123件中 61 - 70件表示
  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たスクリプト言語

    ヘッドレスブラウザ 通常のUIを備えず、レンダリング結果を画面に表示する代わりにファイル等で記録するウェブブラウザ。WEBコンテンツの制作者がテストに利用する事が多い。いわゆるWEBクローラーはそれ自身がヘッドレスブラウザとして動作している。 通常のブラウザと同じレンダリングエンジンを内蔵しており、単にHTMLを取得しただけではわからないスクリプトの動作結果やCSSによる装飾結果も確認できる。ヘッドレスブラウザはコマンドのパラメーターや、コンテンツ本体とは別に用意したスクリプト言語等を利用して制御する。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たMicrosoft Windows

    これにマイクロソフトが反応し、1995年に NCSA から Mosaic のライセンスを引き継ぎ Internet Explorer を開発した。このことが最初のブラウザ戦争の引き金にもなった。マイクロソフトは Internet Explorer を Windows に同梱させることで OS 市場の優位性をウェブブラウザ市場にも引き継がせ、Internet Explorer にも力を持たせることができた。これによって2002年には Internet Explorer の利用率はピーク時で 95% を超えた。2011年2月現在では Net Applications によると利用率が 57% 程度とされており、Internet Explorer のシェア減少が示されている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たNetscape Navigator

    Internet Explorerおよびその互換ブラウザではActiveXという独自の規格が用いられる。それ以外のブラウザではNetscape Navigatorで用いられ事実上の標準となったNPAPIや、それを拡張したPPAPIという規格が用いられる。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見た2ちゃんねるブラウザ

    専用ブラウザ 特定ウェブサイトの閲覧に特化したブラウザ。ブラウザ独自のGUIを内蔵している物では、汎用ブラウザよりも操作性が優れる。2ちゃんねるブラウザのようにサーバーから直接ローデータを取得してレンダリングするものや、http以外の手段で通信しているものもある。 汎用ブラウザの拡張機能として実装されているケースもある。回線速度やハードウェアのリソースが潤沢ではなかった時代では有力な実装方法であったが、開発コストが大きい為廃れる傾向にある。 なお、スマートフォン用の「アプリ」は専用ブラウザ的な運用がなされているが、実態は特定サイトに接続を固定化された汎用ブラウザという事も珍しくない。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たクローラ

    ヘッドレスブラウザ 通常のUIを備えず、レンダリング結果を画面に表示する代わりにファイル等で記録するウェブブラウザ。WEBコンテンツの制作者がテストに利用する事が多い。いわゆるWEBクローラーはそれ自身がヘッドレスブラウザとして動作している。 通常のブラウザと同じレンダリングエンジンを内蔵しており、単にHTMLを取得しただけではわからないスクリプトの動作結果やCSSによる装飾結果も確認できる。ヘッドレスブラウザはコマンドのパラメーターや、コンテンツ本体とは別に用意したスクリプト言語等を利用して制御する。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たダウンロード

    http, https, file 等の場合、リソースを取り寄せるとウェブブラウザはそれを表示する。HTML はウェブブラウザのレイアウトエンジンに渡され、マークアップからインタラクティブな文書に変換される。一般に、HTML 以外でもウェブページに含まれる任意の内容を表示できる。画像・動画・音声・XML はほとんどの場合表示でき、Flash アプリケーションや Java アプレットに対応するプラグインが用意されていることが多い。未対応の種類のファイルに遭遇した場合は、表示するのではなくダウンロードする設定になっていることが多く、保存を促す動作をする。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見た電子メールクライアント

    ウェブブラウザの主な目的は、ユーザに情報リソースをもたらすことである。まず Uniform Resource Locator (URL)、例えば http://en.wikipedia.org/ と入力する。URL のプレフィックスであるURIスキームによって URL をどう解釈するかが決まっている。典型的な URL は定義名 http: で始まり、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) を使って情報を取り寄せる。多くのウェブブラウザは様々な定義名に対応しており、HTTPS 用の https:、File Transfer Protocol 用の ftp:、内部ファイル用の file: などがある。ウェブブラウザが直接扱えない定義名は、他のアプリケーションにそのまま渡されることが多い。例えば mailto: で始まる URI は既定の電子メールクライアントに渡され、news: で始まる URI は既定のニュースグループリーダに渡される。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たNCSA Mosaic

    1993年にNCSA Mosaicが登場した。Mosaic は画像が扱える最初のウェブブラウザの一つであり、これによってウェブの利用者が激増するきっかけとなった。米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) の Mosaic チームのリーダーであったマーク・アンドリーセンはその後まもなくネットスケープを設立し、Mosaic を汲む Netscape Navigator を1994年にリリースした。このブラウザは瞬く間に世界中のもっとも主流なウェブブラウザとなり、最盛期には全てのウェブにおいて9割もの利用率を占めた。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たウェブサイト

    本来ウェブサイトは様々な OS 環境・ウェブブラウザで見られるようにウェブ標準などに則し、アクセシビリティ等を考慮した形で作成される必要がある。しかしウェブサイトによっては種々の都合からサイトの閲覧に必要な環境として特定の推奨ブラウザを明記していることがあり、閲覧者は技術上の理由から推奨ブラウザに合わせたウェブブラウザの選択が必要となることもある。また、推奨ブラウザの記述内容によってはユーザが安全上の不利益を被る場合もある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たawesome

    最小主義のブラウザ UNIX哲学に基づいたブラウザ。Webページの解釈・表示のみを行ない、例えばタブやボタンを持たない。タイル型ウィンドウマネージャと併用されることが多い。UNIX哲学では、「一つのことを、うまくやれ」の精神が重要視される。等一部の(特にX向けの)ブラウザはこの教義をかなり厳密に守っていると言える。Uzblは2017現在も開発が続いているWebkit解釈によるWebブラウザである。このブラウザは下部のステータスバーと呼ばれる一行の表示を除き、タブやその他一切のUIを持たない。操作は設定ファイル(多くの場合~/.config/uzbl/configというテキストファイルである)で定義され、標準ではVi風の鍵盤操作が定められている。最小主義と言ってもWebブラウザの本義は満たしており、UzblはAcid3を満点で合格している。これらのブラウザはウィンドウマネージャ(親和性の高いものにawesome, i3が挙げられる)によってタブブラウザのように操作できる。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示

「Webブラウザー」のニューストピックワード