ SPORTSによる本放送と地上波ローカル局のダイジェスト番組が放送されている。2011年10月1日にはJ SPORTSがBSデジタル放送へ進出したため、WWEの番組の初回放送は全て新生J SPORTS 2となり、また「RAW」の初回放送は毎週金曜日から毎週木曜日に変更になった。映像権などの事情により日本では約10日遅れての放送となる。そのため、ハウス・ショーが日本で行われる際にチャンピオンが違っていたり、日本の放送スケジュール上まだ登場していないスーパースターが試合をすることもある。かつては3週間遅れての放送(例として、2005年2月4日のRAWさいたま大会の場合、米国では2月7日の放送であったのに対し、日本では2月28日に放送された)であったが、WWE Japanがこの3週間の「ディレイ」を短縮するべく交渉し、その結果2009年3月9日より日本でもハイビジョンが開始され、27日の放送より10日遅れの放送に短縮されることが発表された。それに合わせ、これまでRAWの3時間のスペシャル番組は2時間に編集されていたが、そのまま3時間番組として放送されることとなった。2009年7月12日からRAWとSmackDownの新ダイジェスト番組として独立UHF局にて「ディスウィーク」の放送が開始した。2013年3月から現地放送と同じ3時間放送へ移行した。2014年からはRawとSmackdownに関して字幕無しではあるが米国放送に合わせて放送すること(SmackDownについては2時間のディレイ)が発表されたためにNXTは一旦打ち切りとなったが、2014年7月にWWEと契約したヒデオ・イタミの出場に合わせて放送を再開した。しかし2016年1月J SPORTSの再改編でNXTはWWE NETWORKでの配信に完全移行した。また同月よりRAWは2時間版に戻り、Smackdownは8年ぶりにアフターバーンとして放送を継続。なお、J SPORTS 4による字幕無しの放送は継続される。2017年よりDAZNでのライブ配信が開始。土居、斎藤のコンビで放送され、日本語実況が復活している。2017年11月よりJ SPORTSで放送している字幕版の初回放送が変更され、RAWは3日、アフターバーンは6日短縮されることが発表された。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た山本尚史

    ヨシ・タツ(2008年 - 2014年)WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た坂口征二

    このほか、ビンス・マクマホン・シニア時代のWWWFおよびWWFには、ジャンボ鶴田、アントニオ猪木、坂口征二、藤波辰巳、長州力、初代タイガーマスク、ビンス・マクマホン・ジュニア(現ビンス・マクマホン)の体制期に入ってからはザ・コブラや前田日明などが檜舞台のマディソン・スクエア・ガーデンに出場している。藤波、タイガーマスク、前田は、それぞれWWFを短期間サーキットしていた。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たモハメド・アリ

    1985年には歌手のシンディ・ローパーやホーガンと共に、ロッキー3にも出演したアクションスターミスター・TをMTVのプロレス特番に出演させ注目を集めると、同年3月19日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでWrestleManiaを開催。ローパーの他にも元ニューヨーク・ヤンキース監督のビリー・マーチンや元ボクシング世界王者のモハメド・アリ、ショー・ピアニストのリベラーチェらを招き、ホーガンやミスター・Tをメインで戦わせたこのイベントは約2万人の観客を集め、プロレスイベントとしては異例の400万ドルの興行収益をあげた。全米がホーガンを中心としたプロレス・ブームに沸き、この現象はマスコミから「レスリング・ルネッサンス」と称された。さらに2年後のWrestleMania IIIではメインにホーガンvsアンドレ戦を組んでデトロイトのシルバードームに9万3173人の観衆を集め、全米マット界での圧倒的な人気を証明してみせた。WWE フレッシュアイペディアより)

357件中 21 - 30件表示
[an error occurred while processing this directive]

「WWE」のニューストピックワード