140件中 121 - 130件表示
  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たターミナルサービス

    パワーユーザー(愛好家)と中小企業のユーザーをターゲットとしている。Windows 7 Home Premiumのすべての機能を含み、さらにWindows Serverドメイン (Active Directory) へ参加する機能、ターミナルサービスサーバーの操作、ロケーションアウェアー印刷、暗号化ファイルシステム、プレゼンテーションモード、ソフトウェア制限ポリシー (AppLockerなどProfessionalにない機能は利用できない)、およびWindows XP Modeなどを利用することができる。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows 8.1

    マイクロソフト社は2014年4月9日にWindows XPのサポートを終了した。このためにマイクロソフトおよびその日本法人の日本マイクロソフトはWindows 8\.1(当時、ただし2015年7月29日以降はWindows 10)への乗り換えを推奨しているが、現場から扱いづらいとの声が多数漏れており(詳細はWindows 8の項を参照)、その結果この7に乗り換える法人顧客が2014年に入って増加している。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たロシア

    アルゼンチン、ブラジル、中華人民共和国、コロンビア、インド、パキスタン、フィリピン、メキシコ、ロシア、タイ王国、トルコなどのエマージング・マーケットで入手可能である。それ以外の西欧、中欧、北アメリカ、日本、香港、オーストラリア、およびサウジアラビア等の国では入手できない。Windows Aeroの一部機能やWindows 7の新機能の一部には対応していない。また、Home Basicに限らずエマージング・マーケットで発売される全てのエディションにおいてライセンス認証に地理的な制限が加えられており、利用者はWindowsをライセンス認証するのにその地域または国で行うことが要求されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たネットブック

    OEMライセンスを使用するシステムインテグレーターまたはコンピュータメーカーを通じてコンピュータ、特に画面サイズ対角10.2インチまでのネットブックにプリインストールされる形でこのエディションを入手することができる。パッケージでは販売されていない。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft TechNet

    2010年6月24日には、一部のテスター向けにベータ版が配布され、7月12日にはTechNetにてベータ版がリリースされた。一部のテスター向けにpre-RC版を配布し、10月27日にはリリース候補版がリリースされた。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft Virtual PC

    これはWindows Virtual PC上で動作するライセンス認証済みのWindows XP Professional SP3の仮想マシン環境を提供するものである。Windows 7 Professional、Enterprise、Ultimateのみ無償でWindows XP Professional SP3のイメージが使用可能である。提供されるWindows XP Professional SP3のサポート期限はWindows XPに準ずる(2014年4月8日まで)。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows Boot Manager

    パーティションが無いディスクドライブへWindows 7をインストールする場合、ボリューム内の構成が自動的に行われ、ブート パーティションとシステム パーティションが分離されるようになった。ボリュームの先頭に第1パーティションとして100MBが確保されブート パーティションに割り当てられ、Windows Boot Managerとその関連ファイルが収められる。以降は第2パーティションとして確保されシステム パーティションに割り当てられる。このパーティション分離はBitLockerを使用する際に必要な構成であるが、Windows Anytime Upgradeに対応するために、BitLocker を備えないエディションであってもこの分離構成が行われる。デフォルト状態ではブート パーティションへはドライブレターが割り当てられず、システム パーティション以降へCから順次割り当てられるため、一般的な利用者がブート パーティションを意識する機会は少ない。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たIPv6アドレス

    ただし、ホスト名のアドレス解決においてホストにリンクローカルアドレスまたは Teredoアドレスしか割り当てられていない場合、DNSクライアントサービスはIPv4用のAレコードに関するクエリだけを送信するためIPv6アドレスが取得できず、URLで直接IPv6アドレスを指定したりしない限り、指定した相手にIPv6で通信することはない。そのため、IPv6でインターネットを参照できる環境であっても、ホストにリンク ローカル アドレスまたは Teredo アドレスしか割り当てられていない場合、Internet ExplorerにIPv6のIPアドレスを持つサイトのURLをホスト名で指定しても、IPv6でアクセスすることはできない。この仕様は、IPv4を主に使用する環境での性能低下を回避するためのものである。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows SuperFetch

    SSDと認識したドライブでは Windows SuperFetch、自動デフラグ、Windows ReadyBoost は無効化される。Trim コマンドに対応し、効率よい IO 操作に対応した。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たリンクローカルアドレス

    ただし、ホスト名のアドレス解決においてホストにリンクローカルアドレスまたは Teredoアドレスしか割り当てられていない場合、DNSクライアントサービスはIPv4用のAレコードに関するクエリだけを送信するためIPv6アドレスが取得できず、URLで直接IPv6アドレスを指定したりしない限り、指定した相手にIPv6で通信することはない。そのため、IPv6でインターネットを参照できる環境であっても、ホストにリンク ローカル アドレスまたは Teredo アドレスしか割り当てられていない場合、Internet ExplorerにIPv6のIPアドレスを持つサイトのURLをホスト名で指定しても、IPv6でアクセスすることはできない。この仕様は、IPv4を主に使用する環境での性能低下を回避するためのものである。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

140件中 121 - 130件表示

「Windows 7」のニューストピックワード