75件中 51 - 60件表示
  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たBitLocker

    パーティションが無いディスクドライブへWindows 7をインストールする場合、ボリューム内の構成が自動的に行われ、ブート パーティションとシステム パーティションが分離されるようになった。ボリュームの先頭に第1パーティションとして100MBが確保されブート パーティションに割り当てられる。以降は第2パーティションとして確保されシステム パーティションに割り当てられる。このパーティション分離はBitLockerを使用する際に必要な構成であるが、Windows Anytime Upgradeに対応するために、BitLocker を備えないエディションであってもこの分離構成が行われる。デフォルト状態ではブート パーティションへはドライブレターが割り当てられず、システム パーティション以降へCから順次割り当てられるため、一般的な利用者がブート パーティションを意識する機会は少ない。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows ReadyBoost

    SSDと認識したドライブでは Windows SuperFetch、自動デフラグ、Windows ReadyBoost は無効化される。Trim コマンドに対応し、効率よい IO 操作に対応した。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たリリース候補版

    4月30日 - MSDN/TechNetサブスクリプション登録者向けに製品候補版(ビルド 7100)を公開。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たDirect2D

    Direct3D 11が含まれた。GDIとGDI+に代わる高品質かつ高速に処理することができるAPIとしてDirect2DとDirectWriteが含まれた。GPUを汎用計算資源として利用するためのAPIとしてDirectComputeが含まれた。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たAudio Video Interleave

    Media Foundationで標準で対応するフォーマットとして新たにH.264、AVI、AACなどが追加された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たコードネーム

    初期の開発コードネームは「Blackcomb」であったが、のちに「Vienna」となり、さらに「Windows 7」に改められた。本来次期クライアント用 Windows の社内開発コードネームだったものが、そのまま製品版の名称として採用された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft Windows Server 2008 R2

    なお、Windows 7とWindows Server 2008 R2は、同一のソースコードからビルドされている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たCOMPUTEX

    6月3日 - 開発チームの公式ブログで発売日を発表。台湾で開催されたCOMPUTEXでも同様の発表が行われる。同時に Windows Vista 搭載PCからのアップグレード オプションとメーカー向けのRTM版の7月後半からの提供を発表。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たIPアドレス枯渇問題

    IPアドレス枯渇問題に対応するためIPv6を前提とする構成がデフォルトになっている。Windows XPでは、IPv6を有効化すると、IPv4での性能が低下することから、IPv6を有効化しないように勧告する意見があった。しかし、Windows 7に至っては、ホームグループなどでIPv6が有効であることを前提としていることから、逆にIPv6を常時有効にすることをマイクロソフトが推奨しており、IPv6を無効化した場合の動作については、保証できないとされている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たIPv4

    IPアドレス枯渇問題に対応するためIPv6を前提とする構成がデフォルトになっている。Windows XPでは、IPv6を有効化すると、IPv4での性能が低下することから、IPv6を有効化しないように勧告する意見があった。しかし、Windows 7に至っては、ホームグループなどでIPv6が有効であることを前提としていることから、逆にIPv6を常時有効にすることをマイクロソフトが推奨しており、IPv6を無効化した場合の動作については、保証できないとされている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示