75件中 11 - 20件表示
  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft Windows 2.0

    製品名の中の 7 は、Windows 1.0 / Windows 2.0 / Windows 3.x(および Windows NT 3.1)/ 4.x(Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows Me、およびWindows NT 4.0)/ 5.x (Windows 2000,Windows XP) / 6.0 (Windows Vista) に続く7番目のクライアント向けのメジャー リリースであることに由来している。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たTrusted Platform Module

    BitLockerを使用する場合はTrusted Platform Module v1.2のチップの搭載を推奨する。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たx86仮想化

    当初、Windows Virtual PC を使用するためには、CPUが Intel VTやAMD-Vなどの仮想化支援機能に対応している必要があったが、後にこの条件は撤廃された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たアンインストール

    Windows Vistaからは条件によってはアップグレード インストールが可能だが、Windows XPからは直接アップグレードする事はできず、新規インストールを行わなければならない。Windows XP からアップグレード インストールしたい場合は、一度 Windows Vistaにアップグレードしてから行う必要がある。また、Windows Vistaの時と同様、通常のコントロールパネルを用いた方法では旧バージョンへ戻す事(アンインストール)はできない。また、Windows XPより前のバージョン(Windows 2000等)からはセットアップ プログラムを起動させる事すらできない。どうしてもWindows 2000やWindows 98等から新規インストールを行わずに環境を引き継ぎたい場合は、最初に Windows XPにアップグレードして、さらに Windows Vistaにアップグレードして、それからWindows 7にアップグレードするという3つの手順を踏む必要がある。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows Live フォト ギャラリー

    Windows メールやWindows フォト ギャラリー、Windows ムービー メーカーが削除された。ユーザーは必要に応じてWindows Live Essentialsの各ソフトウェアを利用する方式となった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たマイクロソフトの欧州連合における競争法違反事件

    6月 - マイクロソフトは欧州向け Windows 7には Internet Explorer をバンドルしないことを公式発表した(欧州におけるバンドル問題はマイクロソフトの欧州連合における競争法違反事件を参照)。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たIntel SpeedStep テクノロジ

    この現象は、基本的には今まで検出していなかったハードウェアの問題を、OSの機能改善により検出するようになったことによる問題であり、電源ユニットやマザーボードの電圧管理機能の不安定さが原因とされている。SpeedStepやCool'n'Quietといった省電力技術を無効にする、メモリの電圧を上げる、電源ユニットを適切な容量のものに変更するといった方法で、マザーボード上の電圧を適正値に固定することで改善することが報告されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たVMware

    Windows XP Mode自体は VMware Workstation など、Windows Virtual PC以外の仮想化ソフトウェアで動作させることも可能で、ライセンス上も問題ないとの見解がマイクロソフトより示されている。上記のWindows Virtual PCの動作要件を満たさない場合、この方法が有効である。ただし、Windows Virtual PCに依存する機能は、この方法では動作しない。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たコマンドラインインタプリタ

    Windows 7からクライアント向けでは初めて標準で含まれた。Windows PowerShell 2.0はコマンドラインだけではなく、Integrated Scripting Environment (ISE) と呼ぶグラフィカルユーザインタフェース (GUI) を用いてのコマンドの実行、スクリプトの作成、編集、テスト、デバッグ、実行を行うことが可能になった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft Windows NT

    製品名の中の 7 は、Windows 1.0 / Windows 2.0 / Windows 3.x(および Windows NT 3.1)/ 4.x(Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows Me、およびWindows NT 4.0)/ 5.x (Windows 2000,Windows XP) / 6.0 (Windows Vista) に続く7番目のクライアント向けのメジャー リリースであることに由来している。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「Windows 7」のニューストピックワード