123件中 81 - 90件表示
  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見た米国立スーパーコンピュータ応用研究所

    1993年にNCSA Mosaicが登場した。Mosaic は画像が扱える最初のウェブブラウザの一つであり、これによってウェブの利用者が激増するきっかけとなった。米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) の Mosaic チームのリーダーであったマーク・アンドリーセンはその後まもなくネットスケープを設立し、Mosaic を汲む Netscape Navigator を1994年にリリースした。このブラウザは瞬く間に世界中のもっとも主流なウェブブラウザとなり、最盛期には全てのウェブにおいて9割もの利用率を占めた。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たフリーズ

    多くのウェブブラウザは HTTPS に対応しており、ウェブキャッシュや Cookie や閲覧履歴を素早く簡単に消去する機能もある。しかしそれだけでは対処できないセキュリティのリスクに晒され、マルウェアに悪用されたり、(現在は死語になったが)ブラウザクラッシャーなどでブラウザのみならずオペレーティングシステムをフリーズさせられる場合がある。各ブラウザや Adobe Flash Player などのプラグインはセキュリティホールの修正などで頻繁にアップデートを繰り返している。ブラウザ自体にもブラックリストで悪質なサイトへのアクセスを防止する・自動アップデートなどのセキュリティ向上機能が追加されているが、アンチウイルスソフトウェアなどで OS 全体を保護するのが望ましい。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見た推奨ブラウザ

    本来ウェブサイトは様々な OS 環境・ウェブブラウザで見られるようにウェブ標準などに則し、アクセシビリティ等を考慮した形で作成される必要がある。しかしウェブサイトによっては種々の都合からサイトの閲覧に必要な環境として特定の推奨ブラウザを明記していることがあり、閲覧者は技術上の理由から推奨ブラウザに合わせたウェブブラウザの選択が必要となることもある。また、推奨ブラウザの記述内容によってはユーザが安全上の不利益を被る場合もある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たHTML5

    コンピュータリソースの消費やセキュリティのリスクが上昇すること、ウェブ標準であるHTML5等でプラグインを用いなくてもウェブの表現力・機能性が多彩になったことなどから、プラグインは淘汰される傾向にある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たディスプレイ (コンピュータ)

    ウェブブラウザ(インターネットブラウザ、web browser)とは、 World Wide Web (WWW) の利用に供するブラウザであり、ユーザエージェント (UA) である。具体的には、ウェブページを画面や印刷機に出力したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単にブラウザ(ブラウザー)と呼んだ場合、多くはウェブブラウザのことを指す。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たタブ (GUI)

    主要なウェブブラウザは同時に複数の情報リソースを扱うことができ、別窓で表示したり、タブを使って同じウィンドウ内に表示したりする(タブブラウザ)。また、表示したくないポップアップ広告を自動的にブロックする機能もある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たブックマーク

    ユーザがブックマークしたウェブページの一覧を表示する機能があり、素早くそれらのウェブページに戻ることができる。ブックマークは Internet Explorer では「お気に入り」と呼ぶ。さらに、フィードリーダが組み込まれているウェブブラウザも多い。Firefox ではフィードは "live bookmarks" という形式で扱われ、フィードにおける最近の項目と対応するブックマークのフォルダのように機能する。Opera ではフィードの内容を格納し表示する従来型のフィードリーダを採用している。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たWebKit

    アップルの Safari は2003年1月に初めてのベータ版が提供された。アップルの製品での占有率は独占的で、2011年2月現在の利用率は 6.3% となっており、緩やかな上昇傾向を見せている。採用しているレンダリングエンジンは WebKit と呼ばれアップルの iOS, Google の Android, Nokiaの S60, Palm(2010年、ヒューレット・パッカードにより買収) の HP webOS などいくつかの携帯電話のプラットフォームでは標準的なものとなっている。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たXForms

    ウェブブラウザで採用される規格は他に SVG, XForms, WHAT などがある。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウェブブラウザ

    ウェブブラウザから見たWebkit

    最小主義のブラウザ UNIX哲学に基づいたブラウザ。Webページの解釈・表示のみを行ない、例えばタブやボタンを持たない。タイル型ウィンドウマネージャと併用されることが多い。UNIX哲学では、「一つのことを、うまくやれ」の精神が重要視される。等一部の(特にX向けの)ブラウザはこの教義をかなり厳密に守っていると言える。Uzblは2017現在も開発が続いているWebkit解釈によるWebブラウザである。このブラウザは下部のステータスバーと呼ばれる一行の表示を除き、タブやその他一切のUIを持たない。操作は設定ファイル(多くの場合~/.config/uzbl/configというテキストファイルである)で定義され、標準ではVi風の鍵盤操作が定められている。最小主義と言ってもWebブラウザの本義は満たしており、UzblはAcid3を満点で合格している。これらのブラウザはウィンドウマネージャ(親和性の高いものにawesome, i3が挙げられる)によってタブブラウザのように操作できる。ウェブブラウザ フレッシュアイペディアより)

123件中 81 - 90件表示

「Webブラウザー」のニューストピックワード