75件中 21 - 30件表示
  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たブルースクリーン

    製品版のWindows 7が稼動しているコンピューターが、ブルースクリーンとなり、イベントログにソースKernel-Power、イベントID41と記録される問題が頻繁に発生することが報告されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たソースコード

    なお、Windows 7とWindows Server 2008 R2は、同一のソースコードからビルドされている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たワードパッド

    リボン ユーザーインターフェースが含まれ、ペイントとワードパッドのメニューとして採用された。Windows Liveシリーズや、Microsoft Officeのメニューにも使われている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たAAC

    Media Foundationで標準で対応するフォーマットとして新たにH.264、AVI、AACなどが追加された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たOpenSearch

    OpenSearch 形式で記述されたosdxファイルの検索コネクタを登録することで、エクスプローラーで検索結果の一覧を得ることができる。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たインテル バーチャライゼーション・テクノロジー

    当初、Windows Virtual PC を使用するためには、CPUが Intel VTやAMD-Vなどの仮想化支援機能に対応している必要があったが、後にこの条件は撤廃された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows Mail

    Windows メールやWindows フォト ギャラリー、Windows ムービー メーカーが削除された。ユーザーは必要に応じてWindows Live Essentialsの各ソフトウェアを利用する方式となった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たグラフィカルユーザインタフェース

    Windows 7からクライアント向けでは初めて標準で含まれた。Windows PowerShell 2.0はコマンドラインだけではなく、Integrated Scripting Environment (ISE) と呼ぶグラフィカルユーザインタフェース (GUI) を用いてのコマンドの実行、スクリプトの作成、編集、テスト、デバッグ、実行を行うことが可能になった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows ムービーメーカー

    Windows メールやWindows フォト ギャラリー、Windows ムービー メーカーが削除された。ユーザーは必要に応じてWindows Live Essentialsの各ソフトウェアを利用する方式となった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たVirtual PC

    また、理論上はWindows 3.1などの最初期バージョンのWindowsからでもアップグレードを繰り返す事で最新バージョンであるWindows 7にする(環境を引き継ぐ)ことは可能(その際、Windows 3.1に含まれている初期バージョンのアプリケーションをWindows 7で動かす事も一応できる)。ただし、Windows 3.1から直接Windows 7にアップグレードする事は当然できない。一例としてWindows 3.1を最初に新規インストールし、そこからアップグレードを開始した場合、最短で4回アップグレードをすれば、Windows 7にする事ができる(例:Windows 3.1→Windows 98→Windows XP→Windows Vista→Windows 7)。ただし、途中でWindows 3.1やWindows 98などのシステムファイルを保存していたとしても、Windows Vistaにアップグレードした時点で旧バージョンへのアンインストールはできなくなる(インストールするハードディスクのパーティションがWindows Vistaにする過程で強制的にNTFSになる為。NTFSパーティションは基本的に旧バージョン(Windows 98等)をサポートしていない)。また、Windows 3.1がプリインストールされたパソコンにメモリやハードディスクの増設など、何の施しを加えずにWindows 7をインストールするのは物理的に不可能である為、この方法での環境の引き継ぎは、基本的にVirtual PC 等の仮想 PC 上での作業が前提となる。ちなみに余談だが、仮想PC上で最初期バージョンのWindows 1.0からWindows 7までのアップグレードを行った動画がYou Tubeなどで配信されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「Windows 7」のニューストピックワード