140件中 101 - 110件表示
  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たプログラマ

    プログラマ用と統計用のモードが追加され、日付の計算や単位の変換、燃費やローンの計算などが以前よりもわかりやすく扱えるようになった。Windows 95からWindows Vistaまで採用されていた外観は一新された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たBitLocker

    パーティションが無いディスクドライブへWindows 7をインストールする場合、ボリューム内の構成が自動的に行われ、ブート パーティションとシステム パーティションが分離されるようになった。ボリュームの先頭に第1パーティションとして100MBが確保されブート パーティションに割り当てられ、Windows Boot Managerとその関連ファイルが収められる。以降は第2パーティションとして確保されシステム パーティションに割り当てられる。このパーティション分離はBitLockerを使用する際に必要な構成であるが、Windows Anytime Upgradeに対応するために、BitLocker を備えないエディションであってもこの分離構成が行われる。デフォルト状態ではブート パーティションへはドライブレターが割り当てられず、システム パーティション以降へCから順次割り当てられるため、一般的な利用者がブート パーティションを意識する機会は少ない。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たリテール

    10月31日 - Windows 8.1リテールパッケージ製品、およびDSP製品の発売に伴い、Windows 7のリテールパッケージ製品の出荷を終了した。ただしDSP製品はリテールパッケージ製品出荷終了後も当面の間は出荷が継続される。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows ReadyBoost

    SSDと認識したドライブでは Windows SuperFetch、自動デフラグ、Windows ReadyBoost は無効化される。Trim コマンドに対応し、効率よい IO 操作に対応した。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たボリュームライセンス

    企業アプリケーションでの利用をターゲットとし、マイクロソフトとのソフトウェアアシュアランス (SA) 契約を結ぶ企業などにボリュームライセンスとして販売される。Professionalの全機能に加え、AppLocker、多言語ユーザインタフェース (MUI) パッケージ、BitLockerドライブ暗号化、Microsoft Windows Services for UNIXを利用することができる。このエディションは小売またはOEMから入手することはできず、ソフトウェアアシュアランス契約者のみに提供されるため、SAだけの利点がいくつかあり、複数の仮想機械の実行がライセンス上許可され、またボリュームライセンスキーを通じてライセンス認証が行われる仕組みとなっている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たリリース候補版

    4月30日 - MSDN/TechNetサブスクリプション登録者向けに製品候補版(ビルド 7100)を公開。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft Windows Services for UNIX

    企業アプリケーションでの利用をターゲットとし、マイクロソフトとのソフトウェアアシュアランス (SA) 契約を結ぶ企業などにボリュームライセンスとして販売される。Professionalの全機能に加え、AppLocker、多言語ユーザインタフェース (MUI) パッケージ、BitLockerドライブ暗号化、Microsoft Windows Services for UNIXを利用することができる。このエディションは小売またはOEMから入手することはできず、ソフトウェアアシュアランス契約者のみに提供されるため、SAだけの利点がいくつかあり、複数の仮想機械の実行がライセンス上許可され、またボリュームライセンスキーを通じてライセンス認証が行われる仕組みとなっている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見た64ビット

    6つの異なるエディションが提供されており、Home Premium、Professional、Ultimateの3つのみが小売りから広く入手することができる。その他のエディションは発展途上国や企業など他の市場に焦点を当てている。すべてのエディションは32ビット (IA-32) アーキテクチャに対応し、Starterを除くすべてのエディションは、64ビット (AMD64) のアーキテクチャに対応している。64ビットエディションは Starter を除くすべてのエディションで用意され、そのうちHome Basicを除くリテール パッケージで32ビット版と64ビット版がセットになって販売されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たDirect2D

    Direct3D 11が含まれた。GDIとGDI+に代わる高品質かつ高速に処理することができるAPIとしてDirect2DとDirectWriteが含まれた。GPUを汎用計算資源として利用するためのAPIとしてDirectComputeが含まれた。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たAudio Video Interleave

    Media Foundationで標準で対応するフォーマットとして新たにH.264、AVI、AACなどが追加された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

140件中 101 - 110件表示

「Windows 7」のニューストピックワード