310件中 61 - 70件表示
  • WWE

    WWEから見たロブ・ヴァン・ダム

    2006年、Monday Night War時代にハードコア路線でWWF、WCWと興行戦争を行っていたECWがWWE傘下で復活することが決定。2004年に発売されたDVDの売り上げが好調だったのを受けて2005年に開催されたECW One Night Stand以降、ECW人気が再燃したこともあり、6月13日からはレギュラー放送も開始された。Monday Night War時代にECWを率いていたポール・ヘイマンが番組の指揮を執り、ロブ・ヴァン・ダム(RVD)、サブゥー、サンドマン等1990年代の旧ECWの人気選手が参戦したこともあり大きく注目された。しかし、番組復活直後からかつてEC"Fuckin'"Wと評された頃の過激なECWとはまるで違った団体となってしまったことが露呈。旧ECWの名タッグであったダッドリー・ボーイズやライノ、レイヴェンがTNA移籍のため参戦不可となり、人材不足からてこ入れとして旧ECWとは関係の無かったボビー・ラシュリー、ビッグ・ショー、テスト、CMパンク等をメインイベンターとして起用せざるを得なくなる。こういった旧ECWとは関係のないレスラーの起用が旧ECWファンの違和感を誘発させた。エクストリームルールの試合もたまにしか行なわれず、NXTに切り替わる間際の2009年頃にはWWEに初登場する新人のためのデビューの場として、ほとんど若手育成のための番組となってしまい、ある程度芽が出てくるとRAWやSmackDown!へ移籍することが多かった(CMパンク、コフィ・キングストン、エヴァン・ボーンなど)。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たイラク戦争

    政治思想的には共和党支持を掲げており極右色が強く、アメリカのイラク攻撃に賛同し、アメリカ軍の駐屯地へ赴き慰問興行も行っている。アメリカに敵対する国に対する当てつけとして、その国に倣ったギミックの選手がヒールとして登場することも多い。湾岸戦争の際はサージェント・スローターがフセインの友人というギミックで登場し、イラク戦争の際にはイラク攻撃に反対したフランスに対する当てつけとして反米フランス人ギミックのラ・レジスタンスが登場し、数年後には同時多発テロ以降差別に苦しむアラブ系アメリカ人のモハメド・ハッサンが登場した。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た世界自然保護基金

    2001年以前はWWF()またはWWWF()という名称であったが、まったく同じ略称の (世界自然保護基金)に名称の改変を求める訴訟を起こされ敗訴、WWEに改めた(ちなみに現在販売されているオフィシャルなDVD等においては、過去の映像の中で「WWF」の語が発せられた場合、全て「WWE」と訳出されている。マークやロゴの場合はぼかしなどで修正)。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たブーイング

    主役級のスーパースターは善玉(ベビーフェイス)と悪玉(ヒール)がはっきりと色分けされており、悪玉は観客、地域について罵詈雑言を浴びせ、観客はそれに対してブーイングで応えることを楽しんでいるが、アングルにより、ある日突然役割が入れ替わることも珍しくない。しかし最近ではWWE側がベビーフェイスと設定しプッシュの割に至らない所があるスーパースターにブーイングを浴びせることもある(ジョン・シナなど)。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た株式

    1999年より株式を公開(当初はNASDAQ、現在はニューヨーク証券取引所)しているが、株式の約8割をオーナーであるマクマホン・ファミリーと関係者で保持しているために会社の経営権は不動となっている。なお、取引所内で使われる証券コードも WWE である。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たWWE Japan

    多くのライト層の新規ファンを獲得したが、フジテレビが放送を中止した後、ライト層のファンを失ってしまい、2005年、2006年のWWE日本公演(後述)の観客動員数は大幅に減少、結果として2007年の日本公演は見送られたが、2008年1月、日本でのマーケット強化を目的に、日本法人WWE Japanを設立。同社より2008年2月に再び日本公演が開催されることが発表された。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た全日本プロレス

    全日本プロレスに関しては、ジャイアント馬場が全米で武者修行していた頃からマクマホン親子とは旧知の仲ではあったが、新日本プロレスがWWFと提携を結んでいた事もあり、団体同士の交流は無かった。だが、ブルーノ・サンマルチノと馬場が親友同士という事もあり、サンマルチノは馬場との友情関係を理由に新日本への参戦を拒否し、全日本プロレスに出場し続け、PWFとのダブルタイトルマッチとして全日本プロレスのリングでWWWFの防衛戦を実現させている。また、サンマルチノ以外にもゴリラ・モンスーンやドン・デヌーチなどのサンマルチノと親交の深かった当時のWWF所属レスラーたちが全日本プロレスに出場している等、個人的な交流は存在している。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たJ SPORTS

    日本国内でのテレビ放送はJ SPORTSが担当している。また、PPV特番はスカチャン(旧パーフェクト・チョイス)で放送されるが、いずれも約10日遅れでの放映となる。字幕翻訳は株式会社ルミエールが担当しており、ザ・ロックの「ロック様いわく」からのしゃべり出し・エディ・ゲレロの「オイラは〜だっての」口調・ダッドリー・ボーイズの広島弁などレスラーのキャラクター性を強調した字幕は、レスラーの人気獲得にも一役買っている。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たアマチュアレスリング

    登場するスーパースターはレスリングの元金メダリストや義足のスーパースター、また近年デビューするスーパースターは有名レスラーの息子、孫等の二世、三世のスーパースターが増加傾向にある。など、多彩である。しかし生存競争は激しく、怪我による長期休場や他団体による引き抜き、また人気がなくなると二軍落ちや解雇となり出場そのものができなくなる等、長期間連続で出演できるスーパースターは少ない。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見た三村ロンド三村 ロンド

    2004年4月以降は、三村ロンドと「Mrビーフジャーキー」ことブラザートムが担当。WWE フレッシュアイペディアより)

310件中 61 - 70件表示

「WWE」のニューストピックワード