870件中 61 - 70件表示
  • ウェブカラー

    ウェブカラーから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    MS-DOS環境のゲームなど、シングルタスク環境であればそのアプリケーションに必要な色のみを選べばよいが、GUI環境のウェブブラウザは任意のタイプの画像(自然画(写真等)もあれば、イラストもある)を対象とせねばならず、また、任意に必要な色を確保していった場合、ページの途中で足りなくなるといったことも起こりうる。そのためウェブブラウザは、赤緑青の各色について 0, 51, 102, 153, 204, 255(16進で 00, 33, 66, 99, cc, ff)の6段階として、6×6×6 の216色をあらかじめ確保しておくものとし、コンテンツ中のそれ以外の色については、最も近い色をあてるか、ディザを施すこととした。残り40色のうち16色はシステム用として、24色程度の余裕があり(原色などについてはシステム用のパレットと共用できるので、実際はもう少し余裕がある)、ブラウザ自身のボタンのアイコン等のための色に使うこともできる。ウェブカラー フレッシュアイペディアより)

  • オンラインゲーム

    オンラインゲームから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    ウェブブラウザを使う場合はブラウザゲーム、SNS上で提供される場合にはソーシャルゲーム、ストリーミング配信される場合にはクラウドゲームと呼ばれる。これらの最大の特徴であり利点は、専用のソフトをダウンロードすることなくIDを登録するだけでプレイできるところにあり、インターネットに接続できる環境さえあれば、ノートPC・マッキントッシュ・ネットカフェなど、いつでもどこでもプレイ可能である。オンラインゲーム フレッシュアイペディアより)

  • JavaScript

    JavaScriptから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    ウェブブラウザ上で動作し動的なウェブサイト構築やリッチインターネットアプリケーションの開発に用いられる。また、2010年以降はnode.jsなどのサーバサイドJavaScript実行環境や各種ライブラリの充実により、MEANに代表されるように、Web開発の全ての領域で活用されるようになってきている。JavaScript フレッシュアイペディアより)

  • Portable Network Graphics

    Portable Network Graphicsから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していたGIFに対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。Portable Network Graphics フレッシュアイペディアより)

  • GIFアニメーション

    GIFアニメーションから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    GIF の使用は色数の制約や過去のサブマリン特許問題などから減りつつあるが、主要な代替規格である アニメーションPNG (Animated Portable Network Graphics, APNG) はウェブブラウザの対応がまだ途上であり、JPEG にはアニメーション機能そのものがないため、多くの環境で対応しているGIFアニメーションは、2010年現在でも広く使われている。GIFアニメーション フレッシュアイペディアより)

  • HyperText Markup Language

    HyperText Markup Languageから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    HTML の初期のバージョンはゆるい文法規則によって定義されており、ウェブ技術になじみのない層に受け入れられる助けとなった。ウェブブラウザはウェブページの意図を推測し、レンダリングを実行するのが一般的であった。やがて公式規格においては厳格な言語構文をつくることを志向するようになっていったが、お節介な解釈をするブラウザは今でも存在する。HyperText Markup Language フレッシュアイペディアより)

  • Google ドキュメント

    Google ドキュメントから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、ウェブブラウザ内で動くオフィスソフト。従来は記憶容量を提供するストレージサービスと一体だったが、ストレージはGoogle ドライブとして分離された。Google ドキュメント フレッシュアイペディアより)

  • Elementary OS

    Elementary OSから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    elementary OSはUbuntuベースのLinuxディストリビューションである。elementary OSはPantheonデスクトップ環境を普及させるための旗艦となるLinuxディストリビューションであり、これはLinux MintがCinnamonデスクトップ環境を普及させるために取った手法と似ている、Plank(Dockの一種)やMidori(デフォルトのウェブブラウザ)、Scratch(シンプルなテキストエディタ)などのelementary OSアプリケーションと深く統合されている。このディストリビューションはウィンドウマネージャにMutterをベースとしたGalaを用いる。Elementary OS フレッシュアイペディアより)

  • Rust (プログラミング言語)

    Rust (プログラミング言語)から見たウェブブラウザウェブブラウザ

    2016年8月2日にリリースされたFirefox 48にはRustで書き直されたメディアパーサが組み込まれており、Mozillaが開発しているブラウザのFirefoxにおいてRustで書かれたコードが書き加えられる初例となった。Rust (プログラミング言語) フレッシュアイペディアより)

  • KDE

    KDEから見たウェブブラウザウェブブラウザ

    KDEにより提供されるアプリケーションは、GUIツールキットにQtを採用しており、ファイルマネージャ(Dolphin、Konqueror)やウェブブラウザ(Konqueror)、メディアプレーヤ(Kaffeine、Amarok)、メールソフト(KMail)、テキストエディタ(KEdit、KWriteやKate)、オフィススイート(KOffice)などの多くのアプリケーションを含む。また、環境設定はKDE3ではKControlから、KDE4ではKDE システム設定から管理でき、KDE環境の設定に加えて、KDMというログインアプリケーションや、ハードウェアへの設定変更もできるようになっている。KDE フレッシュアイペディアより)

870件中 61 - 70件表示

「Webブラウザー」のニューストピックワード