310件中 81 - 90件表示
  • WWE

    WWEから見たゴリラ・モンスーン

    全日本プロレスに関しては、ジャイアント馬場が全米で武者修行していた頃からマクマホン親子とは旧知の仲ではあったが、新日本プロレスがWWFと提携を結んでいた事もあり、団体同士の交流は無かった。だが、ブルーノ・サンマルチノと馬場が親友同士という事もあり、サンマルチノは馬場との友情関係を理由に新日本への参戦を拒否し、全日本プロレスに出場し続け、PWFとのダブルタイトルマッチとして全日本プロレスのリングでWWWFの防衛戦を実現させている。また、サンマルチノ以外にもゴリラ・モンスーンやドン・デヌーチなどのサンマルチノと親交の深かった当時のWWF所属レスラーたちが全日本プロレスに出場している等、個人的な交流は存在している。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たマーク・ロモナコ

    ダッドリー・ボーイズは本当の兄弟ではない。ババ・レイとディーボンは、共にジョニー・ロッズのジムの出身で、実際には兄弟子と弟弟子の関係。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たシッド・ビシャス

    ホーガンがプロレスの現場から離れがちになった1988年から1992年頃はランディ・サベージやアルティメット・ウォリアー、シッド・ジャスティスやジ・アンダーテイカーらが団体の主役の座を担った。また旧NWAから誕生したWCW (World Championship Wrestling) の絶対王者、リック・フレアーの電撃移籍といった事件もあった。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たウェイド・バレット

    アティテュード時代の雄であるオースチンらは特別な回にしか登場しないが、オートン、シナ、エッジ、バティスタ等の新世代が主力となり、90年代から出場しているトリプルH、アンダーテイカー、ショーン・マイケルズ等のベテランの力を借りながら世代交代を着実に進めている。その裏で、ブッカー・T、カート・アングル等トップレスラーの大量離脱やレスラーのドラッグ使用等の課題も多く存在している。また、2005年のエディ・ゲレロ・2007年のクリス・ベノワの死去はWWEに大きなショックを与えた。タフイナフやディーヴァサーチといった育成番組出身のミシェル・マクール、ザ・ミズ、ジョン・モリソンが新たな番組の中心スターとして活躍し、FCW出身者やCMパンク、エヴァン・ボーンやダニエル・ブライアンなどのインディー団体出身者を活用、アルベルト・デル・リオのような格闘技出身者も登場している。シェイマス(アイルランド)、ドリュー・マッキンタイア(スコットランド)、ウェイド・バレット(イングランド)、メイソン・ライアン(ウェールズ)など英国圏出身のスーパースターの台頭も著しい。また、コーディ・ローデス、テッド・デビアス・ジュニア、マイケル・マクギリカティ、ハスキー・ハリス、ウーソズ、ナタリヤ、タミーナなど80年代〜90年代のWWFを支えたレスラーの血を引く若手スーパースターが数多く在籍している。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たジョン・ロウリネイティス

    現在はWWEを解雇されたレスラーがジョニー・エースの斡旋等で日本のマットに上がることが多くなり、ジャマールとチャック・パルンボのように復帰が認められるケースもある。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たポール・ベアラー

    アンダーテイカー及びケインとポール・ベアラーは本当の親子ではない。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たドリュー・マッキンタイア

    アティテュード時代の雄であるオースチンらは特別な回にしか登場しないが、オートン、シナ、エッジ、バティスタ等の新世代が主力となり、90年代から出場しているトリプルH、アンダーテイカー、ショーン・マイケルズ等のベテランの力を借りながら世代交代を着実に進めている。その裏で、ブッカー・T、カート・アングル等トップレスラーの大量離脱やレスラーのドラッグ使用等の課題も多く存在している。また、2005年のエディ・ゲレロ・2007年のクリス・ベノワの死去はWWEに大きなショックを与えた。タフイナフやディーヴァサーチといった育成番組出身のミシェル・マクール、ザ・ミズ、ジョン・モリソンが新たな番組の中心スターとして活躍し、FCW出身者やCMパンク、エヴァン・ボーンやダニエル・ブライアンなどのインディー団体出身者を活用、アルベルト・デル・リオのような格闘技出身者も登場している。シェイマス(アイルランド)、ドリュー・マッキンタイア(スコットランド)、ウェイド・バレット(イングランド)、メイソン・ライアン(ウェールズ)など英国圏出身のスーパースターの台頭も著しい。また、コーディ・ローデス、テッド・デビアス・ジュニア、マイケル・マクギリカティ、ハスキー・ハリス、ウーソズ、ナタリヤ、タミーナなど80年代〜90年代のWWFを支えたレスラーの血を引く若手スーパースターが数多く在籍している。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たWWF・ライトヘビー級王座

    日本人レスラーとしては、WWF時代にブル中野が女子王座を獲得するなどトップレスラーとして活躍。所属までは至らなかったがJBエンジェルスも女子タッグ王座を1988年の第1回ロイヤルランブルの大舞台で獲得した。2000年以降、所属していたレスラーではTAKAみちのくが1998年に初代ライトヘビー級王座を獲得。TAJIRIはシングルとタッグで6度の王座獲得(2005年12月12日に自主退団)。その他にも、2004年から2005年にかけて夫婦で活躍したケンゾー・スズキや13年間に渡って職人レスラーとして活躍したFUNAKI(2010年退団・現エージェント)。2012年現在、WWEに所属する日本人選手は、いずれもトライアウトに合格し下部団体FCWからのスタートとなったヨシ・タツ、ジロー、サカモトの3名である。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たエディ・ファトゥ

    現在はWWEを解雇されたレスラーがジョニー・エースの斡旋等で日本のマットに上がることが多くなり、ジャマールとチャック・パルンボのように復帰が認められるケースもある。WWE フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たマイク・ポルクロペック

    なお1998年後半、格闘技色を前面に押し出した『Brawl For All』なる企画も展開していたことがある(優勝はバート・ガン)。無論、この企画は大失敗に終わり、「WWEの負の歴史」とも一部では呼ばれている(ブラッドショーが決勝戦まで進出していたり、控え室にいたスーパースター達には好評だったらしい)。WWE フレッシュアイペディアより)

310件中 81 - 90件表示

「WWE」のニューストピックワード