123件中 101 - 110件表示
  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たオープンソース

    1998年に Netscape は Mozilla Foundation を旗揚げし、オープンソースとして自由な競争力のあるブラウザを提供しようと計画した。このブラウザは最終的に Mozilla Firefox として展開された。公開された Firefox はベータ版段階だったがそれなりの愛好者を獲得し、Firefox 1.0 が2004年末期にリリースされてから間もなく Firefox の全バージョン合計で 7.4% の利用率を獲得した。2011年2月現在では 22% の利用率となっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見た構文解析器

    取り寄せた資源をその種類 (HTML/XHTML/XML, 文書、画像等)に応じて解析する構文解析の部分。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たJavaアプレット

    http, https, file 等の場合、リソースを取り寄せるとウェブブラウザはそれを表示する。HTML はウェブブラウザのレイアウトエンジンに渡され、マークアップからインタラクティブな文書に変換される。一般に、HTML 以外でもウェブページに含まれる任意の内容を表示できる。画像・動画・音声・XML はほとんどの場合表示でき、Flash アプリケーションや Java アプレットに対応するプラグインが用意されていることが多い。未対応の種類のファイルに遭遇した場合は、表示するのではなくダウンロードする設定になっていることが多く、保存を促す動作をする。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たMicrosoft Silverlight

    多くのウェブブラウザにはプラグインが用意されており、ダウンロードして組み込むことで機能を拡張できる。主要なものにはAdobe Flash Player、Adobe Acrobat Reader、Java Runtime Environment、Microsoft Silverlightなどがある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たクライアント (コンピュータ)

    Ajax 等の流行によりウェブ自体が OS に代わる基幹として台頭してきており、ウェブブラウザの役目は単なる閲覧ソフトからネットワーク資源を活用するための高機能クライアントに移り変わりつつある。また、2006年以後の主なブラウザではタブブラウザ方式の UI が主流になっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たステータスバー

    ステータスバーはリソースの読み込み状況を表示したり、カーソルの位置にあるリンクの URI を表示したり、ページの拡大機能を提供したりする。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見た規格

    ウェブブラウザで採用される規格は他に SVG, XForms, WHAT などがある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たNetscape Navigator (ネットスケープコミュニケーションズ)

    1993年にNCSA Mosaicが登場した。Mosaic は画像が扱える最初のウェブブラウザの一つであり、これによってウェブの利用者が激増するきっかけとなった。米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) の Mosaic チームのリーダーであったマーク・アンドリーセンはその後まもなくネットスケープを設立し、Mosaic を汲む Netscape Navigator を1994年にリリースした。このブラウザは瞬く間に世界中のもっとも主流なウェブブラウザとなり、最盛期には全てのウェブにおいて9割もの利用率を占めた。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たUniform Resource Locator

    ウェブブラウザの主な目的は、ユーザに情報リソースをもたらすことである。まず Uniform Resource Locator (URL)、例えば http://en.wikipedia.org/ と入力する。URL のプレフィックスであるURIスキームによって URL をどう解釈するかが決まっている。典型的な URL は定義名 http: で始まり、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) を使って情報を取り寄せる。多くのウェブブラウザは様々な定義名に対応しており、HTTPS 用の https:、File Transfer Protocol 用の ftp:、内部ファイル用の file: などがある。ウェブブラウザが直接扱えない定義名は、他のアプリケーションにそのまま渡されることが多い。例えば mailto: で始まる URI は既定の電子メールクライアントに渡され、news: で始まる URI は既定のニュースグループリーダに渡される。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たWeb Hypertext Application Technology Working Group

    ウェブブラウザで採用される規格は他に SVG, XForms, WHAT などがある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

123件中 101 - 110件表示

「Webブラウザー」のニューストピックワード