前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
641件中 1 - 10件表示
  • LOUDNESS

    LOUDNESSから見たX JAPANX JAPAN

    1992年1月、ボーカルに元E・Z・OのMASAKIこと山田雅樹、ベースに元XのTAIJIこと沢田泰司を迎えた。沢田は元々LOUDNESSの大ファンであり、X在籍時から高崎晃と親交があった。そのベースの腕はメンバーにも認められていた。そこで脱退する山下が自分に替わる新たなベーシストとして推薦したため加入することになった。なお、沢田はX在籍時はソニーレコードに所属していたため、1月31日に事務所と契約が切れる(X正式脱退)までサポートメンバーとしてアルバムのレコーディングに参加した。LOUDNESS フレッシュアイペディアより)

  • ヴィジュアル系

    ヴィジュアル系から見たX JAPANX JAPAN

    「ヴィジュアル系」という呼称はX JAPANの『BLUE BLOOD』のキャッチコピー「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」が起源だとされることが多い。星子誠一は、雑誌SHOXXを創刊する際に、HIDEの言葉を引用して「ヴィジュアル&ハードショック・マガジン」というサブタイトルをつけ始めたのが始まりだと主張している。また、ヴィジュアル系という言葉が定着する前は、お化粧系という言葉が使われていたとも証言している。ヴィジュアル系 フレッシュアイペディアより)

  • エクスタシーレコード

    エクスタシーレコードから見たX JAPANX JAPAN

    1985年、インディーズで活動していたX(現在のX JAPAN)はレコードのリリースを目指していたが、レコード会社からのオファーがなかったため、自らレコードをリリースすることになった。レコードを発売するための知識が全く無かったリーダーのYOSHIKIは、レコードのプレス工場、印刷工場、出版社、写植工房、レコード店などを直接訪ね歩き、レコード制作から販売ルートまでを一から学んでいった。レコードの制作費用や売り上げの管理、税金の申告には会社組織が効率的であるとして、休眠状態となっていたYOSHIKIの実家の呉服会社を業務変更して1986年4月に「エクスタシーレコード」が設立された。同時にXの「オルガスム」をリリース。インディーズを扱うレコード店に直接電話で掛け合い、店に置いてもらった。また、レコードの宣伝広告に関しても、雑誌社や版下屋を直接訪ね歩いて掲載に漕ぎ着けた。エクスタシーレコード フレッシュアイペディアより)

  • デスラッシュバウンド

    デスラッシュバウンドから見たX JAPANX JAPAN

    AIONは一度解散し、1985年にAION、JAIL BAIT、KAISERのメンバーを元に新たなバンドMEINKAMPF(マインカンプ)を結成。このMEINKAMPFには、“-DEATHRASH METAL- MEINKAMPF”という冠名が付けられた。MEINKAMPFはエックス(現X JAPAN)と時を同じく、派手なメイクと逆毛立てた過激な髪型、ひたすら高速で過激なメタルサウンドというスタイルで1年活動。EP「SPEEDER!!/WARNING FOR YOU」をリリースするも、1986年5月17日の岸和田文化センターを最後にIZUMIとDEANが脱退し、突如解散。IZUMI作曲の「SPEEDER!!」は、その後のAIONでもGRANDEUR(グランジャー)という曲名で演奏された。デスラッシュバウンド フレッシュアイペディアより)

  • YOSHIKI CLASSICAL

    YOSHIKI CLASSICALから見たX JAPANX JAPAN

    1993年発表のアルバム『Eternal Melody』と2005年発表のアルバム『ETERNAL MELODY II』の収録曲に加え、2013年1月にリリースされたゴールデングローブ賞の公式テーマ・ソング「ゴールデングローブのテーマ」と、X JAPANのワールド・ツアーのオープニングとして2010年から使用されている新曲「Miracle」を初収録した。YOSHIKI CLASSICAL フレッシュアイペディアより)

  • We Are X

    We Are Xから見たX JAPANX JAPAN

    『We Are X』(ウィーアーエックス)は、2016年にイギリスで製作されたドキュメンタリー映画 。日本のハードロックバンドであるX JAPAN及びそのドラマー、ピアニスト、そしてリーダーのYOSHIKIに関するドキュメンタリーとなっている。 監督はスティーブン・キジャック。2016年1月23日のサンダンス映画祭にて初公開された。2017年12月13日に、Blu-rayとDVDで発売された。We Are X フレッシュアイペディアより)

  • ジャパニーズ・メタル

    ジャパニーズ・メタルから見たX JAPANX JAPAN

    この当時、インディーズシーンの牽引役となった主なヘヴィメタルバンドとしては、REACTION、MEPHISTOPHELES、DEAD END、D'ERLANGER、X、CASBAH、HELLEN、DEMENTIA、JURASSIC JADE、JEWEL、MURBAS、UNITED、URGH POLICE、TILT、SNIPER、OUTRAGE、PRESENCE、MEIN KAMPF、SAVER TIGER(横須賀)等が「ロッキンf」誌で挙げられている。ジャパニーズ・メタル フレッシュアイペディアより)

  • SUGIZO

    SUGIZOから見たX JAPANX JAPAN

    SUGIZO(スギゾー、1969年7月8日 - )は、日本のロックミュージシャン、音楽プロデューサー。LUNA SEA、X JAPAN及びViolet UKのギタリスト・ヴァイオリニスト。愛称は「スギちゃん」、「スギ様」。SUGIZO フレッシュアイペディアより)

  • 星子誠一

    星子誠一から見たX JAPANX JAPAN

    1990年2月、X JAPANに出会う。武道館ライブに衝撃を受けて、HIDE/TAIJI(X JAPAN) vs ニッキー・シックス/トミー・リー(Mötley Crüe)の対談取材を「Viva Rock」誌で実現。同年10月に邦楽ロック誌「SHOXX」を創刊し、編集長に就任。この間、hide、X JAPAN、LUNA SEA、L'Arc〜en〜Ciel、Gackt等の写真集を出版する。星子誠一 フレッシュアイペディアより)

  • We ROCK/ロッキンf

    We ROCK/ロッキンfから見たX JAPANX JAPAN

    この頃になると日本のアーティストが海外アーティストと対談する企画が頻繁に行われるようになった。同時にインディーズのバンドも扱い、この雑誌で有名になったバンドも多数おり、無名だった頃のX JAPANのYOSHIKIがメンバー募集のコーナーに送っていた。We ROCK/ロッキンf フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
641件中 1 - 10件表示

「X JAPAN」のニューストピックワード