316件中 21 - 30件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    全製品にFluent User Interface(リボン UI)が採用され、統一された操作性が提供されるようになった。ファイルメニューが改良され、履歴の参照や印刷プレビューなどの表示が以前よりもわかりやすくなっている。IMEがOfficeの正規ユーザー(Office XP以降)に無償で提供されるようになった。化粧箱がWindows 7のパッケージと同様の素材・様式に改められた。このバージョンから、プレインストール製品の初回起動時のプロダクトキーの入力及び、ライセンス認証が必須となった。前バージョンまでは、メーカーがプレインストール時に、ライセンス認証が不要な(インストールした時点でライセンス認証は完了していますと出る)特殊なプロダクトキーでインストールしていたため、初回起動時は使用許諾契約書の確認のみであった。再インストールの際は、CDケースの裏に記載されたプロダクトキーを用いてインストールする必要があるのでライセンス認証は必須。この措置は、その特殊なプロダクトキーをプロダクトキーを確認するソフトを用いて取り出すことや、レジストリのデジタルプロダクトIDの記述をコピーすることによって、無制限にインストールされてしまうという盲点を回避するための変更と思われる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • avast! antivirus

    avast! antivirusから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    Windows向けアンチウイルスソフトウェアの中で、Windows XP Professional x64 EditionやWindows Vista 32/64、Windows 7 beta 32/64といった新しいOS環境への対応が非常に早かった。avast! antivirus フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows Millennium Edition

    Microsoft Windows Millennium Editionから見たWindows 7Microsoft Windows 7

    2009年現在、Windows Meに対応するソフトウェア・ハードウェア製品は少なくなってきており、9x系からNT系(Windows XP/Vista/7)への移行が加速している。旧OSをサポートしないのは、製品を発売するメーカーにとって製品の検証に要する負担を軽減できることや、ソフトウェアにNT系OSに依存したコードが記述可能になるなどのメリットがある。Microsoft Windows Millennium Edition フレッシュアイペディアより)

  • Bve trainsim

    Bve trainsimから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    2008年7月10日に評価版が公開され、2011年9月5日に正式版が公開。BVE 4以前で使用していたAPIがDirectX10でサポートされなくなり、Vista以降での動作は基本的に出来なかったが、BVE 5では別のAPIを使うことでDirectX10以降にも対応し、Windows Vista、Windows 7、Windows 8でも動作するようになった。そして、構文が一新され、以前のデータがストラクチャ(X形式除く)も含め、使用できなくなったため、BVE 2・4用のシナリオをBVE 5用に変換するコンバーターが公開されている。Bve trainsim フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップ環境

    デスクトップ環境から見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    今日、多くのオペレーティングシステムにデスクトップ環境として実装されているデスクトップメタファーを最初に広く一般に知らしめたコンピュータはAppleのMacintosh(1984年)であり、実際に広く使われるようになったのは、1995年にマイクロソフトがリリースした Windows 95 からである。2011年現在、最も広く使われているデスクトップ環境は、Windows XP や Windows 7 のもので、それらに次いで Mac OS X のデスクトップ環境がある。デスクトップ環境 フレッシュアイペディアより)

  • x-アプリ

    x-アプリから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    Windows 7以降のWindows OSへの正式対応。x-アプリ フレッシュアイペディアより)

  • Internet Explorer 10

    Internet Explorer 10から見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    従来のデスクトップ版については、Windows 7/Windows Server 2008 R2 にも対応している。2012年11月14日に Release Preview が、2013年2月26日に正式版が Windows 7 / Windows Server 2008 R2 向けにリリースされた。Internet Explorer 10 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンドウズ7

    ウィンドウズ7から見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    ウィンドウズ7 フレッシュアイペディアより)

  • Win7

    Win7から見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    Win7 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト支援技術ベンダプログラム

    マイクロソフト支援技術ベンダプログラムから見たMicrosoft Windows 7Microsoft Windows 7

    マイクロソフト支援技術ベンダプログラムは、「Microsoft Windows Vista」の発売に合わせて発足した。発足当時に日本から参加した機関はわずか9つに留まっていたが、その後は参加機関が増加の一途を辿り、「Microsoft Windows 7」発売時には25に達した。現在では、 日本アイ・ビー・エム株式会社や株式会社日立製作所をはじめとする大企業や、東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー系や静岡県立大学といった教育研究機関、さらには特定非営利活動法人など、さまざまな機関が参加するようになった。マイクロソフト支援技術ベンダプログラム フレッシュアイペディアより)

316件中 21 - 30件表示