75件中 61 - 70件表示
  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows 3.1

    また、理論上はWindows 3\.1などの最初期バージョンのWindowsからでもアップグレードを繰り返す事で最新バージョンであるWindows 7にする(環境を引き継ぐ)ことは可能(その際、Windows 3.1に含まれている初期バージョンのアプリケーションをWindows 7で動かす事も一応できる)。ただし、Windows 3.1から直接Windows 7にアップグレードする事は当然できない。一例としてWindows 3.1を最初に新規インストールし、そこからアップグレードを開始した場合、最短で4回アップグレードをすれば、Windows 7にする事ができる(例:Windows 3.1→Windows 98→Windows XP→Windows Vista→Windows 7)。ただし、途中でWindows 3.1やWindows 98などのシステムファイルを保存していたとしても、Windows Vistaにアップグレードした時点で旧バージョンへのアンインストールはできなくなる(インストールするハードディスクのパーティションがWindows Vistaにする過程で強制的にNTFSになる為。NTFSパーティションは基本的に旧バージョン(Windows 98等)をサポートしていない)。また、Windows 3.1がプリインストールされたパソコンにメモリやハードディスクの増設など、何の施しを加えずにWindows 7をインストールするのは物理的に不可能である為、この方法での環境の引き継ぎは、基本的にVirtual PC 等の仮想 PC 上での作業が前提となる。ちなみに余談だが、仮想PC上で最初期バージョンのWindows 1.0からWindows 7までのアップグレードを行った動画がYou Tubeなどで配信されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たOEM

    OEM 出荷向けでの違いとして、Windows Vistaでのダウングレード権は一般向けでは前の世代の Windows XPのみであったが、Windows 7では Windows Vistaと Windows XPへのダウングレードができる。Windows XPへのダウングレード権の有効期間は Windows 7発売から18カ月後あるいは Windows 7 SP1リリースのいずれか早い方までだったが、Windows 7 SP1 Beta版のリリースとともに延長され、OEM版 Windows 7の提供終了までとなった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たプリインストール

    また、理論上はWindows 3.1などの最初期バージョンのWindowsからでもアップグレードを繰り返す事で最新バージョンであるWindows 7にする(環境を引き継ぐ)ことは可能(その際、Windows 3.1に含まれている初期バージョンのアプリケーションをWindows 7で動かす事も一応できる)。ただし、Windows 3.1から直接Windows 7にアップグレードする事は当然できない。一例としてWindows 3.1を最初に新規インストールし、そこからアップグレードを開始した場合、最短で4回アップグレードをすれば、Windows 7にする事ができる(例:Windows 3.1→Windows 98→Windows XP→Windows Vista→Windows 7)。ただし、途中でWindows 3.1やWindows 98などのシステムファイルを保存していたとしても、Windows Vistaにアップグレードした時点で旧バージョンへのアンインストールはできなくなる(インストールするハードディスクのパーティションがWindows Vistaにする過程で強制的にNTFSになる為。NTFSパーティションは基本的に旧バージョン(Windows 98等)をサポートしていない)。また、Windows 3.1がプリインストールされたパソコンにメモリやハードディスクの増設など、何の施しを加えずにWindows 7をインストールするのは物理的に不可能である為、この方法での環境の引き継ぎは、基本的にVirtual PC 等の仮想 PC 上での作業が前提となる。ちなみに余談だが、仮想PC上で最初期バージョンのWindows 1.0からWindows 7までのアップグレードを行った動画がYou Tubeなどで配信されている。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たウェブブラウザ

    クラシック メニューは廃止された。また、既定のプログラムのウェブブラウザと電子メールクライアントの表示も廃止された。電源ボタンの操作が1つになり(デフォルトはシャットダウン)、その他のオプションはリストとして集約された。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たInternet Explorer

    Windows 95以来拡張され続けたタスク バーが整理された。実行中・未実行問わずアプリケーションは標準でアイコン表示となり、これをスーパーバーと呼ぶ。実行中のアプリケーションのサムネイル プレビューも統合された。スーパーバーに対応していれば、アイコン上で進捗状況を表すことも可能となった。これを活用している例として、Internet Explorerでのファイル ダウンロード状況の表示がある。このほか、アプリケーションでアクセスの多い項目のリストや、お気に入りの項目、アプリケーション操作のコマンドなどのリストを扱うジャンプ リストに対応し、ショートカット操作が可能になった。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft TechNet

    2010年6月24日には、一部のテスター向けにベータ版が配布され、7月12日にはTechNetにてベータ版がリリースされた。一部のテスター向けにpre-RC版を配布し、10月27日にはリリース候補版がリリースされた。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たMicrosoft Virtual PC

    これはWindows Virtual PC上で動作するライセンス認証済みのWindows XP Professional SP3の仮想マシン環境を提供するものである。Windows 7 Professional、Enterprise、Ultimateのみ無償でWindows XP Professional SP3のイメージが使用可能である。提供されるWindows XP Professional SP3のサポート期限はWindows XPに準ずる(2014年4月8日まで)。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows SuperFetch

    SSDと認識したドライブでは Windows SuperFetch、自動デフラグ、Windows ReadyBoost は無効化される。Trim コマンドに対応し、効率よい IO 操作に対応した。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たWindows 7のエディション

    パーティションが無いディスクドライブへWindows 7をインストールする場合、ボリューム内の構成が自動的に行われ、ブート パーティションとシステム パーティションが分離されるようになった。ボリュームの先頭に第1パーティションとして100MBが確保されブート パーティションに割り当てられる。以降は第2パーティションとして確保されシステム パーティションに割り当てられる。このパーティション分離はBitLockerを使用する際に必要な構成であるが、Windows Anytime Upgradeに対応するために、BitLocker を備えないエディションであってもこの分離構成が行われる。デフォルト状態ではブート パーティションへはドライブレターが割り当てられず、システム パーティション以降へCから順次割り当てられるため、一般的な利用者がブート パーティションを意識する機会は少ない。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 7

    Microsoft Windows 7から見たXML Paper Specification

    XPS ドキュメントを閲覧するもので、Windows Vistaでは別個で提供されていたが、Windows 7では標準で含まれた。Microsoft Windows 7 フレッシュアイペディアより)

75件中 61 - 70件表示

「Windows 7」のニューストピックワード