123件中 21 - 30件表示
  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たセキュリティホール

    多くのウェブブラウザは HTTPS に対応しており、ウェブキャッシュや Cookie や閲覧履歴を素早く簡単に消去する機能もある。しかしそれだけでは対処できないセキュリティのリスクに晒され、マルウェアに悪用されたり、(現在は死語になったが)ブラウザクラッシャーなどでブラウザのみならずオペレーティングシステムをフリーズさせられる場合がある。各ブラウザや Adobe Flash Player などのプラグインはセキュリティホールの修正などで頻繁にアップデートを繰り返している。ブラウザ自体にもブラックリストで悪質なサイトへのアクセスを防止する・自動アップデートなどのセキュリティ向上機能が追加されているが、アンチウイルスソフトウェアなどで OS 全体を保護するのが望ましい。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たAjax

    Ajax 等の流行によりウェブ自体が OS に代わる基幹として台頭してきており、ウェブブラウザの役目は単なる閲覧ソフトからネットワーク資源を活用するための高機能クライアントに移り変わりつつある。また、2006年以後の主なブラウザではタブブラウザ方式の UI が主流になっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たスマートフォン

    なお、成長著しいスマートフォンや非 PC のタブレットの分野では、OS 付属のブラウザが利用されることがほとんどであり、Android の標準ブラウザと iOS の Safari が OS の占有率にほぼ比例して普及している。一方、Chromeはこの分野においても複数のOSに対応しPCブラウザとの各種データ同期も可能なアプリをリリースしている。Opera など独自のブラウザをスマートフォン・タブレット対応アプリとしてリリースする動きもある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たGoogle

    上述のように、ブラウザのシェア1990年代後半以降のWindowsの普及に伴いInternet Explorerの占有が続いていたが、2008年9月に Google が WebKit を基にして開発した Google Chrome が2010年代に入って著しくシェアを伸ばし、2011年2月時点で11%の利用率に成長した。この増加傾向は Internet Explorer や Firefox の減少傾向と同期している。そして2011年12月、Google Chrome は Internet Explorer 8 を越えて最も広く使われているウェブブラウザとなった。ただし、Internet Explorer の全バージョンを合計すると、IE が今でも最も広く使われているウェブブラウザである。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たパーム (企業)

    アップルの Safari は2003年1月に初めてのベータ版が提供された。アップルの製品での占有率は独占的で、2011年2月現在の利用率は 6.3% となっており、緩やかな上昇傾向を見せている。採用しているレンダリングエンジンは WebKit と呼ばれアップルの iOS, Google の Android, Nokiaの S60, Palm(2010年、ヒューレット・パッカードにより買収) の HP webOS などいくつかの携帯電話のプラットフォームでは標準的なものとなっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たアップル (企業)

    アップルの Safari は2003年1月に初めてのベータ版が提供された。アップルの製品での占有率は独占的で、2011年2月現在の利用率は 6.3% となっており、緩やかな上昇傾向を見せている。採用しているレンダリングエンジンは WebKit と呼ばれアップルの iOS, Google の Android, Nokiaの S60, Palm(2010年、ヒューレット・パッカードにより買収) の HP webOS などいくつかの携帯電話のプラットフォームでは標準的なものとなっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たMozilla Foundation

    1998年に Netscape は Mozilla Foundation を旗揚げし、オープンソースとして自由な競争力のあるブラウザを提供しようと計画した。このブラウザは最終的に Mozilla Firefox として展開された。公開された Firefox はベータ版段階だったがそれなりの愛好者を獲得し、Firefox 1.0 が2004年末期にリリースされてから間もなく Firefox の全バージョン合計で 7.4% の利用率を獲得した。2011年2月現在では 22% の利用率となっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たネットスケープコミュニケーションズ

    1993年にNCSA Mosaicが登場した。Mosaic は画像が扱える最初のウェブブラウザの一つであり、これによってウェブの利用者が激増するきっかけとなった。米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) の Mosaic チームのリーダーであったマーク・アンドリーセンはその後まもなくネットスケープを設立し、Mosaic を汲む Netscape Navigator を1994年にリリースした。このブラウザは瞬く間に世界中のもっとも主流なウェブブラウザとなり、最盛期には全てのウェブにおいて9割もの利用率を占めた。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たオペレーティングシステム

    Ajax 等の流行によりウェブ自体が OS に代わる基幹として台頭してきており、ウェブブラウザの役目は単なる閲覧ソフトからネットワーク資源を活用するための高機能クライアントに移り変わりつつある。また、2006年以後の主なブラウザではタブブラウザ方式の UI が主流になっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たUniform Resource Identifier

    WWW 上の情報リソースを扱うアプリケーションであり、ウェブページ・画像・動画・音声等の情報リソースの識別には Uniform Resource Identifier (URI) を使用する。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「Webブラウザー」のニューストピックワード