前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
316件中 1 - 10件表示
  • タスクバー

    タスクバーから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    Windows XP でスタートメニューのデザインが変更され、最近使ったプログラムを優先的に表示するなど動的な機能が付加された。XP と Vista では以前のバージョンのようなクラシックスタートメニューが選択できるが、Windows 7 ではクラシックスタートメニューが削除され、1種類に統一されている。タスクバー フレッシュアイペディアより)

  • Segoe

    Segoeから見たWindows 7Microsoft Windows 7

    Segoe (シーゴー、シーゴ、、) はマイクロソフト社が使用していることで知られている書体の一つである。マイクロソフト社はSegoeをオンライン、印刷商業媒体の両方で使用しており、その中には近年発売された同社の製品のロゴなども含まれる。加えて、Segoe UIと呼ばれるフォント群は様々なマイクロソフト社の製品で使用されており、Microsoft Office 2007やWindows Live Messenger 2009のような同社のアプリケーションにもこのフォントが使用されている。また、Windows VistaとWindows 7ではデフォルトのフォントとして設定されている。、SegoeはHotmailに代わるメールソフトとして導入されたOutlook.comでも使用されている。マイクロソフト社はSegoeを会社のロゴに使用している。Segoeはラテン文字用のフォントであり、Windows 7上のデフォルトの日本語環境下において、Windowsユーザーは、ラテン文字はSegoe UIを、日本語はメイリオを使用することになる。Segoe フレッシュアイペディアより)

  • ネットブック

    ネットブックから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    2009年10月22日にマイクロソフト社から出荷された "Windows 7" では、前作 Windows Vista より低いハードウェア性能でも快適に動作するように改良され、ネットブックのOSとして広く採用されるように努めている。マイクロソフト社はネットブック向けの Windows 7 として以下の2種類を用意している。ネットブック フレッシュアイペディアより)

  • VMware

    VMwareから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    ゲストOS毎に用意されたVMware Toolsをゲスト環境にインストールすることで、ホスト・ゲスト間のスムーズなマウスポインタ移動やフォルダ共有、時刻同期が可能になる。Windows 2000以降のNT系Windows(例:Windows XP、Windows Vista、Windows 7等)をゲストOSとして使用している場合、VMware Toolsによって、Direct3D 9.0cの機能をゲストOS上で使用することができる。このDirect3D機能は、Workstation 5.0から試験的なものとして追加され、Workstation 6.5からは正式対応が謳われている。VMware フレッシュアイペディアより)

  • SonicStage

    SonicStageから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    その後SonicStage Vはマイナーバージョンアップを2回重ね、2009年6月11日にリリースされたSonicStage V Ver.5.2がSonicStageシリーズの最終バージョンとなった。また、2009年8月11日にはVer.3.3以降に搭載されていたジャケット写真/関連情報の自動取得サービスが終了し、これにより事実上SonicStageの開発及び新規バージョンのリリースは終了した。そのためSonicStageは全バージョンWindows 7以降のWindows OSには正式対応していないが、機種によりWindows7や8のパソコンでも動く場合もある。SonicStage フレッシュアイペディアより)

  • 手書き文字認識

    手書き文字認識から見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    デスクトップOSをベースにした手書き文字認識システムには、Windows XP Tablet PC Editionがある。タブレットPCは、タッチパネルを装備した特殊なノートパソコンで、スタイラスを用いてスクリーン上に文字を手書きで入力できるようになっている。OSは手書きされたパターンを認識し、それを通常のテキストに変換する。マイクロソフトのシステムは、ユーザの書き込みパターンを学習せず、類似した字形を含む内部の認識データベースとのマッチングを行っている。このシステムは、Windows Mobileの中で使用されている手書き文字認識システムとは異なる。Windows 7 は学習機能のある高度な手書き文字認識システムを持ち、英語だけでなく、日本語、中国語、韓国語などに対応している。手書き文字認識 フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップの背景

    デスクトップの背景から見たWindows 7Microsoft Windows 7

    KDEやMac OS X、Windows 7のような一部の環境ではいくつかの異なる壁紙/デスクトップピクチャを使うことができ、異なる時間に異なる画像をスライドショーのように「交代させ」、ディレクトリのランダムな画像を表示させることができる。OSによるサポート以外にも、こういった機能を実現するアプリケーションは多数作成されている。デスクトップの背景 フレッシュアイペディアより)

  • ホームページリーダー

    ホームページリーダーから見たWindows 7Microsoft Windows 7

    日本IBMは、Windows VistaおよびInternet Explorer 7には対応しないこと、および後続製品がないことを公式発表している。Windows 7 には対応していないが、Windows 7 Professional、Enterprise、Ultimateに提供されている「Windows XP Mode」を利用して動作させることが可能である(Windows XP ModeにはInternet Explorer 6も含まれている)。ホームページリーダー フレッシュアイペディアより)

  • 互換モード

    互換モードから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    Windows XPやVista、7においては、以前のバージョンのWindowsでしか動かないソフトウェアをインストールや実行を行う際のモードとして互換モードが搭載されている。マイクロソフトの互換性データベースに登録されているソフトは自動的に互換モードで起動されるが、手動で設定することで任意のソフトを互換モードで起動することもできる。なお互換性データベースは「Microsoft Application Compatibility Toolkit」(略称ACT)を使用することで閲覧できる。互換モードで起動するとXPやVista、7で搭載された新機能が一部無効になり、特定のOSや画面の色数、画面サイズでないと動作しないソフトなどで動作に関する問題を解消(あるいは軽減)することができる。互換モード フレッシュアイペディアより)

  • Windows Anytime Upgrade

    Windows Anytime Upgradeから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    Windows Anytime Upgrade(ウィンドウズ エニィタイム アップグレード)は、Windowsをより上位のエディションに変更するシステムである。 Windows VistaとWindows 7で利用できる。「WAU」と称されることもある。Windows Anytime Upgrade フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
316件中 1 - 10件表示